fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2022/11/25 (Fri) 16:11
韓国風BBQ



こんにちわんこ。
ママリンたちは
知らないよー
焼肉(?)を食べに行ったんだよ、のエンジェルタルです。

これは2007年9月・3歳の時のタルちゃんです。


年増祝い当日のゴハンが残り物だったので→執念の口紅
3日遅れのきのふ
最寄りの駅そばに新しくできたレストランにゴハンを食べに行きました。

ここはベトナムレストランと銘打っているのですが、
火鍋や韓国風BBQが食べられるといふことで
ぜひ食べてみたかったのです。(←年増祝い当日の月曜日は定休日だった)


だんな君はいつもの黒ビール。
だんな君はいつもの黒ビール。 ぐーママことpharyはライチジュースの炭酸割り
ぐーママことpharyはライチジュースの炭酸割り。

火鍋と焼肉とどっちにしようか迷ったのですが、
火鍋は中華レストランでよく食べるし、
といふことで
韓国風BBQに決定。

これって焼肉よね?

テーブルに焼肉用のコンロが付いています。
テーブルに焼肉用のコンロが付いている。
鉄板の下にはハングル文字が書かれていたし、

焼肉焼肉、ワクワク。

焼き肉なんてもう何年も食べてないし、
期待は高まるのであった。

タレはこの3種類+ニンニク入りのごま油。
タレはこの3種類+ニンニク入りのごま油。
ウェイトレスのお姉さんがおドイツ語も英語もダメで
何のタレかわかったのは真ん中のお醤油だけ、
あとは玉ねぎが何ちゃらとかって言ってましたけど意味不明。

ま、実際になめてみればわかるでしょ。

初めの席は入り口からの風が入って寒かったので
テーブルを奥のほうに変えてもらいました。

韓国風焼肉なのにココナツミルクのスープ?(←ベトナムっぽい) 
韓国風焼肉なのにココナツミルクのスープ?
と思いましたが結構おいしかったです。

浮いているのは豆腐だと思ったらエリンギでした。
今度うちでも作ってみよう。

2人分のサラダと食材。
2人分のサラダと食材。
韓国風BBQと書いてあったから
てっきり日本の焼き肉屋さんみたいな
カルビとかタンとかハラミとかロースとか食べやすく切った薄切り肉が出てくると思ったのに
おドイツのグリル用の肉だったのには少々ガッカリでしたが、
まぁ、あそんなもんでしょう。

お肉だけのセット
シーフードのセット
ベジタリアン用のセットなとどがあり
単品も追加注文できます。

ぐーママはシーフードセットが食べたかったけれど
だんな君が肉がいいというのです。

セットは二人分からしか頼めないので

Entrecôte(アントルコート=リブロースでいいのかな?)
Schweinenacken(シュバイネナッケン=肩ロース)
鴨肉
イカとエビ
それに季節の野菜がついているミックスセットをチョイス。

このほか

ゴハンはこちらで言うところの香米ぽい香りがしましたけど、
ゴハンはこちらで言うところの香米ぽい香りがしましたけど、 粘りがありました。
粘りがありました。

焼肉奉行はぐーママが務めました。

だってだんな君たら
生肉を摘んだトングで
サラダとかも取ろうとするんだもの、
やめてよね。

まずは肉から。
まずは肉から。
みんな柔らかくて美味しかったです。

この後イカとエビを焼いたのですが
この後イカとエビを焼いたが食べるのに夢中になって撮影し忘れ
食べるのに夢中になって撮影し忘れました。

初めはこんなに食べられるかと思いましたが
ゴハンの量を減らしてペロっと完食してしまったのにはびっくり。

だんな君なんて大盛りゴハン二回も食べちゃって、、、。

和食以外のアジアンレストランはあまり好きではないだんな君ですが、
ここは気に入ったようで

今度は子供たちも連れてこよう。
来年のボクの誕生日はここでしてもいいよね。

などと言ってました。
やはりおドイツ風グリル肉の効果かでせう?


食後のエスプレッソはサービス。
食後のエスプレッソはサービス。
だから文句は言えなかったのですが

だんな君のと私のカップの量があまりに違うのは納得がいかないわ!

写真では遠近法の関係かそうわからないけど
ぐーママのはだんな君のの半分ぐらいしか入ってないのよ。

ここは和牛も食べられるし、(←お値段はさすがでした)
火鍋も出します。
ランチタイムメニューにはPhoやBunがあって、
いわゆる汎アジアンレストランというところ?

でも今回の焼肉BBQが悪くなかったので
これからもいろいろ試してみたいです。


ワタクチはお留守番でしたノー、シクシクー。
ワタクチはお留守番でしたノー、シクシクー
雨が降っていたからねー。



おまけ

実はここ、その昔はそこそこ高級な中華レストランでした。
駅そばといふ好立地条件なのですが、
近くに激安の中華インビスができたこともあって潰れてしまい→最近食べたもの

同じく中華系のビュッフェレストランになり→進化したビュッフェ

これで3軒目です。

三度目の正直。
来年のだんな君の誕生日まで潰れないでね。



おまけ2

ここはお茶碗が出なかったので
一枚のお皿の上に焼いたお肉もゴハンも乗せて食べるのですが、
だんな君はいかにもおドイツ人ーっていふゴハンの食べ方をしていましたよ。

タレをご飯にかける

日本人だったら
味のついたお肉を白いゴハンと一緒に食べますよね?



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

タグ : 韓国風BBQベトナムレストラン期待は高まる焼肉ココナツミルクのスープドイツのグリル用の肉焼肉奉行汎アジアンレストラン三度目の正直

<< 雨、寒さとコート・服の問題 | ホーム | ドイツ戦 勝利! >>

コメント

今回は焼肉❤

バッチリドイツの切身肉だけど美味しそう!

いっつも思うんですが、おドイツの食物って南高北低ですよね?Pharyさんの記事で見るアジアンレストランの食事は全部フランクフルトのそれよりずっと種類も豊富だし美味しそうでうらやましいです。


うふふ、ドイツ風グリル(;^_^A。
こちらは日本の焼肉に行くと薄いお肉が数枚しか出されないので、もっぱら韓国焼肉に行きます。あっ、パリ郊外にいた時の話です。今はそれさえも無理ですが。ご主人の「今度は子供たちも連れてこよう」にホッコリです。うちは言わないです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!良い記念ご飯でしたね。


コメントありがとうございます。

*みいつさん*
<バッチリドイツの切身肉>
そう、思っていたのと違って ちょっと拍子抜けでした。まぁいいお肉だったのでおいしい事はおいしかったんですけどね。
<おドイツの食物って南高北低>
そうなんですか?フランクフルトあたりでアジアンレストランって入ったことがあまりないので気が付きませんでした。ミュンヘンは今、一時の寿司ブームを彷彿とさせるように汎アジアンのレストランがあちこちにできています。ヌードルハウスなんかそれこそどこにでもって感じです。

*ミネットさん*
うちはこういうことでもない限りあまりレストランに行くことがないので、今回は私の誕生日ということで行きたいところに行かせてもらいました。普段、だんな君はアジアンレストランを敬遠しているのに子供達に食べさせたいということは、本人がとても気に入ったということで、珍しいことです。これが、本式の薄切り肉だったらどうだったでしょうね?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP