CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2009/11/05 (Thu) 11:38
満開




あの時あわてて家の中に避難させたエンジェルちゃんのその後ですが、


黄色いほうが一個だけ咲いたとき
実はだんな君ったら

こんなのひょろっとしてカッコが悪いから切っって地下にしまっちゃえば?

なんて言ったのよ。

でも、必死に咲いているのに切っちゃうなんてかわいそうでできなかったの。

そうしたらね、そのあと葉っぱが全部落ちて丸裸になりながらも
さらに3個の花を咲かせてくれたのよ。、

黄色いエンジェルちゃん2009
このおさしんは2個目と3個目の花です。
今、さらに3個の大きなつぼみをつけています。

そうよ、がんばってきれいに咲いて、
薄情なだんな君を見返してやんなさい!


さて、白い大きなほうのエンジェルちゃんですが、
あれから毎日鉢の下に緑のじゅうたんができるくらい
葉っぱやつぼみがボトボトと落ちていき、


ボトボト
うゎ、今日もこんなに葉っぱが、、、ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

ボトボト
ウゥ、、ツボミみんな落ちちゃうんじゃないかしら?ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü―Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

ボトボト
、、、、もうだめかも、、、、kao06

と毎日ハラハラしていたのですが、、、




見てくださーーーーーいっ!‚
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
満開のエンジェルちゃん2009
エンジェルちゃん、がんばりましたぁっ‚«‚á[I

夏に咲いたときと違って葉っぱがなくて
白ばっかりってのがちょっと変な感じなのですが、
でも、元気に咲いてくれてオカーさんはうれしいよ。Šð‚µ‹ƒ‚«

えらいねぇ、エンジェルちゃん。
えらいねぇ、エンジェルちゃん
タルちゃんも見習ってね。

欲を言えばもっと早めに咲いてくれるといいのですが、
本来夏の花なんですからね。



おまけ

我が家の優等生ハイビスカスちゃんです。
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
満開のハイビスカス2009
こちらもおーみーごーとー!(←ご存知?欽ドンのこのギャグ?←知らない人はお父さんかお母さんに聞いてね)

夏からずっとこの調子で咲き続けているんですよ。

しかし、ハイビスちゃん、いつまで咲くつもりなのかしら?
まだまだつぼみはドンドンできてきているんですが、、、、、?

例年だとそろそろ葉っぱが一度落ちる頃なんですけどねぇ。


というわけで、現在我が家のリビングは花のにほひでムンムンしています。


ムンムンクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : ガーデニング - ジャンル : ライフ

<< バスローブ | ホーム | レストラン情報はこの方達に聞いて! >>

コメント

す、素晴らしい。しっかり冬のドイツでお花が満開。和みます。プランツキラーの私にはとても無理。こちらのお写真で満足させていただきます。
それにしてもフランクフルトずっと天気悪いのですが、そちらは少しましなのかしら。


コメントありがとうございます。

*Rottenmeierさん*
この記事を書いたときは良いお天気が続いていましたよ。だからリビングの中にお日様の光がサンサンと注いで一時寒さでやられた花も元気になったのでしょう。
でも正直言ってうちのリビングはそれほど広くないので、咲くならやっぱり外にあるうちに咲いて欲しいです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP