fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/11/03 (Tue) 07:37
咲かぬなら、咲くまで待とう


こんにちわんこ。
ママリンがビックリ
ママリンがビックリ そして大喜びなんだよ
そして大喜びなんだよ、のタルです。



ぐー家には
咲かずのシャコバサボテンといふものがありまし

「た。」

そう、過去形なのです。

なぜなら、
この咲かずのシャコバちゃんは

買って以来25年以上も咲かなかったのに
突然 ↓
2019年5月→いらん子扱いだったのに
2019年11月→今年二度目の開花・いったい何が?
2020年2月→ちょっとした虐待扱いだったのに
2020年5月→2020年5月 庭仕事・続き

と、連続して咲いたからです。
そして今、また蕾をつけています。

もう咲かずではありません。


ところでぐー家にはまだたくさん
長年花をつけない咲かずの鉢植えがあるのですが、(←買った時にはきれいに咲いていたのに、その後咲かない)

そのうちの一つ、
大きなシャコバサボテンが

見てください!
大きなシャコバサボテンが 見てください!
この大きなシャコバサボテンは
いつ、どうやって手に入れたか、どんな色だったかも忘れていたのに、
葉っぱだけはどんどん茂らせていたのが
初めて花をつけたんです。

しかもこんなに蕾が、、、、。
しかもこんなに蕾が、、、、。
肥料の種類を替えたからかしら?

上から見るとこんな感じ。
上から見たシャコバサボテン


なんにしても嬉しいです。


そしてもう一つ

完全に死んだと思っていたカニサボテンが

復活しましたー!
完全に死んだと思っていたカニサボテンが 復活しましたー!

このカニサボテンはね、
シャコバちゃんより古いのよ。
このカニサボテンはね、 シャコバちゃんより古いのよ。
この家に引っ越してくる前からあったから
もうたぶん30年位古い?

ハダニが付いたり
根ぐされを起こしたり
もう何度も死にかけて
その都度奇跡的に生き返ったけれど
花だけは咲かなかったのね。

これも、もうだめだと思っのだけれど
悪くなった葉っぱを全部ちぎった後に残った古ーい株
っていうか根元の方を
惰性?で新しい土に突っ込んでおいたのです。
それが、

たった一つとはいえ花を咲かせるなんて、、、、。
たった一つとはいえ花を咲かせるなんて、、、、。
しつこく粘った甲斐がありました。

オカーサンはうれしいっ!

いっそ枯れてくれたら捨てられるのに、、、とか言ってたくせに。
いっそ枯れてくれたら捨てられるのに、、、とか言ってたくせに。

いーじゃない、
それでも見捨てないでいたんだから。

家にあるあと二つのカニサボテンの鉢は
すべてこの株から増やしたものです。

こっちも咲くといいなー。



おまけ

あとどうしても花が咲かないのはカランコエです。

去年Mちゃんが母の日にくれた寄せ植えのカランコエ→2019年母の日がもっさりしたので
今年の春先に切戻して差し芽にしたものと合わせて3鉢、

葉っぱだけはどんどん茂って生き生きしているのに
花芽が付きません。

親木の方はまたもっさりして見た目が悪くなってきました。

でも、ま、
まだ一年だし。

シャコバちゃんやカニサボテンちゃんのこともありますから
気長に待とうと思います。

あ、これまた25年後なんて言ったら、ぐーまま、もうこの世にいないかもー?( ;∀;)


問題は置き場所だわ。

切戻したりしたものをすぐ差し芽にするから、
どんどん鉢が増えるのです。(←葉っぱ一枚でも、もしかしたら増えるかも?と思ふと捨てられない性格)


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : お花達 花を楽しむ - ジャンル : ライフ

タグ : シャコバサボテンカニサボテンカランコエ咲かずの鉢植え完全に死んだと思っていたのに復活葉っぱだけはどんどん茂る気長に待とう

<< これもコロナのせいで、、、 | ホーム | 秋の日は釣瓶落とし >>

コメント

うちに今年咲かなかったのはベゴニアです。毎年綺麗に咲いていたのにどうしたことでしょう。カランコエはダラダラ(?)とずーっと咲いています(笑)。私はシャコバサボテンが好きなのですが、なぜか毎回枯らしてしまいます。きっと旦那が植え替えをするせいだと思っていますが。。。旦那も挿し芽をいっぱいして楽しんでおります。私は天井張りの方を頑張って欲しいです_| ̄|○。


綺麗に咲きましたね。
サボテンのお花は綺麗。
さすが、Pharyさんは緑の指をもつ女性!
羨ましいです・・・



置き場所!絶対大切ですね。きっと日当たりとかが気に入る場所に移ったのでしょうか?
我が家の居間の大窓、北東向きで蘭、セントポーリア、カニ蘭に向いているようで、蘭はいくつも花芽を付けています。セントポーリアは今お休みみたいですが、カニ蘭も花芽がたくさんついてきました。夜の温度もお花が咲くのに影響するみたいです。こちらは寒いので、もう全室暖房を入れていますが、夜はかなり温度を落としています。それがきっかけになるのかも。

うちにも何十年物の観葉植物あります。ほぼ息子と同じくらいの年齢です。

おドイツ、又シャットダウンするのでしょうか?アメリカは今日は嵐の前の静けさです。開票して結果がたぶん出ている明日が怖いです。


励みにします!

ママさん!!

我がクリニックにも咲かずのクリスマスカクタス(シャコバサボテン)があり、私はずーーっと念じて一生懸命に育てているのです。
一度か二度だけ一つ二つお花を付けてくれたのですが、それ以後はむっつりしています。
なので、ママさんのサボテンの様子を見て、とっても嬉しかったです~!
頑張りますね!!


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
えー、カランコエ、うらやましいです。何かコツがありますか?
ベゴニアは私も毎年咲いていたのを、去年庭小屋で冬越しさせてダメにしました。元が売れ残り品で二束三文で買ったのがうまく咲いて、しかも株分けまでして3年ぐらい楽しんだので元は取ったのですが、それだけにダメになった時はだんな君を恨みました。
フフ、お宅のだんな様、花にかまけて現実逃避しているのでは?

*マリーさん*
いえいえ、これも、いつダメになるかわかったものではありません。何しろ何をしたという自覚がないのにこんなに咲いたので、じゃ、これからもうまく咲かせられるかというと全然自信がないです。偶然に頼った園芸です。

*洋子さん*
いえ、ところが、シャコバちゃんもカニちゃんも置き場所はほとんど変えてないんですよ。だから不思議なんです。今までの咲かなさっぷりは一体何だったのだと?っていうか、今回たまたまきれいに咲いただけで
、またあとで咲かずの、、、になるのではないかという心配が、、、。
セントポーリアもきれいですよね。一時セントポリアに凝っていた時期があって、葉っぱの差し芽でどんどん増やしていった時期がありました。それこそそこらじゅうセントポーリアだらけで。でもあ、あれって葉が横に広がるから植え替えとかが難しいじゃないですか。(土がうまく入れられない)いつの間にか熱が冷めて今は一本もありません。でも、また始めて見ようかな、、、?(←だから置き場所どうするの?もう場所がないよ)
<何十年物の観葉植物あります。ほぼ息子と同じくらいの年齢>
まだブログデビューさせていませんが、うちもあります。一本はもう大きくなりすぎて、どうしようもない状態です。(←鉢を移動させることもできない)でも、これだけ長く一緒にいるともう惰性で水やり、、情が移って、、。

*ハルママさん*
クリニックに置いてあるということは、きれいな状態なのでしょう。うちのカニちゃんは、ホントもうボロボロで見た目も悪く(↑の写真の根元当たり診てください)なるべく人目につかないところに追いやっていたんです。それでも咲きましたから、ハルママさんもあきらめないで。毎日声掛けしてやってください。そういう私はこのカニちゃんやシャコバちゃんに「もう、いつになったら咲くのよ。いくらママでも我慢の限度ってものがあるよ。」なんて脅しをかけていたんですけど。i-229
i-278あ、その脅しが利いたのかしら?


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


*管理人のみ閲覧できます・Pさん*
いつも読んでいただきありがとうございます。
短日処理をしなければならないと言うのは知っていましたけれども、それはつまり真っ暗にしなければいけないと言う事なんですね。電気の光が届かない部屋の隅っこに置いていたのですが、甘かったです。3ヶ月頑張って地下室に移してみます。
差し出がましくなんか全然ないです。わざわざ教えて下さってありがとうございます。感謝です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP