FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/10/03 (Wed) 00:18
なんちゅう奴だのお子様時代

赤ちゃんのころからかわいかった
うちのおにいちゃん。(→過去記事


しかし、
天は二物を与えず、とはよく言ったもので

この子は
ちっさいときから
なんちゅう奴だ~
だったんですぅ。

このBlogを以前から読んでいてくださっている方には
「何をいまさら。」
な秘密でごめんなさぁい。

(現在のおにいちゃんの「なんちゅう奴だぶり」はカテゴリー「おにいちゃん」をお読みください。)


要は、
顔はいいけど性格が悪い
とでもいうんでしょうか、、、、


天使のようだったのは1歳ごろまでで、

そのあとは
自分の思うとおりにならないと
床に頭をゴンゴンぶつけて
ギャンギャン泣き叫ぶような

極悪な赤ん坊でした。

天使の顔の裏に潜む極悪な精神、
あな、おとろしや。



物心がついてからは
何か失敗したり、うまくいかないことがあると
自分のことは常に棚に上げて

悪いのは
ママ、パパ、おねえちゃん、
あるいは自分以外の誰か。

ついたあだ名が

棚上げ息子


ほんと、だんな君に似て、
いっつも文句言ってましたね。
あ、今も言ってるわ。


たとえば、自転車乗りの練習をしていたころ。

お約束どおり、母親(ぐーママのことです。)が
後ろの荷台を押さえて、
パタパタ一緒に走ったわけですが、

(必死の顔で)離すなよ、絶対に離すなよ。

幼稚園児にして
この母親への命令口調からも
彼の極悪ぶりがわかるというものでしょう。


で、適当にバランスが取れてきたところで
こっそり手を離しちゃうのも
お約束。

ですよね。

でもって、
今手を離していたんだよ。
一人で乗っていたんだよ、すごーい!

とか何とか言っておだてる

「ほんと?
ってうれしそうに顔を輝かせる。

もんでしょ、普通の子供なら。


でもおにいちゃんの場合は

離すなって言ったのに、何で離したんだーっ?

って、怒る子だったんです。

その怒ってる時の顔たるや、、、、

まるで鬼瓦。→


で、何とか乗れるようになっても
初心者の悲しさ、
時々転ぶわけですよ。

母親(ぐーママです)が常にそばについて
パタパタ一緒に走り、
転びそうになったら
サッと押さえるようにしていたんですが、、、、

押さえ損なって
転んだら最後、

何で転ぶ前に抑えなかったんだーっ?

って怒るし。


そこに石があれば

この石がワルイーッ!

って石を投げるし。


それだけじゃ足りなくて

このバカ自転車ーっ!

って、
いったい何度
新品の自転車を
路上に投げつけたことか、、、。


あるとき、結構なスピードで走っていて
やっぱり転んだんですよ。

おにいちゃん、
いつものように母親に文句を言おうと思ったのに

速かったから、母親はかなり後方にいたんです。(←ゼィゼィしながら。)

あたりをキョロキョロしたんだけど
石も落ちていない。

自転車は最初から倒れている。


さぁ、おにいちゃん、どうする?おにいちゃんどうする?



誰がこんな道路作ったんだーっ?


怒りはついに市の道路課に向けられました。


3歳のときの第一反抗期が終わらずに
そのまま思春期の第二反抗期に入ったときなんか、
お母さん、もう毎日この理不尽なかんしゃくに疲れ果ててました。


↓タルッとクリックお願いします。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< そして旅立ち | ホーム | 栴檀は双葉のころより >>

コメント

ひとしきり笑わせていただきました(^^)
素晴らしいドイツ人ぶりじゃないですか。ドイツ人の極悪キャラというのは子供のころから培われるものだったのね・・・。
でもまぁ、一物でも与えられてるならいっかな。何も与えられてなさそうな、単に極悪な人もいっぱいいるし(笑)。


コメントありがとうございます。

*KIKI-Brandenburgさん*
どうぞ、存分に笑ってやってください。
「ドイツ人の極悪キャラというのは子供のころから培われるものだったのね、、。」
そう言われれば、おにいちゃんのこの文句言いの、いばりん坊の俺様主義の部分はまったくのだんな君譲りですね。
そうか、だんな君似というより、ドイツ人そのものだったのね。


今時の親だったんですね。キチンと教育してないから
そういう子供に育ってしまったんですよ。
いわば自業自得。
ドイツでは子供の教育はしないのですか?


コメントありがとうございます。2

*もかさん*
こんな古い記事まで読んでくださったんですか、ありがとうございます。
今時の親って、、、、、ほとんど20年近く前の話なんですけど、、、、、。
自業自得と言えば自業自得ですね。
「育てたように子は育つ」って言いますから。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP