FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/10/11 (Sat) 10:07
神様の思し召し

自転車のブレーキの調子が悪かったので
こないだの月曜日に修理に持って行きました。

うちの町はさつま芋のような形をしていて
うちがその尻尾のほうにあるとすると
自転車屋さんは頭のほう。

自転車で走っても20分ぐらいかかります。


この日はタルの散歩もかねて
郡庁に行くのと同じ川の道を行きました。


川の道は一杯走れるから大好きなんだ
川の道は大好きさ
おさしんはイメージです。


途中図書館とポストに寄って、(←タルはかごの中)
あと数メートルで自転車屋さんという地点。

自転車に乗ったまま横断歩道を渡って車道から自転車道に上がろうとした
そのときっ!

後ろの車輪が車道と自転車道の段差を上がりきれず、

ズリッと横滑り→バランス崩れ→ぐーママことphary、自転車ごと車道側へ横転!!!!!

キャーッ!


私たちが横断歩道を渡り終えるのを待っていた車はすでに発進してるし!

キャーッ、キャーッ!!!!



タルはかごの中だし!

キャーッキャーッキャーッ!!!!


ぐーママが、
パニくりながらも咄嗟にとった行動は、、、、



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、






転倒しながらも自転車が倒れないように抑えたの。(←すごい、自分!)

ついでにタルがかごから道路に跳びださないように
首輪をつかんだの。(←神業だわ、自分)


そのまま横倒しに転倒しちゃったんだけど、

我ながらよくやったわ!


自転車はスローモーションのように倒れ、

転倒したぐーママが自転車の下敷きになったおかげで
タルはどこをぶつけるわけでもなく
かごの中で90度体の向きを変え、
かごの側面に伏せする格好で
軟着陸しました。

あぁ、よかった。


マ、ママリン、身を挺して僕を守ってくれたんだね。うっうっ感涙
ママリンが守ってくれた

走り出した車も急停車して、(←ぐーママの体半分は車道上)
運転手さんやら、その辺を歩いていた人たちが

大丈夫ですか?

と寄ってきてくれて、、、、。

あぁ、恥ずかしい。

大丈夫です。すみませんでした。

と、気丈に立ち上がってはみたものの





けが1

↑この状態。

おぉ、ブログ始まって以来初めての総天然色!(←今そんなことに感心している場合じゃない)


血が出ていたひざも痛かったけど、

左足のつま先から甲にかけて
歩くと骨が外れるんじゃないかと思うくらいにギクギク痛かったの。

触ってみて折れてはいないと思ったけど、
履いていた革靴の地面とこすれたところが
ほとんど穴が開きそうなくらいに薄くなっていましたよ。(←あぁ、もったいない。)


とにかく自転車屋さんは目の前にあるから
痛みをこらえて自転車を引っ張っていったら、
修理に2日かかると言われ、
そこに自転車を置いてきたけど、

ちょっと待って!

ジャ私どうやって帰るの?
この痛む足で、、、、自転車で20分かかる道よ。

結論から言うと(←書くのがだんだん疲れてきたというのがホンネ)

うちの近くの駅までバスに乗って、そこから歩いたんですが、
一歩一歩痛くて痛くて、
いつもなら8分で着くところ20分近くかかっちゃいました。

うちに帰って靴下を脱いでみたら





けが2
↑夏の名残のペディキュアのような色になってました。

足の親指が付き指状態になったようです。

(今回総天然色にしたのはこの腫れた色を描きたかったからです。)

次の日から二日間は松葉杖歩行でした。



でね、
このときはいていたジーンズに大きな穴が開いちゃったんですが、

このジーンズというのが
ナニを隠そう

このジーンズだったんです。

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、


廃棄しました。

どうせタルタルのタプタプだったし、、、、、



これは、

こんなジーンズはくんじゃない。

という神様からのメッセージだったのかしら?

けが3
???という方はここをクリック→前記事


あんな風に倒れたのに、頭を打たなかったのは不幸中の幸いというべきでしょうか?
神様、最後の最後には優しいのね
タルッとクリックお願いします。→ 
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 黄金の10月の悲劇 | ホーム | 不評 >>

コメント

自転車ごと車道側へ横転!!!!!・・・だなんて、
読んでてもキャーi-282i-282i-282でしたよ。

それにしても無事でよかった。傷だらけになってしまったみたいだけど、大事至らずによかったですね。

痛い!恥ずかしい!と思いながらも、同時にブログネタになるな~とか思いませんでした?
ブログネタになると思えば、どんなことも笑いに変えられるからいいですよね。
pharyは今頃あざを眺めていらっしゃるんでしょうけど、遠く日本で笑わせてもらいました。


大丈夫ですか!?(>_<)
転倒しながらもタルちゃんを守ったpharyさんは
飼い主の鑑ですっ!

でも、最後の絵には大笑いさせて頂きました。(^o^)
どうぞお大事になさってくださいね。


まぁ!大変な怪我をしちゃったんですね。
それにしても奥さん!総天然色ってちょっと古い表現だと思いますよ、気をつけて!
転びながらタル君の首輪をつかむとは、エラ~~イ!私ならできないな。

実はわたくし、長男がお腹に入っていて臨月の時、自転車で転び、お腹を打ってしまいまして、以来夫から《チャリンコ禁止令》が発令されております。なので、幼い息子たちの後ろに乗せてもらっていました。

早く、怪我が完治しますように。


おおっ!なんかアクション映画みたいですね~。
しかし、↑のコメントじゃありませんが、総天然色て!!(笑

お怪我が軽くてなによりでしたね。
そういうときって恥ずかしさからか、その場は痛くないんですよね。
後からズキズキくるわけですが。。。
なんでその場は「全然問題なし!!」みたいなフリしちゃうんでしょうね?(笑
やっぱ、、、照れ???


自転車の横倒れシーンがスローモーションで、読みながら想像出来そうでした。
神様のくだりは笑えますって。こういうマイナスな出来事も面白く書けるpharyさんってばスゴいわ。
おぉ~、絵がカラーだ!と思ったら、足の具合を表現したかったのねぇ。
それにしても、頭とか打たなくって良かったです。
足、お大事に!


pharyさんっ、大丈夫っ???
って、大丈夫じゃなさそうですよね・・・

いつもポジティブシンキングで、感動しますが、
どうぞお大事になさってくださぁい。


Pharyさ~ん、大変じゃないですか!!
一歩間違えたら大怪我ですよ。だって車道にカラダ半分だったんでしょう。不幸中の幸いでしたよね。
私も以前に段差でスリップしてこけましたから、その状況よくわかります。お互いに気をつけましょうね。
とにかくPharyさんもタルちゃんも大事にいたらなくてよかったです。お大事にね。
(危ない目にあっても最後に笑いをとるのを忘れないPharyさんステキですよ。そのポジティブシンキング、私も見習わなきゃです。)


コメントありがとうございます。

皆さん、ご心配をおかけしました。
腫れと痛みがひどかった割にはけがはたいしたことがなく、今はもう普通に動けます。
お見舞いのお言葉ありがとうございました。

*もろあいさん*
<痛い!恥ずかしい!と思いながらも、同時にブログネタになるな~とか>
思いませんよ。
そこまでブログ根性はないです。
もう恥ずかしくて恥ずかしくて普通の思考回路がプッツンしちゃてましたから。

*樹里さん*
このときは0,00001秒ぐらいの間に自転車を押さえなきゃ、+タルが跳びださないようにしなきゃって思ったんでしょうね。無意識に体が動いていました。

*ゆき珠さん*
臨月で転倒って、、、、、。長男さん、無事お生まれになってよかったですね。
私も末っ子がおなかにいたときはおにいちゃんを自転車の後ろに乗せて、かご一杯に買い物したものを積んで毎日走っていました。今思うとかなり危ないですよね。その当時はまだ子供にヘルメットをかぶせるなんてことももなかったし。
<総天然色ってちょっと古い表現>
でも、ジャ、なんていったらいいんですか?
オールカラーなんてたいそうなものでもないし、、、、、この辺あたりが妥当かなって思ったんですけど。

*バートさん*
<その場は痛くないんですよね。後からズキズキくる>
たしかに!
私の場合痛みを感じたのは自転車屋さんに入ってからでした。自転車を預けてからお店の裏でジーンズの裾をまくってみたら、ひざにも穴が開いていて、それを見たとたんにズキズキが始まったんです。
同時に足の甲の痛みも出てきて、、、、惨めだったなぁ。

*ブースケさん*
そう、足の腫れの色を出すためには白黒じゃ今ひとつ悲惨さが伝わらないんじゃないかと、、、。
手元に色鉛筆もあったのでチャチャっと塗ってみました。でも面倒だから次回からまた白黒の予定です。

*ふろっしゅさん*
足の痛みは二日間松葉杖を付いて足に体重をかけないようにしたおかげか、腫れがひどかった割には早く取れました。
むしろ倒れて体を打ったときの衝撃で左半身が凝ったように痛み、そちらのほうが不快でした。
<いつもポジティブシンキング>
うーん、単にオバカなだけかも、、、?

*Yogacatさん*
Yogacatsんも経験ありですか。
<一歩間違えたら大怪我>
だったんですよねー。ホントある意味ラッキーでした。
なんか、若かったころと比べて体の反応が鈍くなったっていうか、昔だったらここまで無様に転ばなかっただろうなぁとか考えるとやはり老いを感じます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP