fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2023/12/30 (Sat) 09:32
シッターの日々



こんにちわんこ。
パパリンとママリンは
日本の食生活はそんなにひどかった?
月の三分の一ぐらいあの子のシッターをするんだよ、のエンジェルタルです。

これは2009年7月・4歳の時のタルちゃんです。


きのふもけふも(ついでに明日も)
朝からDちゃんのシッターだったぐーママ(とだんな君)です。


だんな君が( )付きなのは
Dちゃんのお相手の大半をぐーママがするから。

だんな君もDちゃんの相手をするって言えばするのですが、
子供相手に本気になったり
お行儀のことをやたら口やかましく言うので
しばらくするとDちゃん自身がぐーママの方に来てしまうのです。

暗くなったのに公園からなかなか帰りたがらなかったDちゃん(←子供あるある)にキレて
散々叱りながら帰ってくるなんてこともありました。


シッター中に困ることは
Dちゃんが最近偏食が多くて
何を作っても食が進まないこと。

生野菜以外の火が通った野菜は絶対に食べないし
昔は好きだった肉類も最小限しか食べません。

毎日何を食べさせるか考えるのが大変。
せっかく作っても

チャーハンやピザに入った
細かく切ったパプリカも時間をかけて一個一個取り出すくらいの徹底ぶりなので

下手すると一日中
バターだけ塗ったパンとか
フレークスとか
フォーやラーメンの麺だけとか(←野菜、肉類を残す)
おやつのケーキだけとか
かなりまずい食生活になってしまいます。

けふは目先を変えて、
クリスマスの余り物=ウィンナソーセージの処分も兼ねた
アメリカンドッグにしてみたら、(←他にカボチャのポタージュの残りとたっぷりサラダ)
まあ食べる食べる。

アメリカンドッグを作るのなんて
もうかれこれ25年ぐらいぶりですよ。(←子供たちが小さい頃の誕生会ではよく作っていた)

揚げるそばからDちゃんとだんな君とで
むしゃむしゃ食べてしまったのと、
ついでにぐーママも揚げ終わってすぐにガッツいたためお写真なしです。

ネットやテレビを見せれば楽なのですが、
できればそれは最小限に抑えたいから
天気のいいときはなるべく公園に連れて行くようにしています。

Dちゃんは知らないこともすぐに仲良く遊べるので
ぐーママは見守るだけでいいのですが、
それが結構退屈。

しかも

ワタクチは遊具のあるところには入れないからー
ワタクチは遊具のあるところには入れないからー 植え込みの外から見ているだけでつまんなかったデスー。(
植え込みの外から見ているだけでつまんないデスー。
(←わんこ立ち入り禁止)

Dちゃんの姿を追って
植え込みの外をあっちに行ったりこっちに行ったりしている姿が
いじらしいです。

ついでにぐーママも
チョコリンと一緒に植え込みの外をうろうろしています。


暗くなってからは
トランプやゲームなどのお相手をすることもしょっちゅうです。

けふは試しにタングラムをやらせてみました。
暗くなってからは 試しにTangramをやらせてみました。

Dちゃんは初めてなのでぐーママとの共同作業でしたが、
難しくてすぐに放棄するかと思いきや、

意外にも長い時間遊んでくれました。


簡単なものをいくつか成功させた時点で、
Tangramは ぐーママ自身も大好きです。
やる気を次回までキープさせるため(→ここ重要)
もっとやりたがるのを抑えて終了。

ちなみに
Tangramは
意外にも長い時間遊んでくれました。
ぐーママ自身も大好きです。(←パズル、クロスワード、数独、Str8tsも大好き)



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


関連記事

テーマ : 孫守り - ジャンル : 育児

タグ : 孫シッター偏食食が進まないまずい食生活アメリカンドッグ公園見守る退屈タングラム

<< けふのお昼ゴハン?おやつ? | ホーム | 2023年クリスマスゴハン・26日分 >>

コメント

炭水化物が好きって ちょっと困っちゃいますね。
そのままだと肥満一直線です。
oharyさん宅以外の時の食事内容もチェックしたほうがいいです。
忙しいからと言って不健康なメニューになっていませんかね?
pharyさん宅にいるときだけでは治すことができないと思います。
小さい子は栄養のことなど理解できないので 大人がしっかり管理しないと
後になってツケが回ってきますから可哀想です。


うちは長男が超偏食で、それを見習って?か
次男も3歳ぐらいから超偏食で二人とも炭水化物だけしか口にしませんでした。周りからいろいろと言われ、お医者さんに相談したら「これだけ成長してるから大丈夫!」と言われました(涙)血液検査もしてもらったら異常なし。
そのうち(ギム行くようになってやっと)食べるようになりましたが大変でした。(今は189cmと185cm)
Dちゃんのお話でそんな事を思い出しました。
いったい何から栄養をとっていたのでしょうね。



子供ってそんなものでは。。。子供のころ好きではなかった食べ物が大人になったら好きになったり、ってありますものね。炭水化物は美味しいんですよ~この年頃の子で食べ過ぎというのはあまりないと思ってます うちのこもそれぞれ食べ物で嫌いなものがありますが 大きくなっていますし、お医者さんが言うように過剰に心配いらないと思います😊 うちのコで、逆に肉ばっかり好きな子が居て。炭水化物を残しがちな、幼稚園
児。そっちのほうが塩分やら脂質過剰では、と心配です 涙いつもお孫さんのお世話、おつかれ様です。こんなお母さんがいらして、息子さんふうふ、娘さんもお幸せですね。


コメントありがとうございます。

*ヤムヤムママさん*
本当にDちゃんは炭水化物大好きなんです。まぁ、子供はみんな炭水化物好きですけど、ここまで極端だと心配になります。今のところDちゃんはガリちゃんなんですけど将来がね。ただ、Mちゃんはどうか知りませんけどおにいちゃんが一緒だと、とにかくお皿の上のものは残さず食べるさせるようにしています。私だと甘く見て嫌だ食べないとなるのかもしれません。

*だれかさんさん*
炭水化物に偏るのはウチでゴハンを食べる時に限ってのことのようなので(家ではおにいちゃんに残さず全部食べるようキツく躾けられている)、今のところ多分栄養的にはあまり心配がないのかと思います。ウチで野菜を取り分けるのはオマちゃんはちょろいと思われているからかもしれません。
小さい時にそんな極端な偏食でもそんなに大きく成長するのですね。Dちゃんも大きくなったらなんでもちゃんと食べるようになるといいのですが。

*あるあるさん*
子供は炭水化物好きですよねー。(実は私も好きです)
うちの子たちは3人ともそんな極端な偏食をしなかったので、Dちゃんの(特に)野菜嫌いをどうしたものかと悩んでいます。家ではイヤイヤながらも食べているようですから、オマちゃんのところでは少し甘やかしてこんなものかと割り切ればいいのでしょうか?
おにいちゃん夫婦はある程度私たちのシッターを当てにして今のうちに引っ越してきたと思うんですよね。いろいろ大変なこともありますが、体のきくうちはなんとか力になってあげようと思っています。Dちゃんの場合は日本語に触れさせるチャンスでもあるし。今年はMちゃんのお母さんもうちの町に引っ越してくる予定なので、シッターの回数はずっと減ると思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP