fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/09/04 (Thu) 22:38
田舎町伝説の真実

最初にもらったお給料は全部使ってしまわなければならない」という都会伝説田舎町伝説真偽を問うべく、

というより
末っ子の笑い話の一つとしておねえちゃんに話したところ、

あっ、それ、私も聞いたことがある。
でもホントみたいだよ。

という意外なお答え


詳しく聞いてみると、

初めてのお給料を次の給料が出るまでに全部使うと
その仕事で身を立てることができる、

というのだそうです。

ところによっては後半が
幸運になる
とかわるところもあるようです。

しかもニュルンベルグあたりではなぜか
お母さんと一緒に」お買い物に行って
使い切らないといけないんだそうです。


やった!
これって、お母さんのものを買ってもいいってことよね。(←勝手な解釈)


でもね
この「全部」ってとこが案外難しいらしいです。


いろいろ買った挙句に変な金額が残っちゃったりしたらあなた!

例えば10セントの残りだったら駄菓子屋さんでグミが一個買えるけど、

これが8セントとか、7セントだったら、
そんなハンパな金額で買えるものはないから
お給料を「全部」使うことはできない=幸運になれないってことじゃない。

こりゃ大変。


おねえちゃんの友達が
末っ子と同じように半社会人になった時には
初めてのお給料でとりあえず通勤用の服と靴を買いまくり、(←「まくり」ってとこがすごい。うらやましい。)
その後はチビチビ食事や映画やお遊びに使っていたのですが、

次のお給料日の前日に、
この習慣(言い伝え?)を思い出し、
あわててお母さんを連れ出して、
二人であーでもない、こーでもないと散々計算しまくって
かろうじて初給料ぴったりのお買い物に成功したんだそうです。

でも、帳尻を合わせるためにかなりどーでもいいものを買ったとか、、、。


おバカな母娘だわねー。

ぐーママことpharyだったらそんな時間の無駄はしないわ。
レストランに行って食事をした後、
残ったお金を全部チップとしてあげちゃえばいいのよ。


末っ子ちゃんがレストランに行けるくらいのお金を残していればいいけど。
洗面台の上は緊張します。
あ、ホントだ。
考えなしにお金を使ってしまわないよう
ちょっと釘を刺しておかないといけないわ。


でもさー、一番簡単なのは
ママにお小遣いとしてドドーンとくれちゃうことよね。(←娘にタカル母親)


3セントぐらい?
いつもながらこれにつられて
アゥ、、、、せめて8セント、、、、。

タルッとクリックお願いします。→ 
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 主役がいない。脇役もみんないない。 | ホーム | 半社会人は厳しい >>

コメント

そういう田舎町伝説があったとは!?
でもきちんとぴったり使いきらなきゃいけないというのも難しいかも。
自分のこと思い出すと、その昔、初給料なんてすずめの涙ほどで、家賃払って電気代に水道代にガス代そして食事・・・・とな~~~んにも残らなかったのは覚えてます。
実家に住めるって幸せな末っ子さんかも?


あらん、いいこと聞きましたわ。
「田舎町」伝説ならスイスで十分通用するハズ! ウチの椅子の張替えに使ってもらおうかしら。 それともレストランで散財もいいですね。うふっ。

・・・我が家はもうあと何年か先ですが。
ワタクシが それを覚えていられるかどうかが問題になりそうです。 


へぇ~、知りませんでした。なかなか厳しいルールですね。
でもレストランで・・・って案は賢いですね(笑
ところで、その初任給は就職の場合じゃなくて学生アルバイトまで遡るんですね?
ってことは中校生の頃の夏休みでウチの手伝いしたころか?
うん、間違いなくマイナスまで使い切った気がします(笑


コメントありがとうございます。

*はっちさん*
私は若い頃からケチというか貧乏性なのに、初給料で自分の腕時計(SEIPOのちょっといいやつ)を買い、両親とまだ高校生だった弟を食事に招待しました。
でもさすがに全部使う勇気はなくて、すずめの涙ほどですが貯金もしたんです。
あの時思い切って全部使っていれば、私のその後の人生は左団扇だったのではないかと、、、、。(←というほど多いお給料ではなかったのですが。)

*Mariさん*
「田舎町伝説」と紙に書いて貯金通帳の最後のページに貼っておきましょう。
そして通帳を新しくするたびに貼り替えてちゃんと覚えておいて下さい。
お子さんの幸福(とお母さんのおこぼれ幸福)のために。

*バートさん*
いや、学生アルバイトはどうかな?
しかもマイナスまで使っちゃったら逆効果じゃ、、、、。
ピッタリじゃなきゃいけないんですよ、ピッタリじゃなきゃ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP