fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2009/06/08 (Mon) 07:05
ニャンニャン大行進・エジプト編



ナイルクルーズのお話番外編パート2です。
これまでのお話は→こちら
このカテゴリーはアフリカ・エジプトじゃないかと誰かに文句言われそうです。
ヨーロッパカテからいらした方、期待を裏切ってすみません。



エジプトには野良ニャンニャンもいます。
(エジプトの野良ワンワンはこちら→ワンワン大行進・エジプト編

ニャンニャンは自由に外を歩くので、
本当に野良ちゃんなのか家付きニャンニャンなのかの区別がつかないんですが、
ご覧ください。


アスワンの植物園のある島・キッチーナ島には
こんなにたくさんのニャンニャンがいました。
キッチーナ島のにゃんこ 1
野良ちゃん?
それとも島の管理人さんが飼っているのかな?

いずれにしても毛並みがよいところを見ると
ゴハンはちゃんと食べているみたいです。

ポーズをとってくれました。
キッチーナ島のにゃんこ 5
欲を言えばカメラ目線がほしかったところ。

抱っこしたかったんだけど、近づくと逃げちゃうんです。
キッチーナ島のにゃんこ 4
ということはやっぱり野良ちゃん?

この子は
キッチーナ島のにゃんこ 2
tamakitiさんとこのナナちゃんに似た美人さんでした。

そしてこの子は
キッチーナ島のにゃんこ 3
なかなか正面を撮らせてくれなかったんですけど、
しつこく粘ってついに成功。

ほらっ!
キッチーナ島のにゃんこ 6
お目目の色が左右違って素敵でした。


こちらはルクソールのバザールにいた子です。
バザールのにゃんこ
残飯をあさっていたから野良ちゃんかもしれません。
お食事中にびっくりさせてごめんねぇ。


クルーズ船が停泊していた岸壁にいた子です。
岸壁のにゃんこ 1
お目目が大きくてスリムな子でした。

サービスにセクスィーポーズとってくれました。
岸壁のにゃんこ 2
ぐーママことpharyが見た限りでは
エジプトにはおデPなにゃんこはいませんでした。

暑いからか毛の長い子もいなかったし。


わんこと違って常に人間の住んでいるところに一緒にいるからでしょうか、
エジプトではファラオの時代からにゃんこは大事にされてたみたいですね。
にゃんこのミイラもあるくらいです。


ワンワン好きなあなたも、ニャンニャン好きなあなたも
タルッとクリックお願いします。→ 
関連記事

テーマ : にゃんこがいっぱい、いるよ~~♪ - ジャンル : ペット

<< 留守の間に、、、 | ホーム | 行き先は? >>

コメント

左と右と目の色が違うなんて不思議ですね。でも本人は知らないんでしょうね(当たり前ですね、っふ)。
エジプトの野良達は幸せですね.人間がテロとか騒いでいるっていうのに、、。
ところで、旦那様とどちらにランデブーでしょうか.気になって仕方ありません。


はじめまして!

「ドイツ わんこ連れ」で検索がひっかかり遊びに来ました。

私は、タル君とそっくりなヨーキーと一緒にドイツに駐在しています。
今、悩んでいるのは夏の旅行でわんこをどうしたらいいか・・・デス。
タル君と全く一緒でわんこが苦手な子なんです。
日本で1度だけ2泊3日でペットホテルを利用したのですが、食べないしおしっこしないし・・という様子だったようで、それ以来ペットホテルは利用していません。
HUNDE HOTELなどで検索していくつか見てみたんですが、大きくて怖そうなわんこちゃんの写真が出てきたり、ましてやドイツで・・・なんてやっぱり無理かなー。って思ってしまいました。
夏の間は混雑するからそもそも予約も取れない。と聞きましたし・・・
過去記事を読ませていただきましたが、タル君はお知り合いの方に預けられたんですよね?
本当に悩みどころです。。連れていける旅行先を選択すべきかも迷っていて、旅行の計画がいっこうに進みません(苦笑)

とりとめのないコメントですみません!
また遊びに来ますね~!

追伸:私は毎日一緒に寝ているのですが、ぐーママさんのところと、まったく同じですよ!私の曲線にフィットして寝るのですが、途中暑くなるようで下へ移動します。朝方、ひと肌が恋しくなりまた密着・・みたいな(笑)タル君ときっと性格が似ているんでしょうね。


にゃははー

ニャンコの天国なのかもね~。
下の方のニャンコはエキゾチックで
日本の猫とはちょっと違う感じですね~。
でも、どこの猫もだいたい一緒だにゃ~♪




野良ワンワンに野良ニャンニャンですか。
あ、飼われてるかも知れないんでしたね?
そう言えば、ブカレストにもたくさん野良犬がいましたよ。
ただあちらは野良ワンワンじゃないです。野良犬です。
だって怖いもの。

第2のバートて。そんな恐れ多い。。。
僕が第2のpharyを名乗らせてもらいますよ~。
でも、もうちょっと良い事で引用されたいですね。
日頃の行いのせいですが・・・・・・(涙


ヨーロッパカラーからのお知らせ

突然の投稿失礼致します。

当方はヨーロッパカラー[ http://www.europe-color.net/ ]
というヨーロッパ在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.europe-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。


コメントありがとうございます。

*ワクワクドキドキさん*
このニャンは本当に素敵でした。人間に媚びないところが気位が高いというかクールというか、カメラ目線を捕らえるまで10分以上もがんばったんです。
<旦那様とどちらにランデブー>
そんなに期待しないでください。恥ずかしくって書けなくなっちゃうじゃないですか。聞いたら絶対「エーッ?」って思うと思いますよ。だって私の友人たちがそうだったから。

*りなさん*
こんにちは。
御訪問+書き込みありがとうございます。
早速りなさんのブログも訪問させていただきました。ロミオ君、確かにタル似ですね。でもさすが純粋ヨーキーちゃん、毛ぶきが立派!
お近くに日本人の獣医さんがいるってとこ、うらやましかったです。
夏の旅行に間に合うようにわんこシッターさんが見つかるといいですね。近かったらうちが預かれるのに。
私はキーボードが遅くてなかなかコメントを残せないんですが(←つまりよみ逃げ得意ということ)、これからよろしくお願いします。

*tamakitiさん*
このキッチーナ島はきれいな花もたくさん咲いていて(←そういえば肝心の花のおさしんぜんぜんありませんね。)本当ににゃんこの天国のようでした。
<下の方のニャンコはエキゾチック>
私も最後の子はいかにもエジプトっぽい雰囲気だと思いました。なんか、ファラオの隣に座っていそうなイメージです。

*バートさん*
エジプトのワンワンはみんなおとなしかったですよ。 暖かくて生活しやすいから喧々しないのかもしれませんね。
王子がお生まれになってからバートさんの記事、アクトゥエルになりましたね。(←何ヶ月も前の旅行のことを書いていたあの姿はいずこに?)でも、単なる親ばか記事とは一味ちがうところがさすがバートさん。

*ヨーロッパカラーさん*
ありがとうございます。検討します。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP