fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2008/03/03 (Mon) 07:14
注意一秒怪我一生未遂



うちにはこんなスライサーがあります。
スライサー
これで硬いドイツの黒パンを切ったり、
凍らせた肉の塊からすき焼き用の薄切り肉を切り出したりするのです。

Broetchen(ブロートヒェン=丸パン。ミュンヘン周辺ではSemmelゼンメルと言います。)の硬くなったのを薄くスライスして
Semmelの薄切り

卵、ミルク、小麦粉、タップリのパセリのみじん切りを加え、
卵、パセリ、ミルクを加える
ぐちょぐちょ混ぜたら
お団子状に丸めて

沸騰したお湯に入れ、弱火でゆらゆら煮ます。
茹でてはいけない
決して沸騰させてはいけません。

はーい、Semmelknödel(ゼンメルクヌーデル=パンのお団子とでも訳したらいいのかな?)の出来上がり。
Semmelknuedel
今日はマッシュルームのソースをかけて、鶏のチーズ焼きに添えてみました。

でも、これはお料理ブログではないので、ここからが本番。


このスライサーで、
スライサー
ぐーママことpharyは




を切ってしまいました。






といっても皮だけだったんですが、、、、、、。


あっと思ったときには回転している丸のこ状の刃に巻き込まれ、

血がドバッと出、、、、、、、




ない,,,,,,,,,,?




薄皮一枚が残っていたおかげでにじみもしませんでした。

この薄皮を通してお肉が透けて見えたって言うと、より想像しやすいかな?


薄皮一枚が残っていたとはいえ、
ヒリヒリして痛いので

楕円形状に削れた表皮を拾って元のようにのせて、
上から絆創膏でくっつけたら、
皮一枚
痛みが治まりました。
そりゃさわったりしたら痛いけど、何もしない分には痛みがうそのようになくなったのは確かです。

お肉が透けて見えたとはいえ、あの薄皮がなかったら

血まみれのSemmmelknödelになってしまっただろうし、

削れた表皮が切ったSemmelの中に落ちてまぎれてしまっていたら

お肉が薄皮一枚だけで外部にさらされて、
痛みにのた打ち回っていたことでしょう。



皮膚の偉大さを実感した出来事でした。


おかげでボクも無事クヌーデルを食べられました。
おかげでボクも無事クヌーデルを食べられました。


↓タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< ちらし寿司  もどき | ホーム | テ、ケ、モモ >>

コメント

怖い!!
ヒイー!!
途中で脳内が赤く染まりました!!
痛い!!
ギャー!!
・・・でもご無事で良かった!!
薄皮1枚って・・・、狙ってもできない職人技!
いえいえ、お気をつけてくださいね~。
お大事に!
その点私は料理を一切しないで全然大丈夫です。
エッヘン。
・・・エッヘ・・・ン。


またブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!


痛そうなお話だわぁ。おとろしい・・・

うちにも、これとそっくりなスライサーがあるのですが、これで凍らせたお肉も切れるんですね?? いままで、パンしか切った事ないもんで・・・
Semmelknuedelもお料理したことないです。食べたこともあんまりないかも。なんか手作りのは美味しそうですね。一度やってみようかなぁ?


ひゃ~痛そう!皮だけって運がよかったかもしれないけど、皮を失うと痛いんですよね~気をつけてね。

私もスライサーを頻繁に使っているので、気をつけなきゃ!



はじまして。
スライサーはプロ顔負けの代物ですね!これがあれば、いくらでも薄切り肉を作れますが、怖いですね~。気をつけてくださいね。私なら皮だけでなく指が・・・なんてことをしそうです。
また遊びに来ますね


お大事に!

きゃ~、指の記事、読み飛ばしました。
読むだけで痛くなってくるから。
でも大事に至らなくて何よりです。
きっと何かの知らせ、そう今度気をつけないと危険だよっていう。

そうそう、こんな料理、結婚した当初、主人がよく作ってくれてました。
が、食べ慣れない私と娘に好評でないことがわかり、以後全く作ってくれなくなりました。
「だって誰も美味しいって喜んで食べてくれないんだもん」って。
申し訳ない、旦那。
今度pharyさんのこの記事を参考に挑戦してみようっと。有難う、参考になります。
でもうちにはスライサーないから、包丁でぎこぎこ切らないといけないんだよね~。


コメントありがとうございます。

*ミソコさん*
私の脳内も一瞬赤く染まりました。
で、血が出てないことに気が付いたら、今度は痛みがジンジンきました。
こんな経験はスライサーを使い始めて以来初めてです。

*サトシさん*
ありがとうございます。

*ふろっしゅさん*
お肉の塊を切るときはコチンコチンにしないで、なんとなーくまだ気持ち柔らかさが残っているくらいが切りやすいですよ。
薄切りを焼肉用とすき焼き用にまとめて切っておいて、冷凍保存しておくと便利ですよー。

*ゆき珠さん*
ゆきたまさんなんか多分私とは比べ物にならないくらいお料理にかける時間が多いでしょうから、十分お気をつけくださいませ。

*Blue+Blueberryさん*
こんにちは。ご訪問+コメントありがとうございます。私はコメント返しがとっても遅いんですが、必ずしますので、又遊びにきてください。
ところで、URLをクリックしてもBlue+Blueberryさんのぶろぐにとべないです。どこかでまちがえました?

*cherryさん*
うわー、ご主人がお料理してくれるんですか?いいなぁ。
そうね、これだけのゼンメルをスライスするのはかなりの労力を必要としますね。バイエルンだったら、すでにスライスされたものが袋詰めで売られているんですがね。
ところで、雨のほうはいかがですか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP