fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2021/03/11 (Thu) 08:41
40年以上も気が付かなかった



こんにちわんこ。
ママリンはすごく
20060227002439.jpg
物持ちがいいんだよ、のエンジェルタルです。

これは一歳の時のタルちゃんです。


大学時代、
ぐーママことpharyはスキー部でした。

ぐーママが一年のときの部員は
一年はぐ-ママを含む女子が三名
二年生男子一名
三年生男子が一名

計5名といふ小所帯。(←4年生も一人いましたが、卒論とか終活で忙しかったのでトレーニングにはなかなか参加できなかった)


ある時大学にやってきたOBが
この女子三名に
おそろいのハイネックシャツをプレゼントしてくれました。

それを、
40年以上たった今もまだ着ています。
40年以上たった今もまだ着ています。
もう、ぐーママったら物持ちよすぎでしょ!


正直に書くと

頂いた当時は
この色合いのあまりの派手派手しさ

うぶだったぐーママたち三人は
これを着る勇気がなくて
在学チウは一切着なかったんですよね。

卒業してからも
ずっとタンスの肥やしになっていたのですが、

おドイツに来てから

周囲のことを気にしなくなったといふか、
おドイツだったら全然派手に見えないといふか
年を取って恥知らずになった着るものの好みが変わったといふか(←今はこのデザインすごく好きです)

ようよう着るようになって早30年以上

それでもずいぶん長く来てますよね。


でも、いまだに

ほころびも
擦り切れも
色あせも
一切ないんですもの。(←当時のMADE IN JAPANすごい!)

捨てる理由がないです。


ただで3枚もくれたのだから、

無名メーカーの安物かな?

と、ずっと思っていたのですが、

先日ふと見たら、

まさかのPサント!
まさかのデサント!
40年以上の時を越えてやっと気がつきました。

洗濯タグも
全く擦り切れてないし
色あせてもいないところがまたすごいです。


当時
用具やウエアをそろえ、
合宿や試合に行く旅費・リフト代をねん出するだけでいっぱいいっぱいだった
貧乏学生には手の出なかったメーカー品です。

T先輩、
あらためて
ありがとうございまーす。ペコペコ(←って、このブログ、T先輩は見てないよ、きっと)


これに限らず、
就職した年に買ったブラウスやブレザー、コートをまだ着ているとか
我ながらすごいと思います。(←スカートはダメ。ウェストが4cmも太くなっちゃったもの)


今思い出したものだけでもこんなものも捨てないでいました。 ↓
中学時代の縦笛→秋休みホームコンサート
子供たちが使ったお弁当箱→本人のたっての希望なので
大学時代のオーバーズボン→久しぶりにLanglaufski
おねえちゃんとお揃いで買ったセーター→1日遅れの年増祝い
子供たちが使った食器→お豆腐デビュー
おんぶ帯→23年ぶりの復活
オマル→お坊ちゃまの発見
ソリ→橇 (季節外れですが)
ニコラウスの袋→孫ちゃん初めての聖ニコラウスの日

地下を探せばまだまだ出てきそうです。(参考記事→禁断のあそこを
)


衣類で一番古いのはこのハイネックシャツかな?

と思ったら、

これをもらう前に買ったトレーニングウエア二枚をまだ持っていました。

これはタルちゃんと一緒に毎日ジョギング・ウォーキングの時に着用していたので
さすがにあちこち擦れたりほころびた所をつぎはぎしています。(←まだ使う気満々)


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

タグ : スキー部大学OBハイネックシャツ物持ちよすぎ派手派手しいデザインタンスの肥やしMADEINJAPANメーカー品

<< 10年目 | ホーム | 家計から出してもいいよね >>

コメント

物持ちよすぎ!

40年前とは!ん、40年以上?流石です
スポーツメーカーですね
良いものだったんですね
良い先輩!きっと良い後輩だったんでしょう。

今日は3月11日。10年前に震災のあった日です。先月も大きいのが余震として揺れたばかりなので今日は鎮魂の日と言うことで自宅で過ごしてました。
テレビはあの時の映像が流れるのでお休みです。
結構トラウマが残ってたみたい。10年後に自覚するとは思ってもみませんでした。余震は無く過ごせるといいなぁと猫と日向ぼっこしてます。


ほんとに凄いです!
タンスの肥やしを、おドイツに行くときまで持っていくとは笑
荷物少しでも少なく〜とはならなかったんですね。


おぉ、pharyさんってばスタイル良いわ!それにハイネックシャツお洒落な柄ですね。確かに若い時にその柄をプレゼントされても嬉しくないかと思いますが(笑)。昔の服の方が縫製が綺麗だったり洗っても型が崩れませんね。私もこちらでは流行が関係ないようなので昔の服を引っ張り出して着ております。あっ、私も下は入りませんが。。。


いいな~
Pharyさん、その体型を維持されているのですね。
私は、10キロ近く成長(横に)してしまいました。
ウエストなんか20センチ近く!
もう、なにもかもが入らないですから・・・
去年着ていたお洋服もコロナ太りでだめそうです。



素敵~~!

ママさん、

とってもそのトップス、素敵です!
それを選ばれた先輩のセンスは時代の先を行っていたのですね!
そしてモデルをされているママさんの立ち姿が美しいです~。

そのブランドは私は無知で知らないのですが、日本のものは本当に質が良くて長持ちしますよね!
私もかなり古いものを持っています。
思い出品ではなくて、使っているもので一番古いものは高校生の時のものかなぁ、、。



コメントありがとうございます。

*姉さん*
この先輩は卒業した後もしょっちゅう合宿や大学に顔を出して(←現職の教員なのに)いろいろお世話になりました。部員が少ない弱小クラブだったので心配だったのかもしれません。特に私たちの代は女子しかいなかったし。
<今日は鎮魂の日と言うことで自宅で過ごしてました。テレビはあの時の映像が流れるのでお休みです。
結構トラウマが残ってたみたい。10年後に自覚するとは思ってもみませんでした。>
私でさえ、何かの拍子にウッと来るのですから、実際に被災した方々の気持ちは推して知るべしです。
姉さんのコメント、後記事にちょっとコピペさせていただきました。

*azuさん*
あ、そういえばそうですね。なんか当時はそんなことも考えずに、というか、おドイツでは私の服のサイズはめったに買えないと思ってタンスの中のものはよほどぼろでなければ船便で送ったのです。でも、今は重宝しているのであの時段ボールに入れてよかったです。

*ミネットさん*
うふふ、カメラマンがインスタ映えをことのほか気にする末っ子でしたから、きれいに写る角度とか考えてお腹を思いっきり引っ込ませ(られ)、ポーズまでつけられて撮りましたからね。
このシャツをもらったころはまだ大陸の某国製の衣類は少なかったと思います。正真正銘のMade in Japanはさすがの品質ですよ。
<確かに若い時にその柄をプレゼントされても嬉しくないかと>
もらった後に三人で「えー、この柄ー!?ちょっと着る勇気ないわー。」とハモりました。で、着なかったです。あ、試合用のセーターの下に1~2回着たかもしれません。もう記憶があいまいで、、、。
<こちらでは流行が関係ない>
そこがうれしいです。オバさんが若い子と同じような格好をしても目立たないし(←私はしませんできませんが、おばあさんでもすごいきれいな色の服を着ているでしょう。

*マリーさん*
今回のカメラマンは末っ子でしたから、いかに良く見栄えがするかすっかりお任せにしての撮影でしたからら、実際より細く見えています。私は着やせするタイプなので、脱いだら(タプタプが)すごいんです。オホホホ。
<ウエストなんか20センチ近く!>
だってマリーさん、もともとが細すぎだったもの。それは幸せ太りってやつでしょう。

*ハルママさん*
今回はポーズやらなにやらあれこれ末っ子に指示されての撮影でした。彼女はうまいんですよ、大したものじゃないものをそれなりに撮るのが。
<使っているもので一番古いものは高校生の時のもの>
ええええええーっ、それはすごい、負けました。なんでしょう、この悔しいような、お仲間がいてうれしいような複雑な気分は?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP