fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2021/09/05 (Sun) 08:19
おドイツからおドイツへ国境を越える



こんにちわんこ。
一泊旅行のお写真は
おPっこから湯気も出ました。
いっぱいあってママリンは整理が大変なんだよ、のエンジェルタルです。

これは2006年・一歳の時のタルちゃんです。

けふは旅行の写真整理をしようと思ったのに
おねえちゃんが突然来ることになって
その上
おにいちゃんとDちゃんもゴハンを食べに来るといふので(←Mちゃんはお仕事)

エビのスパゲッティの予定を変更して(←エビが二人分しかなかった)
ドイツのじゃがいもサラダを作ってみんなで食べました。(こちらにお写真アリ→2020年クリスマスイブ

予定外のこととてソーセージが足りなかったので
おねえちゃんに途中で勝ってきてもらい、
デザートはおにいちゃんがシュークリームを買ってきてくれました。

が、

ぜーんぶ写真なしです。

だって

ゴハン作りながら同時進行で
おやつ用の
今年3回目のプルーンのケーキを焼いたので
すっかり忘れてしまったのです。

プルーンのケーキを食べてしまってから
プルーンのケーキを食べてしまってから あ、写真! と気が付いたのです
あ、写真!

と気が付くといふ、、、。



ボーデン湖方面へ一泊旅行したことを書いています。

Pfahlbau Museum (プファールバウ博物館)→湖上の村を後にして

引っ越した友達の家を訪ねた後
ホテルに移動しました。

友達の家はスイスとの国境の町にあり、
ホテルも車で15分ぐらい離れた
おドイツ国内にあるのですが、

そのホテルにたどり着くには
そのホテルにたどり着くには 一度国境を越えて
一度国境を越えて

スイスに入り、
スイスに入り、

数kmも走らないうちに
1kmも走らないうちに また国境を越えて
また国境を越えて

おドイツに入るといふ道程でした。
おドイツに入るといふ道程

なぜなら
国境がこんな風になっているからです。

なぜなら 国境がこんな風になっているから

スイス領がちょっとライン川を越えて
おドイツ側にはみ出しているのです。

いつ
だれが
どういふわけで

こんな国境を決めたんでしょうね?

こんな国境を決めたんでしょうね?

普通に考えればライン川を国境にするようなものなのに。

スイスはEU加盟国ではないので
国境でパスポートコントロールがあるのかと思ったのに
なにもありませんでした。

自転車で国境を越えている人もいました。
この辺の感覚が島国の日本人にはわかりませんね。

たとえて言うなら
県境を超えるようなもの?


夜に友達がホテルを訪ねてきて(←もちろんスイスを通りぬけて)
夜に友達がホテルを訪ねてきて テラス席で一緒にゴハンを食べました。
テラス席で一緒にゴハンを食べました。


ぐーママことpharyはマラクヤジュースの炭酸水割。
ぐーママことpharyはマラクヤジュースの炭酸水割。 お友達はPilsビール
お友達はPilsビール。

だんな君はいつもの黒ビールがなかったので
だんな君はいつもの黒ビールがなかったので Weizen 🍺
Weizen 🍺。

前菜はカルパッチョ。
前菜はカルパッチョ

だんな君とぐーママのメインはFischteller(フィッシュテラー=サカナの盛り合わせ)。
だんな君とぐーママのメインはFischteller(フィッシュテラー=サカナの盛り合わせ)。
ゴハンの上の黒いのは
一瞬

キャビア!?

と思ったのですが、
そんな高価なもののはずもなく
軽い塩味の黒米でした。

サカナもお米もソースもすごくおいしかったのですが、
いかんせん、お腹がいっぱいで
もったいなかったのですが、
ライスを残してしまいました。(←あぁ、もったいない。神様、コックさんごめんなさい)

友達はポークステーキとポメス、それにミックスサラダ。(←写真なし)
友達はポークステーキとポメス、
肉が小さく見えますが
けっこうボリュームがありました。

食べているうちに陽が暮れてきました。
食べているうちに陽が暮れてきました。
テラス席から見えるあの辺りはスイスです。

日ッチウは半袖でも暑いくらいだったのに
日が落ちると一気に気温が下がります。
ジャケットを着、 首にスカーフを蒔いてもまだ寒かったです。
ジャケットを着、
首にスカーフを巻いてもまだ寒かったです。


おまけ

チェックインするとき
コロナのワクチン接種証明を見せなければならず、

ドキドキしながら
スマホに入れたデジタル・ワクチン・パスポートを見せました。

うわー、通用したー!

ちょっと感激ものでした。(←当り前、通用しなかったら困る)



おまけ 2

厨房の前でスタンばっているのは
このホテルの看板わんちゃん。
厨房の前でスタンばっているのはこのホテルの看板わんちゃん。ステーキのおこぼれ待ち?
ステーキのおこぼれ待ち?

声をかけたら
声をかけたら

やってきて
やってきて

愛嬌振りまいてくれました。
愛嬌振りまいてくれた。 おやつ持ってなくてごめん。
かーわーいー!

おやつもステーキも持ってなくてごめんねー。



続きます→ラインのほとりの小さな古都Stein am Rhein



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : 一泊旅行国境の町国境を越えるスイスライン川コロナのワクチン接種証明ホテルの看板わんちゃん

<< ラインのほとりの小さな古都Stein am Rhein | ホーム | この季節の新しい風物詩? >>

コメント

うひょひょ♪かわいーーーーい!
たまりませんねぇ(^o^)/
私は、猫のいるお宿に泊まって、猫をなでなでしたら感極まりました(≧▽≦)

夕景の向こうは、スイスだなんて、素敵すぎます。
おドイツとスイスの国境って、埼玉と茨城みたいなんですね。(狭い視野で恥ずかしい)


スイスを通り抜けてドイツ在住のお友達同士が会うってすごいですね(o^―^o)ニコ。テラス席のお食事、夏ならではですが、今年はそちらも寒かったことでしょう。こちらは今日夏日になりました。9月に入ったのにね。お料理の写真、美味しそう!遠出してお友達と食事だなんていいなぁ💓。


コメントありがとうございます。

*つまさん*
看板わんこや看板にゃんこはフレンドリーな子が多いから触り放題ってところが嬉しいです。ねこちゃんもけがやわらかくて触りがいがありますよね。
<おドイツとスイスの国境って、埼玉と茨城みたい>
県境も誰がどうやって決めたのでしょうね?幕藩体制のころから続いているのでしょうか?本文にも書きましたが、ライン川という自然の境界線があるのに、どうしてここの部分だけドイツ側に跳び出ちゃったのかがすごく不思議です。

*ミネットさん*
おドイツとおフランスの国境でも同じ様なところがあるかもですよ。陸続きの国境ってホント誰がどうやって決めたのか不思議です。昔ならともかく、近代・現代はそこに住んでいる人たちの意志とかも考慮・尊重されたんでしょうか?このラインのこちら側のスイス領の住民は「スイスは税金も物価も高いからドイツになりたい。」とか思わないのでしょうか?
今回は幸いなことに二日とも暑すぎず寒すぎず、日中は半袖で過ごせる快適なお天気でした。でも日がかげるとかなり気温が下がりました。それを見越してジャケット、スカーフを持って行ったんですけどね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP