fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2022/02/01 (Tue) 09:24
孫ちゃんの覚えた日本語



こんにちわんこ。
あの子は
おや、これは?
ぽちぽちを日本語を喋るんだよ、のエンジェルタルです。

これは2006年・二歳の時、タル子ちゃんになる手術をした数日後のタルちゃんです。


こういふわけで→ヒタヒタジャブジャブとバイエルン州における制限措置の緩和 
先週から孫のDちゃんを預かっているぐーママとだんな君です。


Dちゃんがこの一週間で覚えた新しい日本語のフレーズ ↓

ア、ブ、デチャッタ。
あ、スペル間違っちゃった。

ア、、デチャッタ。

以前はBuをすると
恥ずかしそうに

Entschuldigung! (エントシュルディグング=ごめんなさい)

って言ってたのに、、、。



2〜3日前からはやたらと

ウソッ!

ウソッ!

を連発するようになりました。
そして

へへへ、

と笑うといふ、、、。

一体誰から覚えたんでしょ?(←決まっているでしょ、日本語を話す人からよ


Dちゃんの言語環境は、
普段家ではおドイツ語と時々ベトナム語、
幼稚園ではおドイツ語、
あちらのバーちゃん(←ベトナム語バーはおばあちゃんのこと)のところへ行けばベトナム語。

そして
ぐー家に来れば
だんな君はおドイツ語、
ぐーママは日本語で話していますから
3ヶ国語が耳に入ってくるわけで、

今のところ聞き取りだけはトリリンガルです。


ほぼ一週間一緒にいても
Dちゃんの日本語はカタコトの域を超えないのですが、
ぐーママの言っていることは
日常生活のことならよく理解しているようです。(←ただし返事はほとんどドイツ語)


日独ハーフの子でも
おドイツに住んでいれば日本語が苦手な子はいるわけですから
ましてやクォーターのDちゃんに
そこまでの日本語力は期待してはいません。

ぐーママのいうことを理解してくれればそれでいいかな

という程度です。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

関連記事

テーマ : バイリンガル - ジャンル : 育児

タグ : バイリンガル言語環境3ヶ国語カタコトクォーター新しいフレーズドイツ語ベトナム語日本語

<< Made in USAでした | ホーム | (久しぶりに)お花の写真 >>

コメント

凄い、Dちゃん!これに英語やスペイン語などが加わっていくわけですよね。こちらもずっと日本語で通すという根気も必要だと思います。pharyさんも偉い!「へへへ、うそ」は間違いなくpharyさん( ̄m ̄〃)ぷぷっ!可愛いですね~。何に対してpharyさんは言っておられたのでしょう(笑)。しかも覚えるくらいに。。。( ̄ー ̄)ニヤリ。


うちも娘は日英バイリンですけどムコくんとの家庭は英語になるし、孫は英語で育つと思うのですが、私…子守とか接する時間が長いと日本語になっちゃうし、、、と不安が少し。ナチュラルで良いですかね。
Pharyさんちのお孫さんトリリンガルの成長を参考にさせていただきます。
ってまだ生まれてないし。あははは。


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
トリリンガルってちょっとすごいように思いますが、その分おドイツ語の方が他の子に比較して弱いんですよね。 うちの子たちも小学校の頃はちょっと苦労したクチです。(特に作文) なので孫ちゃんには何よりをドイツを頑張ってほしいです。ただ私は前にも書いたと思いますが、間違ったドイツ語を話してそれを孫ちゃんに移ってしまったら困るので日本語で話しています。もちろん複雑な事はドイツ語も混じってしまいますけどね。
「ウソ!」って私そんなに口にしているわけではないのです。一度、「『ウソ!』って『本当?』とか『信じられない。』っていう意味で使うのよ。」と説明したことがあるのです。(←おドイツ語で)簡単だし、表現が面白かったのかさっと覚えてしまいました。あ、でも「ブデチャッタ。」の方は、何回か言ったかも、、、?i-229

*Lynnさん*
私はおドイツ語が完璧ではないので、子供を育てる時も間違ったおドイツ語を子供にインプットしてはいけないと思って基本日本語だけで通しましたので孫ちゃんにもそのようにしています。(実際、DちゃんはMちゃんの間違ったドイツ語の言い回しをそのまま口にして、だんな君やおにいちゃん、娘たちに訂正されていますし)分かっても分からなくてもまず日本語で、どうしても理解できてない時はドイツ語で説明してます。まぁ、日本語の方が私が楽だってのもあるのですが、それが怪我の功名で、うちの子達は三人ともネイティブな日本語を話します。ただ、Dちゃんとの接触時間は三人よりかなり短いので、Dちゃんの日本語力には限りがあるでしょう。
三カ国語が入るせいかおドイツ語の語彙が他のドイツの子に比べてやや弱い傾向になるので、そこは注意しなければなりません。実際うちの子たち三人とも小学校の時はおドイツ語の作文でなかなかいい点を取れませんでした。(←幸い後になって克服してますけど、誰もが必ずしもそうなるとは限りませんので)



おおお!Dちゃん、将来が楽しみですね~!
いつか、Dちゃんと日本語でお話できる日がきますように!(おばちゃんの祈り)


なるほどねえ、
「私の英語が完璧ではないので間違った英語をインプットしないよう日本語で対応します。」
私もこうしようかしら。
うちの娘らも英文は学校の先生方(特に高校)に鍛えられました。お陰で大学の高等英語は米人生徒より楽勝だったようですが、その分日本語(漢字表現)が危うくなっていると思います。ま、暮らしていければいいんでよね。
Made in usa ですか。お茶栽培…ブームであるんでしょうねえ。ああ、おーいお茶 の伊藤園も進出していますから。


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
Dちゃんは素直で一応私の前では日本語を話そうとしてくれるます。(どこかにぶつけた時など「Aua!」ではなく「いたたたた!」ですし。でも、大きくなるにつれて話したいことが複雑になって、その気持ち、考えに日本語力が追いつかなくなって来ています。でも、せめて、日常会話で私が話すことを理解で来てくれれば、たとえ返事がおドイツ語でも御の字です。

*Lynnさん*
現地語が堪能な方は現地語でもいいのではないでしょうか?私はおドイツ語が本当に苦手なので、日本語オンリーになってしまったのです。でも、そのおかげで三人とも会話力はネイティブです。漢字はもう、鼻から期待せず、小学低学年程度でいいかなと無理強いはしませんでした。補習校の漢字のテストで100点取っても、次の週の漢字に上書きされてしまう程度の定着ぶりでしたし、当時PCの漢字変換機能がどんどん優秀になっていったので、読めれば書く方もなんとかなると思ったので、読んで語彙を増やすに力を入れました。
アメリカはおドイツなんかよりずっと和食材が手に入りやすいでしょう。息子が仕事でアメリカに行くと時々日本食品を買って来てくれます。品揃えが全然違うそうです。日本企業もずいぶん進出していますよね。今回買ったのはアルファベット表記ではありますが、一応山本山の会社名が入っているので、ちょっと期待です。お値段的にちょっと安過ぎるのが不安といえば不安です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP