FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/05/11 (Sun) 23:55
夜の遭遇

あぁ、びっくりした!!!!

さっき末っ子を迎えに隣村まで車を走らせたとき(→過去記事

いきなり路上にシカが出てきたんです。

幸い『跳び出して来た』わけではなかったし、
こちらも60キロ制限のところを
夜だったこともあり
さらにゆっくり50キロぐらいで走っていたから
間一髪ぶつかりはしなかったけど、、、。

でも、心臓から

ドッキーン

って音が出そうなくらいにびっくりしました。

だってすっごく大きかったんですもん。


今まで、リスとかハリネズミとか野生のカモとかは見てたし、
森の向こうの方にシカがいるのも何回も見たことがあるけど、

こんなに至近距離でシカに遭遇したのは初めて。

向こうもびっくりしたらしく、
しばらくこちらを見つめていました。

その目に車のライトが当たって
異常にビッカビッカ光っていたのが印象的。

ちなみに毛並みのつやつやした雌ジカでした。
ぶつからなくてよかったぁ。


更に末っ子を拾っての帰途、

もうすぐ家っていう所で
前方をササササッと走って道路を横切る

今度はMarder(マルダー=テン)に遭遇。


これまた轢いてしまわなくってよかったぁ。


末っ子なんか

うわぁ、何あれ、何あれ?
キモーッ!

って大興奮。


うちってほんとに田舎なんだなぁ。

↓タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 御降臨 | ホーム | 変わりばえのしない >>

コメント

怖~い。ドイツの夜の道路は暗いから気をつけてね。
・・・といっても、相手が相手なので微妙な話ですが・・・
万が一、鹿を轢いちゃったらその鹿は持ち帰って食べていいそうですよ。

アウトバーン(しかも無制限のところ)の路側帯を歩いているキツネを見たことがあるんですが、あれって怖いですね。


野生のシカですか・・・。端っこの方とは言え東京にある我が家では、到底考えられない出来事です。
先輩がアイルランドの片田舎に住んでいるのですが、夜中に車を走らせていたら、突如として跳び出して来た羊と激突したそうです。ただでさえ壊れそうな年代物のプジョーのヘッドライトが無残にも破壊されていました。ちなみに羊は何事も無かったように、駆け去ったそうです。


コメントありがとうございます。

*ゆき珠さん*
>鹿を轢いちゃったらその鹿は持ち帰って食べていい<
ゆき珠家ならやりそうだけど、ぐー家はぜーッたいにできないっ!
第一あんな大きいのをどうやって車に乗せるんですか?
聞いた話だとシカにぶつかられると車のほうがへこんじゃうことが多いそうです。
友人は森をサイクリング中飛び出てきたシカにぶつかり、幸い本人に怪我はなかったんですが、ハンドルが曲がっちゃったそうです。

*NOMOさん*
きっとその羊は柵を超えて逃げ出したんでしょう。
ドイツだったら羊の飼い主を訴えるところですね。
うちの近くにはあちこちに「野生動物跳び出し注意」の交通標識があります。
シカならまだいいほうで、イノシシにぶつかられると大事故になりかねないんです。(←どれだけ田舎なんでしょ、うちって。)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP