fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2021/10/16 (Sat) 21:30
わんこを探せなくなったのは



こんにちわんこ。
こないだまでママリンは
スカンクでもいいって、、、
わんこのサイトばっかり見てたんだよ 、のエンジェルタルです。

これは2006年・一歳の時のタルちゃんです。

散歩に行く度に
散歩に行く度に こういふ光景を目にすると
こういふ光景を目にすると

あー、わんこほしいなー。
あー、わんこほしいなー。

と思い、

(暑い時に)だんな君と仲の良いM氏(←すでにお空へ行ったエイミーとパッベルのパパ)が
エイミーとパッベルのパパ)が

ぐー家のテラスでビールを飲むときに
ぐー家のテラスでビールを飲むときに

サムを連れてくると
サムを連れてくると

あー、わんこのいる生活いいなー。
あー、わんこのいる生活いいなー。

とつくづく思います。(関連記事(→いいなぁ



いつも
わんこブログをのぞき込んで
目の保養をしているのですが、

タルちゃんがお空へ行ってから半年たった6月ごろから
Tierheim(ティーアハイム=動物の保護施設)の譲りますコーナーを開くようになり、
Tierheim(ティーアハイム=動物の保護施設)の譲りますコーナーを開くようになり、

この子がいいなー、
この子もかわいいなー、



もしも引き取るなら、、、、
もしも引き取るなら、、、、

と、ひそかに思いながら
めぼしいわんこを探していました。

子犬は理想的だけど
ぐーママとだんな君の年齢的にどうかなー?

でも、シニアの子を引き取って
すぐにお別れっていふのも悲しいしー。

やっぱり4歳ぐらいの子?

それともやっぱりもうわんこは飼わない方がいい?


どれとも決心がつかず
グダグダ考えていたら、

末っ子が、

ママたちに何かあったら
Yがお世話するから飼いなよ!

と言ってくれ、
これまで

もうわんこは飼わない。

と言っていただんな君も
散歩の時に繰り返し言われるわん友さんたちからの

新しいわんこはいつ飼うの?

の言葉に心が傾いてきたようで、(←ぐーママたちと同じ年代で、タルちゃんと同じころにわんちゃんを亡くした後、新しいわんちゃんを迎えた方が数組)

それならとちょっと、、

本格的に探し始めていました。

でも、
ここに来てまた心が揺れています。

といふのも、
FBには

過去の思い出をさかのぼってみる。

といふ機能があって
過去のその日に書いた記事が表示されます。

加えて
ブログ村さんのランキング詳細画面を開くと
右側に
ユーザーの過去記事として一年前の記事が表示されるのです。

一年前の今頃と言えば
タルちゃんの体調が一気に悪くなって
獣医さんにこんなことを言われたり→ついに宣言されちゃったけど
お薬を飲ませるための苦労→お薬をうまく服用させるにはが始まったころです。

といふことは
今後はタルちゃんのつらい思い出の記事がどんどん出てくるわけで、

あの頃のことを思うと

もう、あんな思いはしたくない。

と思ってしまうわけで、、、。



やっぱり一年の喪が明けないうちはダメかも?



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

タグ : わんこのサイトわんこほしいわんこブログTierheim(テァハイム=動物の保護施設)FBランキング詳細画面

<< こんなわんちゃんがいいな | ホーム | 三つ目は作れなかったので >>

コメント

わたしはFBをやっていないのでわからないのですが、お写真が出てくるんですね。でも個人的にはpharyさんたちに1日でも早くワンちゃんを飼って欲しいという気持ちです。


私も最期の空の闘病生活は思い出すのも辛くて、、結構残っちゃうんですよね。
でも、Facebookのもっと何年も前の写真が上がってくると、「あぁ、こんな楽しい時期もあったなー」って思い出させてくれてありがたく思ってます。あと、やはり一緒にいたくうちゃんの存在はおっきかったですね。

時間が解決してくれる人もいれば、乗り越えるのに新しいワンコとの生活が必要だったって人もいれば、もう絶対に飼えない!って人もいれば、、色々な人がいます。
動物病院でよく話になるのが。
ペットが亡くなった飼い主さんが、また新しい出会いがあって、新しい家族とまた動物病院にくる。その時は本当によかったなーって思う瞬間です。


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
FBの他の年の過去記事は懐かしく見るのですが(←孫ちゃんの成長ぶりとか)、去年の分だけはつらいです。
自分の歳のことを考えると、飼うなら早い方がいいとわかっているのですが、、、。

*azuさん*
<Facebookのもっと何年も前の写真が上がってくると、「あぁ、こんな楽しい時期もあったなー」って>
これまでの過去記事はタルちゃんと一緒の散歩の写真とかで楽しく懐かしく見ていたのですが、10月に入ってからは、最初に去年のあのつらい姿が表示されるので、滅入っています。過去記事を見ないようにすればいいだけの話なんですけど。
ペットロスの乗り越え方は人それぞれなんですね。私たちの周囲も同じですが、年齢をものともせずに新しいわんこを飼っている方が多いようです。
Tierheim(動物保護施設)によっては、譲渡する人に年齢制限(60~65歳が多い)を付けているところもあるので、いざとなったら末っ子を前面に押し立てようかとも思っていますが、気分的にまだ先のことになりそうです。


↑azuさんのコメントを拝見して
私が初めてぶうたを連れて、動物病院へいったとき、先代犬がお世話になった先生が、驚きながらもうれしそうな顔してたことを思い出しました。もう12年前のことですが、先代犬をなくしてから1か月経ってませんでした。あのときは、次のわんこ(ぶうた)を迎えることで、乗り越えようとしたタイプでした。迎えてからも泣いていましたけれど(;^_^A。

ぐーママさん、お嬢さんの後ろ盾があるなら、急ぐ必要ないですよね。おめがねにかなうわんこをブリーダーさんからお迎えするほうが、ぐーママさんのおうちには、いいような気がしました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP