CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2009/11/15 (Sun) 16:41
ナメちゃんの効能 上




今回の記事は私が伯母から聞いた話です。
すべての人に効果があるかどうかは分かりません。
実際に試してみようという方は自己責任の下にお願いします。



この記事を書いたときに→今年初めての出会い

意地悪 毒舌 鋭い突っ込みのバートさん

この日にたまたま点検したから「見つかった」のかも知れませんよ?点検してなかった日は気付かなかっただけで、実際は、、、


なんてドキッとするようなコメントを入れてくれたのですが、

皆さん知っていました?
ナメちゃんって、お薬になるって。


私の伯母は心臓が悪い上に長年喘息で苦しんでいました。

ナメのみ1
この伯母のすぐ上の姉と、弟(=ぐーママことpharyの父)も喘息で亡くなっています。

だから、きっと発作が起こるたびに命の危険を感じていたのでしょうね。

ナメのみ2
あまり苦しいので藁にもすがる思いで

喘息を治すにはナメクジを飲むと良い

というウゲゲーな民間療法も試してみようという気になったそうです。

ちょっと皆さん、ナメですよ、ナメ。

おドイツのほどデカクはないといっても
何しろナメです。
(ドイツのナメってこんなにでかいです。気持ちが悪いの苦手な方は見ないでね。→ドイツのナメクジ


用意したのは
コップに入れたきれいな水と割り箸。
ナメのみ3
それに5匹の元気なナメクジ。

いざっ!
ナメのみ4

このままパクッと食べる、、、、のか?





続きます。



タルッとクリックお願いします。→ 

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< ナメちゃんの効能 下 | ホーム | 怪しい隣人 >>

コメント

わははは、意地悪&毒舌のバートです。
いやはや相変わらず、ろくな登場の仕方しませんね(笑

ここで続くのは辛いですね。気になるじゃないですか?
まさかナメクジの踊り食い???
って言うか、ナメクジと喘息は初耳ですね。民間療法?
でもナメクジ……、うん、無理(涙

それにしても、これ予約投稿ですよね?
一体どれだけ記事のストックがあるのでしょう???


か・・

かんべんしてください~っ!(笑)


pharyさん こんにちは。
怖いもの見たさでナメ見ちゃいましたぁ・・。
いや~、余りの大きさにドッキリしました@@;
このナメがお薬に?

これって予約投稿なの?
ってことは、今日本にいらっしゃるんですね。


イギリスの民間療法にもありました。
ナメクジ(というかカタツムリ)水。
なんに効くのか知らないけれど、ハーブとかと混ぜて、蒸留します。
多分Snail Waterでグーグルすると出てくると思います。
でも18世紀とかのオハナシで、今は使っていないと思います。


喘息って、本当に苦しいって事だけは知っているけど、
ナメクジの踊り食いまでしなきゃならないって…v-406
生きるって大変…。

あのぉ~パクっとしたあと、噛むの?飲み込みの?


いやはや・・・

pharyさん、こんにちは。
久し振りの日本を満喫されてますか?

次の記事も読みましたが、ちぃっと厳しい話しですね^^;
やっぱりゲテモノに入るのかな・・・?
普段食卓に並ぶようなものじゃありませんものね。

僕は長野あたりの旅館やペンションで出てくる
「蜂の子」も食べられないので、例え喘息になっても、
果たしてなめくじを飲めるかなぁ。

オーストラリアの原住民のアボリジニが、かぶと虫の幼虫を食べるようだけど、
まさに所変われば品変わる・・・ですね。

上司と北京に行った時に、代理店の人が中国の伝統料理の店に連れて行ってくれました。
出てきた料理の中にいなごの唐揚げのようなものが出て来たのですが、
唖然とする中国人の若て社員を横に上司が「懐かしいなぁ」と
ぱくついていたのが面白かったですよ^^


コメントありがとうございます。

*バートさん*
アハ、ごめんなさいね、つい根が正直なもんだから、、、、。(←あやまってないし)
記事のストックはぜんぜんありません。
お絵描きのストックがけっこうあったので、絵だけ出発前にファイルしていったのです。

*tamakitiさん*
だめーっ、かんべんしませーん。

*チーちゃんさん*
ドイツのナメは大きすぎてお薬にはちょっと、、、、?
日本のナメは小さくて色もうんP色じゃないしかわいいですよね。(←なわけない、ナメはナメだし)
そうです、今日本です。塩釜に行きたいのですが、前半風邪気味で遠出ができず、後半はいろいろ予定が入っちゃって、もしかして塩釜行きは無理かも、、です。

*みきさん*
まぁ、イギリスの民間療法にもナメ(カタツムリ)が使われていましたか。ということは古今東西にその手のものがあったってことですね。
こりゃ信憑性が出てきました。って、実際おばは治ったんですけどね。

*ゆき珠さん*
<パクっとしたあと、噛むの?飲み込みの?>
うふふ、もう後記事お読みですよね。そういうわけです。

*NOMOさん*
楽しむために食べるわけではないからコレはゲテモノ食いにはならないでしょうね。
でも、エスカルゴだってカタツムリと思うからちょっとウェッてなりますけど、考えてみればツブ貝とかサザエのつぼ焼きのようなものですから、ナメだってなまこみたいなものだと思えば、、、、やっぱり無理ですか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP