FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/12/10 (Wed) 10:59
ゲージュツは寒い、、、かも?

あちこちの正統ブロガーさんたちが
クリスマスマーケットの様子をレポートしておられます。
(→はっちさんとかみどりさんとかガーネットさんとか)


正統とはいえない
オチャラケブロガーのぐーママことpharyではありますが、

皆さんの尻馬に乗ってマネリンをして
今回はバカモノ若者とゲージュツ家の町、
ミュンヘンはSchwabingの
Kuenstlerwaihnachtsmarkt(キュンストラーヴァイーナハツマルクト=芸術家のクリスマスマーケット)の様子をレポートしたいと思います。


といってもこれらのおさしん、
実は2年前のものです。

趣味の会の帰り道にこのおさしんをとった後
MyPCの調子が悪くなってしまい、

アップしないまま、
でもとっても捨てがたいおさしんだったので
消去せずにいたのです。

今回、やっと陽の目を見ます。
ちょっと枚数が多いんですけど
しっかり最後まで見てやってくださいね。



「ゲージュツ家の、、、」と名を打つとおり
Künstler Weihnachtsmarkt 1
お飾りもちょっと普通のクリスマスっていうより

どこかの幼稚園の天井あたりに下がっているような代物。
Künstler Weihnachtsmarkt 2
うぅーん、ゲージュツ的だなぁ。(←棒読み)

でもお約束の立ち食い屋台とかはしっかりあります。
Künstler Weihnachtsmarkt 3
しかし、
寒空の中、立ったまま物を食べるというまねは
ぐーママ的にはちょっとご遠慮したい。(←アラフィーなので辛いの)

おなじみのグリューワイン。(=ホットワイン)
Künstler Weihnachtsmarkt 4
え、熱々のジャガイモが3ユーロ?
ちょっと高すぎませんか?

ALPIで生のジャガイモが1キロ1ユーロぐらいですよ。
こういうのボッタクリっていうんじゃ、、、、?

いやいや余計なことを言うのはやめましょう。


音楽関係のゲージュツ家の方もいらっしゃいます。
Künstler Weihnachtsmarkt 5

クリスマス用のモミの枝とかヒイラギの枝。
Künstler Weihnachtsmarkt 6
まじめな方はこういうのを使って
Künstler Weihnachtsmarkt 7
ご自分でクリスマスリースなどを作るんでしょうね。
Künstler Weihnachtsmarkt 9
ケチな節約家のぐーママは庭のEibeの貧相な枝を切って作ります。(←あ、今年はまだ作ってない!もう第二アドヴェントも終わっちゃったっていうのに。←さすがにまずいわ。)

ミニクリスマスツリー。本物のモミの木です。
Künstler Weihnachtsmarkt 8
かわいいんだけど、

こんなちっこいのにこの値段?

ってびっくりした覚えが、、、、。


ミニりんごのリース。
Künstler Weihnachtsmarkt 10
これは思わず買ってしまいそうになるくらいかわいかった。
でも買わなかったけど。(←ケチ節約)


ゲージュツ家のクリスマスマーケットなので、

こういう作品も展示されていました。
Künstler Weihnachtsmarkt 11

これなんかなかなか素敵。
Künstler Weihnachtsmarkt 12
と思いながら見て歩いていたら、、。


ナニアレ?













Künstler Weihnachtsmarkt 13
、、、、、、、、、、、、、、



もっと近くにいってよく見てみませう。






Künstler Weihnachtsmarkt 14
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



ゲージュツ?






後ろ、、、後ろ見なくちゃ、、、、、






と、期待に胸を膨らませながら
回り込んでみれば、、、









タタタタタ、、、










ワクワク、、、、


































これーーーーーーっ!
Künstler Weihnachtsmarkt 15
イヤー、期待を裏切りませんねー。


ボク的にはなんかガックシ。
ガクッ!
タルルンにはゲージュツの心が分からないのね。

ゲージュツって、、、、いつも見ているママリンのおPりそのものじゃないの。
なぜイタリア語?
しっ、失礼ねっ!
ここまでデカくないわよっ!(←でも親近感を持ったことは確か。)



もうね、これ、このおさしんをいつかアップしたかったのよー。

こーいうの大好きなんだもの。(←変Pおばさん。←いえ、ゲージュツですから、ゲージュツ)


こういうのお好きでしょ、皆さんも。(←いや、Pだかじゃなくてこのユーモアセンスのことよ。←Pだかが好きな人もいると思、、、、)
タルッとクリックお願いします。→ 
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< ホネ | ホーム | 役立たずスカイP   >>

コメント

わははは!いいですね、最後のお尻の写真!!
さすがpharyさん、期待を裏切りません!(お尻はpharyさんのせいじゃないけど)
僕が旅行以外で載せる写真とテーマが似ててなんだか(笑

ところで、僕はpharyさん的に正統派ブロガーなんでしょうか?
それともpharyさん側???(笑


ぎゃはははーーーっ!

この芸術は常設じゃないのかな?
ドイツでこのギャグって珍しくないですか~?


ハハハ、いいですね、そのゲージュツ!!
私もそういう遊び心があるの好きです。


ドイツ人ってユーモアがないって、これを見たら言えませんね。
大うけです。
イギリスのクリスマスマーケットは「ドイツ風」とよく書いてあります。
クリスマスツリーの習慣なんかもドイツから入ってきたそうです。


ゲージュツお写真の数々、大笑いさせて頂きました!
さすがpharyさんのブログは面白いです!!
そして最後のタルちゃんの写真も本当に可愛くて・・・

ミニリンゴのリース、すごく可愛くて欲しくなっちゃいました。


コメントありがとうございます。

*バートさん*
ネ、いいでしょ。
もうこれ見たとたんに絶対この記事は書かなくちゃって使命感に燃えたんですよ。2年越しの使命感、やっとミッション完遂です。
バートさんはバリバリの正統派ブロガーでしょう。まじめに旅行記最後まで書いてますもん。(←季節はずれもなんのそので)

*tamakitiさん*
残念ながらこれは常設ではありません。
今年はまた別の作品が展示されています。
常設だったらいいのにねー。
っていうか、この作品、今はどこにあるのかしら?
売れたのかな?(←誰が買って、どこに飾るか気になります。)それともアトリエにお蔵入り?

*Yogacatさん*
この作品は絶対に前から先に見るべきですよね。
後ろから見たら面白さが半減。
幸い私は前方から歩いていったのでこの「ウッヒー!」という感激にありつけました。

*みきさん*
そうですね、確かにドイツでこの種のユーモアにはなかなか会えないかも。
クリスマスツリーはゲルマン民族の宗教とキリスト教が一緒になって生まれたものと読んだことがあります。そのほかにもイースターのウサギとか卵のシンボルもゲルマン民族の古来の風習とか信仰から来ているようです。

*樹里さん*
うふふ、このおPりが微妙にきちゃないところも受けるでしょ。
タルはね、カメラが嫌いでスッと目線をはずすんです。カメラ目線だともっとかわいいんだけどなぁ。(←親ばかですみません。)


コメントをされている皆さん、
くいついたのはお尻の写真ですね。
私も大笑いさせてもらいました(笑)

やっぱり日本よりも本格的(?)なクリスマスですね。
オーナメントが豊富で見てるだけで楽しそうですね。

ところで、ホットワインがあるなんて初めて知りました。
ただ温めるだけなんでしょうか。
あつかんみたいに?
やっぱり白ワイン?
自宅でレンジでチンで出来るでしょうか。

飲みたくなってきました。


コメントありがとうございます。2

*もろあいさん*
<皆さんくいついたのはお尻の写真>
そうですよ、食いついてくれなくちゃこの記事を書いた意味がありません。
<やっぱり日本よりも本格的(?)なクリスマス>
やっぱり本場ですからね。日本のお正月ぐらい重要な行事ですし。
というか日本のクリスマスって、、、、、、プレゼント、ケーキ、恋人と一緒、パーティでしょ。本来のクリスマスの要素として合っているのはプレゼントだけじゃないですか。
ホットワインは赤ワインにいろいろな香料や果汁を入れるのです。作るのがめんどくさいという人にはもうすべてがブレンドされてあっためるだけというものも瓶詰めで売られています。
クリスマスマーケットではこのホットワイン(ドイツ語ではグリューワインといいます)の屋台があちこちにできるんですよ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP