fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2022/01/30 (Sun) 08:22
シールがあれば貼るのが本能



こんにちわんこ。
あの子はパパリンに
まるでマワシ
叱られたんだよ、のエンジェルタルです。

これは2006年・二歳の時、タル子ちゃんになる手術の後、傷口を守るために子供用おパンツを履かせられているタルちゃんです。大きすぎるので輪ゴムであちこち縛ってPんどしみたいになっています。


24時間ベビーシッターも三日目です。(←全日のベビーシッター自体は五日目)
これまで↓
ヒタヒタジャブジャブとバイエルン州における制限措
日食文化の継承 +

けふは
朝早くからだんな君がLL=Langlaufski(ラングラウフスキー=クロスカントリスキー)に出かけたので
完全に一人でのベビーシッターでした。
今はワンオペ育児っていうらしいですね。

午前中、
ぐーママが家事をしている間は
ずっとおもちゃを持ってぐーママと同じ部屋・場所に移動していたので

時々ナニヤカニヤ家事のお手伝いをさせて
遊びの代わりにしていました。

掃除機で四角い部屋を丸く掃いてくれたり

パン生地をこねたり
今回はサワちゃんの勢いが弱かったので イーストを使ったBrötchenを焼きました。
今回はサワちゃんの勢いが弱かったので
イーストを使ったBrötchenを焼きました。クープの入り方にこんなに差が出るのはどういうわけ?


おやつ作りも手伝ってくれました。
クリのジャム?クリーム?が余っていたので
栗のケーキにしました。
クリのジャム?クリーム?が余っていたので 栗のケーキにしました。
大急ぎで作ったために
クリームの泡立てが甘くてお化けのようにダレダレなって見た目が、、、、。
でもすごぉぉぉく美味しかったです。

けふはお天気が今ひとつだったので
家事の後は
トランプをしたり
双六をしたり
ジグソーパズルをしたり。
ジグソーパズルをしたり
↑得意げにしていますが、70%はオマちゃん(=おばあちゃん=ぐーママ)の手によるものです。

ぐーママが相手をしてやれない時も
ずっとお利口に一人で遊んでいたDちゃんでしたが

夕ゴハンを作っている時に
LLから帰ってきただんな君が突然

コラ、こんなことしちゃダメだろう!

とDちゃんを叱り始めました。

何事かとリビングに行ってみたら
知らないうちに椅子の下に貼ってあった
製造番号、塗料や布の種類が書かれたシールを
製造番号、塗料や布の種類が書かれたシールを 椅子の脚に貼り替えていた
椅子の脚に貼り替えていたのだそうです。

しかも
ご丁寧に6脚全部。
しかも ご丁寧に6脚全部。

これがないと
塗料を塗り直したり、布を張り替えるときに
正しい色の塗料や布が見つけられないんだぞ。
第一、ここにシールのベタベタがついたらどうするんだ!

家具を異常なくらい大事にしているんな君が
カンカンに怒りながら
シールを元の位置に貼り直しましたが、
家具を異常なくらい大事にしているんな君が カンカンに怒りながら シールを元の位置に貼り直しましたが

一度剥がれたシールは
粘着力が弱くなってしまって
端の方がクルンと丸まってしまいます。

こんなんじゃ、いつか剥がれてしまうじゃないか!

と、またまた怒るだんな君。
またまた怒るだんな君。

Dちゃんにしてみれば
椅子の下に潜って遊んでいたら
シールが貼ってあったから
剥がして別のところにつけてみたくなっちゃったんでしょうね。

子供の好奇心・お試し=大人にとっての悪戯
になってしまうのは致し方ないことです。

お坊っちゃま、貼り替えしている最中は
楽しかったのにねー。


Dちゃんには
何かをするときは

これしてもいい?触ってもいい?

と、訊いてからにするようにと言い聞かせ、
だんな君には

そのシールの写真を撮っておけばいいだけじゃないの。
そんなにキツく叱らなくたって。

と言っておきました。


だんな君という人は昔からそうで
子供達が家具などに傷でもつけようものなら
それはもうこっぴどく叱っていました。

ぐーママにしてみれば、
気をつけていても
子供との暮らしでは
多少なりとも家具や壁などが汚れたり傷がついてしまうのは避けられないことなのだから
そんなに目鯨立てなくても、
そんなら子供が小さいうちは安いPKEAの家具を使えばいいのに
と思うのですけどね。

小さいうちから家具などを大事にするよう躾けておけば
そういう大人になるんだ。

というだんな君の主張もわからなくはないです。

確かに
うちに遊びに来た子の中で
平気でソファーやベッドで飛び跳ねたり
ちょっといい椅子を引きずったりひっくり返したりして遊んだりする子がいてヒヤヒヤしましたから。

ぐー家の子は三人とも
フローリングの床で硬いおもちゃで遊ぶことはしませんでした。
もちろん椅子を引きずるなんてことも。
傷がついたら大変ということを
口をすっぱくして言い聞かせてましたからね。

もちろんDちゃんも
そういうことには気をつける子でしたが、
シールは盲点でした。

せめてもの救いは
シールの跡が椅子の脚に残らなかったことです。



おまけ 

おにいちゃんがお昼過ぎにトロントから帰国しました。
コロナ陽性者と濃厚接触しちゃったMちゃんとの接触を避けるため
今夜はDちゃんとともに我が家に泊まります。

そしてなんと
明日の夜はシアトルに飛ぶのだそうです。

なんとまぁ、不経済な移動だこと。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : 孫守り - ジャンル : 育児

タグ : ベビーシッターワンオペ育児栗のケーキ子供の好奇心悪戯目鯨を立てる盲点

<< 脳の老化防止のために | ホーム | 日本食文化の継承 >>

コメント

うーん、分かります。うちの子はソファーやベッドの上に立ち上がりませんでしたし、ましてや跳ぶなんてことは絶対にしませんでした。友達には○○ちゃん厳しすぎと言われましたが、逆に友達を家に招待したくなかったです。ブルターニュ地方に引っ越してきて友達の年齢が下がったので小さい子がいるお母さんと付き合う事になりましたが、別の友達宅でソファーに飛びあがって遊んで貸してもらった絵本を破ったのを見てやっぱり我が家には招待できないと思ってしまいました。私手づかみで食べるのも嫌でしたし、テーブルの上のパンくずを下に捨てられるのも嫌なんです。かなり神経質かも。


コメントありがとうございます。

* ミネットさん*
<友達には○○ちゃん厳しすぎと言われました>
私もある友達にしょっちゅう言われました。
例えば子供がご飯を食べるときにポロポロこぼすじゃないですか。だからうちはいつも「お皿の上で食べるようにしなさい。そうしたらこぼれてもお皿の上だよ。」と言っていたのですが、その時友達に「まだ3歳にもならないのにそんなに厳しくしなくてもいいじゃない。子供が萎縮しちゃうわよ。」と言われました。 でもこういうことって最終的には本人が将来恥をかくことになるわけですから親の責任だと思うんですよね。案の定、その友達の子供はもう少し大きくなった時に、他の子の誕生会で「〇〇もっときれいに食べてよ。」と周囲の子供から注意されたそうです。その子、うちに来るともちろん?ソファでピョンピョンしましたよ。きっちり「うちではソファでは飛んではいけないことにしているからやめてね。」って言ったら「えー、AちゃんとH君かわいそー。」ですって。価値観・育児観の違いですね。
<手づかみで食べるのも嫌でしたし、テーブルの上のパンくずを下に捨てられるのも嫌>
神経質でもなんでもないですよ。一度初めてうちにお呼びした方が多分無意識にパンくずを手でサッサっとテーブルの下に払い落としたんです。それ以来お招待するのはやめました。誰が掃除すると思っているのよ!


子供ってシールが好きですよね!
うちは貼っていいところを作り、そこに貼っていました。
母親が日本人のご家庭はお行儀に厳しいですよね。
人様に迷惑をかけない!
家できちんとしていれば、外でもきちんと出来る!
うちに来て、勝手にキッチンの引き出しを開けたりするのは、大らか?なこちらのお子さんが多かったかな・・・(笑)


コメントありがとうございます。2

*マリーさん*
おにいちゃんから「Dはうちじゃあちこちにシールを貼って一時大変だったんだ。」という話?苦情?を聞いてはいたのですが(←シールで遊ぶ本などを買ってあげていたのは実はワタクシ)、うちにはシールがなかったので気にしていなかったのです。まさか、こんなところにシールがあったとは、、、。
<勝手にキッチンの引き出しを開けたりするのは、大らか?なこちらのお子さんが多かったかな>
「アイス食べたい。」とか言う子もいましたね。(←もちろんおドイツのお子さん)一番びっくりしたのは、遅くなったのでそろそろ帰らなくていいのかな?と思って「お母さんが心配するよ。」と言ったら「ママは仕事で遅いから大丈夫なの。」って、帰って欲しいのはこっちなのにー。今でいうところの放置子だったのかしら?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP