CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/09/15 (Mon) 08:49
窓に小鳥が

昨日まで曲がりなりにも日中はTシャツ一枚で過ごせたのに、
今日タルルンのおPっこに出ようとしたら8度って、、、。

雨模様なのに加えて風もあって、
あわてて家に戻ってトレーナーとウィンドヤッケを上に着ました。

日が当たらなくなるととたんに寒いおドイツです。ブルブル


おやつにZweschgenkuchen(ツヴェッチゲンクーヘン=プラムのケーキ)を焼いて
庭のミントを使ったミントティーでお茶をしていたとき

テラスの窓にコツッと何かがぶつかりました。


あー、また?

ガーネットさんのところでもよくあるようですが、

窓ガラスに鳥がぶつかったのです。


今までも何回かこういうことがあったので、なるべくカーテンを引くようにしていたのですが、
今日は前述のように雨模様で暗かったのでカーテンは全開にしてあったのです。


見るとすずめくらいの鳥がテラスの上でヒクヒクしています。


以前ぶつかった小さな鳥はしばらくパタパタしていたと思ったら
カクッと頭を落としてそのまま死んでしまいました。


だから、また死んじゃったらどうしようと思ってガラス越しに様子を見ていたら

よろよろとグリルの陰にもぐりこんでいきました。


ここなら猫ちゃんたちに見つからないかな。(←うちの近所は放し飼いにゃんこがいっぱい)


でもそのままぜんぜん動かない。

まさか、この前の子みたいにはならないよね。


だんな君は
ぶつかり方が弱かったから大丈夫だよ。
軽い脳震盪みたいなのを起こしていると思うからしばらくして意識がはっきりしたら飛んでいくよ。

と言うんだけれど、、、、、、


心配で心配で様子を見に外に出てみたら



ワ、こっちを見ている。
テラスの窓にぶつかった小鳥1


大丈夫だよー、何もしないからね。(←と言いながらおさしん撮ってる。)


横からの姿も撮ろうと思ったんだけど、
フラッシュにびっくりしたのか
カメラから目を離さない。
テラスの窓にぶつかった小鳥2
キャーン、かわいいー


これくらい動ければ大丈夫かな?

と思っているうちにパタパタと飛び立っていきました。


アーよかった。


今までガラスに当たった一番の大物は山鳩。
しかも二回も!

一回目は今回のようにしばらくしたら飛んでいったのですが、

二回目のは打ち所が悪かったのか、
テラスの上でご臨終になってしまいました。

鳩って結構大きいんで、
埋めてあげる穴を掘るのにとっても苦労したんです。

だって、十分深く埋めてあげないと
放し飼いの猫ちゃんや、Marder(マルダー=テン)に掘り返されてしまうかもしれないから。(←時々花壇にかなり深く植えた球根なんかも掘り返されている。←ホントに田舎なのね、うち。))

今回のかわいい小鳥ちゃんが無事飛び立ってくれて、
そんなことを考えなくてもよかったのがとってもうれしかったぐーママことpharyです。


こんなに大きなおやつをもらったのがとってもうれしかったタルルンことタルです。

今日は出番なし
今日はお散歩が少しだけだったからその代わりなのよ。



タルッとクリックお願いします。→ 
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< つかの間の幸せ | ホーム | さわやか青年の本音 >>

コメント

私の出身中学は山の中にあったので、、やっぱりよく窓ガラスに鳥がぶつかってきましたよ。 バードウォッチング部の先生が 「鳥の衝突防止」 といって鳥の絵の大きなシールを窓ガラスに貼り付けるようになってからはぶつからなくなりました。 そういう便利なものが売ってるらしいですね~


私の中学校も山を切り開いて建てたっていうくらいだったので鳥がつっこんできたことがありましたよ!
そのときは本当にびっくりして
隕石か?テポドンか??
なんてみんなで騒ぎましたねー。
ガラスは割れなかったんですけど、割れる以上の音でしたよ。
耳が痛くなるくらい!!!
衝撃で異次元にテレポートするかと思いました。マジです。笑
そのあと
…ドスッ
って鳥さんの鈍い落下音。教室は3階だったけど、あの鳥さん大丈夫だったかしら。。。


ドイツ、先週末あたりから急激に秋…いえ晩秋?初冬?になりましたよね。
もう衣替えしちゃいましたよ。

前に長期で入院してた親戚も同じことがあったみたいです。
窓って分からずに鳥さんたちが勢いよく突っ込んできて、
しばらくして意識を戻す子もいれば、そのまま永眠しちゃう子もいるんですって。かわいそうに…。
山鳩って結構大きいですよね。窓ガラスが割れそうです…。



つい先日我が家でも鳥さん衝突事故がありました。
スズメくらいの小鳥なのに、ものすごい音がしてビックリしました。
一昔前ドイツ在住時には、ダイニングキッチンの大きなガラス戸に鳩が激突したことがあったのですが、生きているのか死んでいるのか怖くてしばらく放置していたところ、いつのまにかいなくなっておりました。たぶん気絶してたんでしょうね。
で、今回も様子を見ていたのですが、一向に動かず・・・可哀相にご臨終になってましたです。このあたりは野ウサギくらいしかいないので、庭の隅に埋めてやりました。
私が住んでいたドイツの市のバス停、透明プラスチックの屋根と風除けに衝突防止の為に黒い大きな鳥のシルエットが描かれてました。
鳥が激突した跡って魚拓ならぬ”鳥拓”みたいに羽の跡がつきませんか?


コメントありがとうございます。

*樹里さん*
A-coさんのコメント↓にもありますが、ドイツでは大きな窓ガラスなどには鳥の形のシールがたいていはってあります。ということは売っているんでしょうね。
でも、個人の家にはまれです。やっぱり見た目よくないし。

*Haeschenさん*
<…ドスッ...って鳥さんの鈍い落下音。>
ウーッ、すごく生々しい。
<教室は3階>
これは絶対にご臨終だったのではないかと、、、、。生徒に衝撃を与えないようにきっと用務員さんが早めに片付けたんですよ。
実際私も山鳩さんがご臨終になった姿を見たときはシャベルで持ち上げるのをためらいましたもの。
でもそのままにしておくわけにもいかないし、、、。

*さゆりさん*
うちも今日から暖房入れました。
厚着をしてもう少し我慢しようと思ったんですが、PCに向かいながらシンシンと寒さが体にしみてきて、もうだめだーって感じでスイッチオーンでした。
ジャケットももう冬物です。

*A-coさん*
<しばらく放置していたところ、いつのまにかいなくなっておりました。>
いや、猫ちゃんかなんかに連れ去られたということもありますよぉー。
<魚拓ならぬ”鳥拓”>
今回は軽くぶつかっただけなので、痕はつきませんでした。前回とかはどうだったかなぁ。(←窓ガラスが汚いので気がつかなかったのかも、、、。←恥)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP