FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/07/30 (Fri) 22:16
桃物語 




果物のおいしい季節になりましたね。

ぐーママことpharyは先週お友達と一緒に恒例のブルーベリー摘みに行ってきましたよ。
(今年は記事を書かなかったのです。様子を知りたい方はこちらをクリック→2006年2007年2009年

サクランボ去年同様一生懸命食べています。


でもなんといってもぐーママはが好きです。
桃物語1
一番好きなのは日本の白桃ですが、
おドイツで一般的な黄桃も大好きです。


桜もちさんが桃の種をお植えになったという記事をアップしてらしたのはかなり前のことです。
もう芽は出たでしょうか?

その記事を読んで、いつか書こう書こうと思っていたぐー家の桃の話です。



何年か前に黄桃を食べた後に
気まぐれに庭に蒔いたその種が

翌年の春に芽を出したことがあるんです。
桃物語2
うっほーぃ!

これが大きくなったら
春にはきれいな桃の花が楽しめ、

その後はおいしい桃が食べられるぅぅぅ(←こっちが本命・花より団子桃)

桃物語3
ダイヨロコビのぐーママ、
大事に大事に育てたんです。

といってもときどき水をやった程度だけど

そういうのってほったらかしにしたのも同然って言うんじゃ、、、?
それってほったらかしにしたっていうんじゃ、、、?
気持ちの上では大事にしてたんだからいいのよっ!


世話をせずとも木は育つ大事に育てた甲斐があって

2年ぐらいで一つ花をつけ、
桃物語4

その翌年には沢山の花が咲き、
桃物語5

そのうちの一つに遂に実がなりました。
桃物語6
やたっ!

実は日に日に大きくなり
桃物語7

おいしそうな色になり
桃物語8
ウフフ、いつ食べようかな?

もう少し大きくなって

しっかり熟れるまで待ってようっと。
桃物語9
毎日毎日庭に出ておいしそうに色づく桃を見ては
ワクワクで、幸せな気持ちになるのでした。


何日も辛抱強く待って

さぁ、いよいよ今日はぐー家の桃記念日だわ!

もちろん第一号の桃を食べるのはぐーママよっ!

と、手を伸ばし
桃物語10
ムズッとつかんでもいだその瞬間、、、、、







桃物語11





続きは次回。


すみませんねぇ。
総天然色の絵を描くだけで疲れてしまったんだもの。(←桃にしか色は付いていないケド)

だけど
タルッとクリックお願いします。→ 


関連記事

テーマ : ガーデニング - ジャンル : ライフ

<< 桃物語 後半 | ホーム | おねしょ >>

コメント

桃栗三年って、本当なんですね!
私も桃が一番好きなんです。
私もやってみようかな。
我が家に白桃があと5つ・・・
お話の続きは・・・何となく想像つきます。(笑)


随分前に、お友達がお父様のお仕事の関係で南の島に引っ越したときの話をしてくれました。
お庭にバナナの木があったんですって。
で、バナナが熟れるまでずーっと待っていたら、ある日腐って木から落ちたそうです。
その島では、バナナは熟れる前にもいで、袋の中で黄色くするんですって。
Pharyさんのお話で、ふとこの話を思い出しました。
「人生の中で、一番残念だと思ったこと」とかを話していたときだったと思います。
続きが楽しみです。


あのぉ…うちの栗、長男の彼女が泊まりに来ている部屋にあって『植木に水だけはあげてよ!』と言ったのに、葉っぱが青々としているから大丈夫だと思っていた長男に無視され…即身仏になってました(涙)
phary家に養子に出しておけばよかった…

なんとなく、わかっちゃった~!


お久し振りです。桃の種を植えて実を成らせるとは,さすがタルママ!早く“落ち”が知りたいです(*^_^*)


あははー

引っ張るのね~。(笑)
タルちゃん元気になった~?



コメントありがとうございます。

*Junjunさん*
<桃栗三年って、本当なんですね! >
あっ、そういえば本当に3年でした。すごい!(←今頃、しかも人に言われて気が付いた人)
実は尾ドイツでも最近たまぁに日本風の白桃が売られていることがあります。日本の桃はおいしいから植えてみたい気持ちと、おいしいからこそ虫にやられる感がせめぎあってしまう私です。
ぐー家の桃物語、結末は予想通りでしたか?

*みきさん*
<バナナは熟れる前にもいで、袋の中で黄色くする>
私もその話はどこかで聞いてことがあります。日本とかドイツとか遠距離輸送するときは到着して2~3日で食べごろになるような時期に収穫するとか何とか。あ、でも自分ちに木があったら普通熟すまで待っちゃいますよね。
あの「明日は食べられるかな?もう少し待とうかな?」ってワクワクしていたのは本当に期待に満ちた幸せなときでしたよ。

*ゆき珠さん*
次回栗の発芽に成功したら受け取り参ります!でもって養育費として収穫の70%はうちのものってとこでどうでしょう?

*himeさん*
夏休みでゆっくりしてますか?
桃もと同じくらい柿が好きなので私としてはオタクの柿の木がうらやましいです。こちらでも柿は買えますが、みんなタネなしなので増やしようがないのです。

*tamakitiさん*
おかげさまでタルはあっという間に元気になりました。
引っ張るっていうか、絵を描くの疲れちゃったんです。やっぱり手描きだし、下手だし、色なんか塗っちゃったものですから時間ばっかりかかって。絵日記とかイラスト日記で毎日更新している人は神業としか思えません。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP