FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2021/02/26 (Fri) 08:26
おドイツ以外の国に住んでいる方に



こんにちわんこ。
きのふの記事に
床屋は嫌い1
付け足しなんだよ、のエンジェルタルです。

これは一歳の時のタルちゃんです。


きのふの記事→日本映画のOnline上映
おフランスにお住いのミネットさんと
アメリカにお住いのLynnさんから
コメントをいただいて気が付いたのですが、

おドイツ語が苦手な方のためにちょっと説明しますね。


この無料映画を観るためには
メールアドレスを登録しなければなりません。

「auf der Webseite des Japanese Film Festival 」と書いてあるここ ↓ をクリックすると
ここをクリックすると


こういうウインドウが開きますから
こういうウインドウが開きます
そこで必要なことを書きこんで登録してください。


それからここが重要なのですが、

映画の配信は
指定の時刻から24時間続きます


例えば 

初日一本目の「前田建設ファンタジー営業部」は

ドイツ時間26日の朝9時から上映となっていますが、
27日の朝9時まで配信していますから、

時差の関係や、
その時間は用事があるから見られないという方も大丈夫、
好きな時間に見られますよ。


ぐーママことpharyは
すでにネットで予告編を見たりして
見たい映画を絞り込みました。

皆さん、日本映画たっぷり楽しみましょうねー。




おまけ

実は
最初ちゃんと説明を読んでなくて

えー、朝9時からー!
次の映画が11時からー!

うちのことなんにもできなくなっちゃうじゃない~。(←どうせそんなに真面目にしないくせに)

働いている人も見られないしー、
不便ー!

と思っちゃってたぐーママです。


ケルンJapanisches Kulturinstitutの担当の皆様ごめんなさーい。ぺこぺこ

こんな素敵な企画を立てくださってありがとうございまーす。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : 日本映画のOnline上映 ドイツ語 メールアドレス 登録 24時間配信 見たい映画 Japanisches Kulturinstitut

<< だから、映画だってバ! | ホーム | 日本映画のOnline上映 >>

コメント

pharyさん、登録したのですが、なんとフランスでは見れません( ノД`)シクシク…。
「あなたのお住いの国からはみれません」って出るんです。この期間に見れるのはドイツ、イタリア、スペイン、ハンガリー、エジプトだけのようです。残念。


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
えええええええーーーーーっ、かわいそーーーー。
私たった今二本目を見終わったところですよ。(←家事そっちのけ(#^.^#))
そういえば字幕タイトルの中にフランス語がなかったような、、、、。期待させてしまってごめんなさーい。


ママさん、

それは耳より情報ですね!!
そしてご丁寧な登録の仕方もありがとうございます!
チェックしてみます~~。

どうぞ良い週末をお過ごしください。

ハルママ


Pharyさん、調べて下さってありがとうございます。
るんるん気分でアカウントを開きましたが、
おフランスの方と同じく、アメリカからは見れませんでした。
国ごとにグループ分けされて上映期間が違ったようで、米は12月に終了してました。
じゃんねんネン。しかし、このサイトっておドイツ主催なんですよね。いや、ヨーロッパ主体なのかしら。進んでるなあと思いました。


遅くまで観てしまったので、
ブログの更新がお遅れてしまいました!(涙)
というのは、
夫と一緒だったのです・・・
(これが最初で最後だとおもったので一緒に見ました)
ドイツ語の字幕がなかったので英語で見ました。
(イタリア語とか5~6カ国語あるのに、ドイツ語がない!)


コメントありがとうございます。2

*ハルママさん*
ごめんなさい、Lynnさんがお書きになった↓ようにどうも北米からは今回の映画は見られないようです。ちゃんと調べてから記事ににすればよかったです。説明を斜め読みにしてはいけませんね。

*Lynnさん*
期待させてしまって申し訳ないです。ごめんなさい。まさか国によってみられないとは思ってもいませんでした。
今回の主催はケルンにあるJapanisches Kulturinstitutですが、ミュンヘンもコロナがなかった頃は、独日協会さんが、月一回日本映画を(先着順でしたけど)無料上映してくれていました。

*マリーさん*
私もだんな君と一緒に見ました。
見始めてからおドイツ語の字幕がないことに気が付いてガガーーーンでしたよ。おドイツにあるJapanisches Kulturinstitut主催なのにおドイツ語字幕がないのは画竜点睛を欠くですよね。うちのだんな君はあまり英語が得意ではないので、私が通訳しなければならず、おかげでどっと疲れました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP