fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/03/05 (Fri) 13:58
恐怖のトイレ



やっとお絵かきをスキャンできました。

実はぐーママことpharyのPCではまだ新しいスキャナーを使えないのです。

でも、だんな君のPCでは使えるので
だんな君が会社に行っている隙にコッソリPCを開けちゃいました。

仕事のデーターがいっぱい入っているから触っちゃだめって言われているんですけどね。

スキャンしたお絵かきをメールで自分宛に送って
後は消去。

フフフフ、証拠は隠滅したわ。



というわけで、またまたおトイレの蓋についての記事です。

我ながらしつこいというか、好きというか、、、(←だってせっかくのお絵かきを無駄にしたくないんだもの)


おトイレの蓋を閉めるか閉めないかの投票のコメントの中に

「我が家のトイレは勝手に閉まります」

というものがありました。

日本のおトイレは進化し続け、
いまや、おPり洗い+ドライヤーだけでなく
蓋に触らないでも
自動開閉してくれ便利なものもあるんですね。

5年ぐらい前に帰国したとき
大学時代の友達といった和食のお店で
初めてそういうおトイレに出くわしたときは

びっくりしたなんてもんじゃありませんでした。

おトイレのドアを開けたとたんにスッと開くんですもの。
思わず「ぅわっ 」って声出しちゃったじゃないのよ。


しかも自動で開いたのなら閉まるのも自動だろうなと予想がついたのにもかかわらず

用を足してジャーーってした後
いつもの習慣で無意識にムリッて閉めちゃって

も、、、もしかして壊しちゃったかも?

と焦りまくり、
一度トイレを出た後もう一度ドアを開け、
蓋がちゃんと開くかどうかを確認しちゃった田舎者丸出しのぐーママです。

だからそういうおトイレの存在は知っていたのよ。


実は去年の帰国のときに泊めてもらった友達の家もそんなおトイレだったのね。

そこのおトイレっていうのがゆき珠家のトイレみたいに
なんだかやけに細長くてドアからトイレまで結構な距離がある上に

電気がちょっと暗めだったの。


だから

夜にその家に着いてはじめておトイレのドアを開けたときは

怖いトイレ
ひぃっっっ(←実際に声が出た)

心臓が止まるかと思いました。ドキドキ。


いやいやそれだけでなく
そのオタクにいるあいだ何回かおトイレに行ったのだけれど

入るたんびに

怖いトイレ

ひぃっっっ

と、驚きを新たにしたのでした。(←トイレのドアを開けるたびに「ぅわっ!」と声を出してた)

ママリンッたら学習能力限りなくゼロ。
学習能力ゼロ
おさしんは2月のものです。今はもう雪はありません。

ひとりでに開くと頭で分かってはいるんですが、
薄暗いところでスゥッと開かれると

やっぱりちょっと薄気味悪かったのよ。



すっごく心臓に悪いトイレだと思いました。



Mちゃーん、オタクのトイレのことよ~。
次の帰国のときまでせめて電気をもう少し明るくして~。


みなさーん、せめて一回ここをタルッとクリックして~。→ 



関連記事

テーマ : 生活の中で - ジャンル : ライフ

<< ウサギ犬 | ホーム | 男脳を呪う >>

コメント

ありゃ~

ダンナ君のPCを触っちゃいけませんよ~。
見てはいけないものがあるかもしれません~。
ちなみに私のPCもそうです。(笑)




こそっと、旦那様のPCをいじるグーママサンったら、可愛いわ。
そうそう、トイレの進化はすごいですよね。脂肪がはかれるトイレも出来たそうですよ。何だか余計なお世話、、ねえ。。。トイレくらいリラックスしたいですもん。でもウォッシュレットも水の調整をしないと、刺激が強すぎることもあって中々デリケートですよね。あれって。


日本の洋風便器の進化ってすごいですよね。
以前住宅設備機器のメーカーに勤めていて、新しいシリーズや機能を発売する前の商品研修なんかではユーザーの希望というか市場調査結果なんかも勉強するんですけど、日本人のトイレに対する情熱といか重要視する度合いの大きさを強く感じてました。
便座と便器の接続部分の掃除をしやすいように便座が簡単に電動で持ち上がるとか、音楽が流れるとか、立つと勝手に流れるとか、夜電気をつけずに用が足せるように便器の水たまり面がうっすら光るとか・・・。
上のお絵かきにあったお友達の家の便器の水溜り面がうっすら光ってたりしたら、それこそ怖さ倍増だったでしょね。


フランクフルトのどっかのトイレが用を足して流すと蓋が自動的に閉まろうとするんですよ。ドイツにしては珍しいでしょ?
酔ってのんびりしてると、蓋が背中に押し寄せてきて、あれはダメ! どこだったんだろう?

うちのトイレは長くても電気は割りと明るいですよ。


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
見てはいけないものがあったって、私には何の興味もないのでその点は問題はないのですよ~~。

*ワクワクドキドキさん*
<脂肪がはかれるトイレ>
ウワ、私的には座りたくないなぁ。
そんなの一般家庭で使う人いるのかしら?
よっぽど健康オタクの人しか買わないんじゃないの?


*もろあいさん*
<日本人のトイレに対する情熱といか重要視する度合いの大きさ>
これ、世界でも類を見ないんじゃないでしょうか?
でもおかげで今の日本ではどこででも気持ちよく用が足せますよね。
光るトイレってやっぱりちょっと怖いです。だってしたから光が来るんでしょ。うっかりトイレに鏡でも置こうもんなら自分の顔に驚愕して心臓麻痺起こしちゃう人が続出しそう。

*ゆき珠さん*
<酔ってのんびりしてると、蓋が背中に押し寄せてきて、あれはダメ!>
ってことは体験済みですか?
人が据わっていようといまいと一定時間が過ぎるとしまっちゃうの?じゃ、長っPりの私とおにいちゃんは使えないわ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP