FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/10/13 (Sat) 19:46
かわいくておいしい

川の道をウォーキング
なにやらタルがソワソワして
いつも以上に怯えている様子。

?????
と思っていたら、

前方から
見知らぬ猟犬を連れた猟師のおじさんが二人、
本物の猟銃を担いでやってきました。

えーっ、
そりゃうちの周りは森が多くて、
中には狩猟OK地区もあるけど、

この川の道は自然保護区になっているはず

猟師のおじさん(お兄さん)なんか
ましてや本物の猟銃なんか
見たことありませんよ。

猟師のおじさん
しかしへたくそな絵ですね。
ナニコレ、銃?(←いいから、そう思えばそう見えるから。←強引)

必死で逃げの体勢になっている
タルルンを抑えつつ、

ものめずらしげに猟師のおじさんに話しかける
ぐーママことphary。


何を撃つんですか?

野ガモだよ。

でも、この辺って自然保護区だから
今まで猟をしてる人は見たことないんですけど、、、?

僕達はいいんだよ。
町から許可をもらっているんだ。

ふぅーん。


そしてしばらくすると
また二人連れの猟師の
今度はおじさんとお兄さんに会いました。
やはり猟銃を持ち、
猟犬を連れています。

ビビリまくって腰が引けているタルを見て
サッと猟犬を抑えてくれたので、

ありがとうございます。
やっぱりカモ猟してるんですか?

そうだよ。

ウサギは撃たないんですか?
(タルが森を走る姿はウサギのようなので、ちょっと心配になってきいてみたの。過去記事

今回は撃たないね。(←ホッ)

野ガモが多くなりすぎたから
町に頼まれて
間引きしてるんだ。

さっきあっちでお会いした猟師の方々と
同じ猟友会かなんかですか?

いや、みんなprivat(プライベート)のはずだけど。



そしてまたしばらく行くと、
今度は
川の中に片足を入れて何かしている
猟師のおじさんに出会いました。

川岸に置いた
大きな衣装ケースのようなものには
20羽ほどの死んだカモが入っています。

しとめた獲物


うわぁ、すごぉい!
これ全部お一人でしとめたんですか?

そうだよ。

撃つときって、
カモが川に浮かんでいるところを狙うんですか?

いいや、飛び立ったところを撃つんだ。


よく見ると体に血がついているカモも、、、。


川に落ちたカモはどうやって拾うんですか?

犬が拾ってくるんだよ。


朝の8時半頃すでにこれだけのカモをしとめたということは、
このおじさん、なかなかの腕前とみました。

話しながらおじさんは
次々とカモのおなかを小さいナイフで裂いて
指で内臓を取り出し、
川の中へ投げ捨てています。

不思議なことに
そんな光景を見ても
気持ち悪いという感じは起きません。

ウーン、私も結構ドイツ的になったかな?


そんなにいっぱいのカモ、どうするんですか?

食べるんだよ。
ローストにするとうまいよー。

そうだ、
一羽あげようか?

(いぃぃぃぃーっ!!!!
あ、ありがとうございます。(←マジ汗)
でも、私、解体できないと思うから、、、、、
いいです。


他人がカモの内臓出しているのを見るのは
気持ち悪くもなんともないけど、(←いや、ちょっとはゥゲーッかな)

自分がカモの首や足を切り落としたり、
羽をむしったりは
絶対むりっ!


あ、でも
自分でやらなくても
お肉屋さんに持っていって
やってもらうって手もあったかな?


あ、やっぱだめだわ。

死んだカモをぶら下げて
ウォーキングなんてできないし、、、

第一、
どこを持つのよ?

プランとした首のとこ?

足ンとこ?

うぅっ、
やっぱり完全にドイツ的には
なっていないんだわ、私。

でも、
それができたら
あの日の夕ゴハンは
新鮮なカモのローストだったのに、、、
もったいなかったなぁ。

お肉になっちゃったカモなら平気なのにな。



などと未練がましく思いながら
さらにウォーキングを続けていくと、

今度は川のカモに
パンくずをやっている親子に出会いました。

ウーン、
片やカモにパンくずを上げながら、
「かわいいね。」
なんて言ってるのに、

そこから500メートルも離れていないところでは
撃ち殺したカモのおなかを裂いて、
「今夜はカモのローストだ。うまそうだなぁ。」
なんて思いながら(←思ってないかもしれないけど←いや、絶対思ってる。)
内臓を川に投げ込んでいるし。


さすがは狩猟民族ゲルマン人だわ。



カモちゃーん、
いとあはれ
迷わず成仏して
おいしいお肉になるんだよ。




↓タルッとクリックお願いします。


いらなくなったプリント済みの裏にお絵かきしたら、
しっかり裏が写ってるし、、、。

次はケチらないで
まっさらな紙に描こう。

関連記事

テーマ : ドイツ - ジャンル : 海外情報

<< 困った裏人格 | ホーム | 高いハードル >>

コメント

手書きのイラストとは、すばらしい!

いや、それにしてもドイツで猟師には会ったことないですねー。
もしかしたら、私がその猟師のおじさんに遭遇したら鴨をもらって帰ってきたかも。やっぱり、足の方を持ってブラブラさせるか、珠さん(彼女、あれでも水鳥をとる猟犬ですからね)にくわえてもらうか・・・でしょう。



うちのおじいちゃんも、狩猟してました。
よく、カモやらイノシシやら獲ってきて食べてましたわ。
幼心になんとも思っていませんでしたが、今は無理かもー!
でもやっぱり不思議なことに肉になってたら大丈夫ですよね。
イラスト入りの日記、楽しいです。
うちもプリンタ、買おうかなぁ。


コメントありがとうございます。

*ゆき珠さん*
新しいスキャナーを使ってみたい一心で、というより、ウォーキング中でカメラを持っていなかったので下手くそなんですけど描いてみました。
うちは森のすぐそばに住んでいるので、ときどき狩猟OK地域で猟師のおじさんとかお兄さんに出会います。
でも、獲物を持っていかないかといわれたのは初めてです。
ご自分でも獲り過ぎたカナと思ったんでしょうか?
ゆき珠さんなら3~4羽ぐらい引き受けてしまいそうですね。


*うさこさん*
いっ、いのししですか?
それはすごい。
でも、解体とかどなたがおやりになったんですか?
カモなんかと違って大きいから大変な作業でしょうに。
私はあの内臓がだめなんです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP