fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2023/11/01 (Wed) 09:03
ここを改善してほしい



こんにちわんこ。
ママリンは
それを笑うなんて、、
病院への不満があるんだよ、のエンジェルタルです。

これは2009年4月・4歳の時のタルちゃんです。


日本んからおドイツに戻ってきた翌日に
盲腸炎で入院、手術したぐーママです。→2日後で良かった

今回の
手術日も含めて5日間(←最終日は朝ゴハンの後に退院だったので、正確には4日半)の入院は特筆すべきことはなかったのですが、 

地元の群立病院の改善して欲しい点をちょっと書いておきます。


今回は古い病棟の3人部屋に
おしゃべり好きのおばあちゃんと二人で同室でした。

新しい病棟の病室には
各ベッド間に仕切りのカーテンがあるのに→息切れと胸の圧迫感があったので・病室

古い病棟にはないんですよねー。(病室の写真はこの記事にあります。→おばあちゃんが神様の次に頼った人

だから
検診の時や
絆創膏の張り替えなんかの傷口の処置の時は
お隣さんの様子が丸見えになってしまいます。

それは同時に自分の様子も丸見えってことです。

これがね、
自力で排泄できない状態だったら
ベッドの上で介助してもらってするわけでしょ?

そんな姿も
同室の人には丸見えってわけですよ。
これってお互い嫌よねー。

今回同室になったおばあちゃんは
婦人科の手術を受けたらしいのですが、
ずっとDrainage(ドラナージェ・日本語でなんていうのでしょう、体液を排出するための管です)をぶらぶらさせていましたし、
ずっと大きなパットを当てていましたが、

おPり丸出しの例のやつを着ていたので→ →手術着の着用意義
立って何かするたびに
パット付きのおPりがペロンって丸出しになってしまい、
それが嫌でも目に入りました。

他人のそういふおPりなんか
他人のそういふおPりなんか 見たくないわよネー。
見たくないワヨネー。


ちなみにぐーママは
だんな君が持ってきてくれたガウンを上から羽織っていたので
おPり丸出しだったのは
手術当日だけでした。

これ本当に不思議なんですが、
新しい病棟の病室には仕切りのカーテンがついているってことは
大抵の人は今日の午前中に退院したらしい
その必要性を認めているからですよね。

それなら古い病棟の方にだって
ちょっとカーテンレールをつければいいだけの話なのに
なんでそれをしないかなー?


それと
今回は主治医が、事前に病院の方に連絡を入れてくれていたので
普通に受付に行ったのですが、

救急外来の受け付けに回ってください。

って言われたんです。

ぐーママそこそここの病院にはお世話になっていますから
救急外来の受付の場所も知っています。

この図のように
救急外来受付への道
赤線ルートなら建物の中で30秒もしないで行けるんですよ。

なのに、

外から回って、外の呼び鈴を押してください。

って、、、。
はい、素直に外を回って行きましたよ。
痛いお腹を押さえながら
雨に濡れながら
2分以上もかかってね。

そしてそこからが長かったです。
たくさんの人が来ているのはわかりますが、
呼び鈴をしてから
受付の中に入れてもらえるまで
寒いホールで15分ぐらい待機、(←ぐーママの前に松葉杖をついた女の子が待っていた)

やっと入れてもらえても
受付まで約15分待機、

受付の後なんだかんだで約30分待ちで
診てもらえたの1時間以上後でした。

その間(←特に受付までの約30分間)
誰にも様子を見てもらえなかったわけで
緊急を要する場合この時間が
生死、
あるいは治療後の後遺症の有無、度合いを
左右することにならないんでしょうか?

もし、心不全とか脳梗塞とかの症状が出たら
絶対に救急車を呼ぼうと思ったぐーママです。

自家用車で行ったら
第一に駐車場を見つけるのに
ものすごく時間がかかります。

うちの群立病院は町の中心部にあるので
広い駐車場がなくて路上駐車になるんですけど
とにかく止める場所がないです。

今回もぐーママが受付を待っている間
だんな君は駐車できるところを探して病院の周囲をぐるぐる回り、
最後は諦めて
かなり離れたところにある市の駐車場に停めてそこから歩いてきたのです。

体のしんどい人とか
お年寄りとか
足の不自由な方なんかは大変だと思います。
特にこの日は雨も降っていたし。


そしてこの待ち時間!

救急車で運ばれてきた人は
駐車場の心配をする必要がない+優先的に診察してもらえます。


実は20年ぐらい前に
町のハズレだけど
国道に近くて救急車の搬送、車での訪問といふ点では
今のこちゃこちゃした街中よりもずっと便利な場所に
群立病院を移転しようといふ計画があったのです。

でも、その場所の近くのギムナジウムの保護者たちが
救急車のサイレンや
救急ヘリの音がうるさくて
子供達が勉強に集中できない。

と理由で反対し、
頓挫したことがあります。

救急ヘリなんて1日に一回あるかないかだし
おドイツの救急車は必要最低限の時しかサイレンを鳴らさないんですよ。

そんなこんなで
我が町の群立病院は
いまだに狭くて古くて、、、。


そうそう、
術後は傷の治りをよくするためにもたくさん歩きなさい、
と言われましたが、
この狭い病院の中には歩くところなんてほとんどないんです。
術後の回復のために歩くのを奨励するのなら
その場所を設けて欲しいですよ。
天気が良くても散歩する庭さえないんですから。

だからぐーママは
病棟の短い廊下と階段を一生懸命歩いていました。


それと
これまでも何回か写真をアップした病院食ですが、
今回はこんなのでした。(過去記事と重複する写真あり)

金曜日
朝ゴハン。
盲腸手術後に朝ゴハン

昼ゴハン。
盲腸手術翌日の昼ゴハン

夕ゴハン。
盲腸手術翌日の夕食


土曜日
朝ゴハン。
土曜日の朝ごはん

昼ゴハン。
土曜日の昼ゴハン

夕ゴハン。
土曜日の夕ゴハン


日曜日
朝ゴハン
日曜日の朝ごはん

この日は日曜日で人手が足りなかったのでしょうか?
ゼンメルが切ってない
Semmel(ゼンメル=丸パン)が切られてませんでした。

昼ゴハン
日曜日の昼ゴハン

夜ゴハン
日曜日の夕ご飯


月曜日
朝ゴハン
月曜日の朝ご飯


どう思います?
まず、野菜が圧倒的に足りないでしょ?

それと、脂肪分が半端ない。

ぐーママがおドイツにきた頃からずーっと

健康のために
野菜や果物をたくさん食べましょう。
肉類を減らして魚を食べましょう。
動物性脂肪を摂りすぎないようにしましょう。

って言われているのに
病院食でこれですからね。

健康食のお手本を見せてよ!
せめて朝ゴハンと夕ゴハンに
サラダ菜の一枚、トマト、きゅうりの一切れをつけるとかさー。

って言いたいです。

ぐーママもコレステロール値を高くしないよう
普段の食事を気をつけていますが、
今回の入院で
がっつり血液ドロドロになった気がしましたよ。


以上、
これまでも思っていたけど
今回の入院でよりはっきりと

なんだかなー!?

って思ったことでした。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
関連記事

テーマ : なんだかなぁ、、、、 - ジャンル : 日記

タグ : 盲腸手術入院救急外来待ち時間生死を左右する駐車場がない古い病棟仕切りのカーテン

<< 一週間ぶりの和食 | ホーム | 2日続きの年増祝い >>

コメント

郵便局、バス、電車、、おドイツの色々な衝撃事実にびっくりして来ましたが。。
仕切りカーテンのない病室にも驚きです。
日本だったら、、処置の時だけでも移動式のパーテーションを持ってきて処置するんじゃないかな(そもそもカーテン無しの病室は見た事ないけど)。
病院食も健康に良さそうには見えませんね。
医療先端を行ってるドイツ、技術は素晴らしいんでしょうけど、サービス面では改善して欲しいところがあるんですね。


なかなかに

 なかなかハードな病院体験だったようですね。しかし大事にはならなくて良かったです。知人は盲腸の手術が遅れて、腸を洗ったとか、今後一生美味しい物と無縁な生活になったそうです。
 で、今年二月に仙台日赤で帝王切開のような子宮筋腫を摘出しました(勿論○経はずっと前)。その時は、大部屋でもしっかりカーテンで仕切られていて、イヤホンをしている限り、ネットもテレビもやり放題、消灯時間も自己管理でとても気楽でした。一番驚いたのは、術後第一食が、重湯で、おかずが鶏の唐揚げだったこと。これで、なんでも食べて良いのだと、安心して、予定は10日の入院だったのですが、一週間で逃げ出しました(勿論医者の許可はとりましたよ。)。新幹線で帰って、その足で魚屋さんでお刺身をゲットしました。正直言って↑の病院食の方が美味しそうに見えます。


コメントありがとうございます。

*azuさん*
なんかもう日本の常識、おドイツの非常識ってくらい一般的な観念が違うんですよね。
私は日本で入院したことがないので(そもそもおドイツでも出産の時が初めての入院生活だった)こんなもんかと思っていましたが、一時帰国の時不死身のS伯母が入院していたのでお見舞いに行って初めて「そっか、こういう施設ではベッドの間に仕切りがあるんだ!」と気がついたわけで、日本人の私でさえそうなのですから、カーテンなしの病室しか知らないおドイツ人にとってはそれが普通のわけです。
病院食に至っては平均的なおドイツ人の食事と言っていいと思いますが、それがそもそも不健康だと(健康雑誌などでは)いっているのにガン無視ですか!?とびっくりなわけですよ。
サービス全般についてはまぁ、おドイツですから、、、でも、やっぱり受付の仕方とかは改善してほしいです。

*konpinさん*
ハードといえばハードでしたが、早い段階で(素人判断ですが)盲腸とわかっていたので迷うことなく病院に行くことができたのが幸いしました。
<盲腸の手術が遅れて、腸を洗ったとか、今後一生美味しい物と無縁な生活になった>
うわ、それはお気の毒。盲腸って侮れないんですよねー。私の友達も手当が遅れたせいで(←友達がまさか盲腸と思わなかったので、診察を受けるのがかなり遅くなってしまったらしいです)腹膜炎を起こしてちょっと大変でした。
<大部屋でもしっかりカーテンで仕切られていて、イヤホンをしている限り、ネットもテレビもやり放題、消灯時間も自己管理でとても気楽でした。>
いいですねー。おドイツの古い病室は(うちの病院だけでなく、出産時の大学病院、私立病院ともに仕切りのカーテンがなかったです)プライベート空間が一切なしです。テレビなんか一室に一つですからね。
ただ日本の大部屋は6人ぐらいが一室に入っていたような気がしましたが、その点だけはおドイツがいいですね。基本3人部屋ですが、よほど混んでいない限り二人か、場合によっては個室のようになりますから。
<術後第一食が、重湯で、おかずが鶏の唐揚げ>
ええ、なんだかバランスが、、、???な組み合わせですね。腸を労っているんだか、全然大丈夫だよって言ってるんだか?でも、唐揚げなんて手のかかるものが出るんですね。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP