FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/09/20 (Sun) 08:58
新聞難民からの脱出なるか?



こんにちわんこ。
パパリンはけふから
パパリンはけふから 新しい新聞に替えたんだよ
新しい新聞に替えたんだよ、のタルです。



ぐーママことpharyが勝手に選んで(←安かったから)
8年ほど定期購読していた新聞の契約が
1月で切れました。

と、いうか切りました。

だって、大幅値上がりしたんですもの。

まぁ、元が破格値だったのですから
そのまま継続してもよかったのですが、

だんな君としては
もともと
ぐーママが勝手に決めた新聞だったので

今度は自分で気に入ったのにしたい。

ということで他の新聞に替えることにしたのです。


おドイツは
二週間無料お試し購読ができる新聞がいくつかあって
よく、スーパーの前なんかで

いかがですかー?

と、セールスをやっています。


そういうお試しをそれこそいろいろ試してみたのですが、

Süddeutsche Zeitung(ジュードドイチェツァイトゥング=南ドイツ新聞)はどーたらこーたらで、、、(←以前は定期的に買って読んでいたくせに)
Die Weltはなんたらがかんたらで、、、、
Die Zeitはどーのこーので、、、
(Tages ZeitungやAbentZeitungなどはもってのほか)

帯に短したすきに長しらしく、

すっかり新聞難民になってしまっただんな君です。


今回選んだのは
今回選んだのはFrankfurter Allgemeine(フランクフルトターアルゲマイネ)紙
Frankfurter Allgemeine(フランクフルトターアルゲマイネ)紙

バイエルンに住んでいるのに
なぜにフランクフルト方面の新聞?

とは思ったのですが、
まぁ、物は試しです。
ちなみに

ぐーママとしては

たいてい見出しだけ見て
興味のあるところしか読まないので

パズルとスポーツ欄が充実していれば、、、、。(←ちゃんと読みなさい)


果たしてだんな君のお気に染まるでせうか?



おまけ

定期購読する新聞に関してはこんなことも重要だと思います。→コンパクトがいい

このころはSüddeutsche Zeitungを二週間の無料お試し購読していました。→新しいマイブーム



おまけ 2

ぐーママがおドイツに来てビックリして事の一つは

日本と違っておドイツでは
新聞の定期購読をする人は少ないってことです。(←今の日本はどうか知りませんが、当時は大抵の家が新聞の定期購読をしていました)

じゃ、どうするかっていふと
読みたいときに
スーパーや、本屋さん、キオスクや街角の新聞売りの箱から買って読むのです。

昔はだんな君も
通勤の途チウでSüddeutsche Zeitungを買って読んでいました。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : 新聞 定期購読 無料お試し購読 帯に短したすきに長し 新聞難民 Frankfurter Allgemeine ドイツでは 新聞の定期購読をする人は少ない

<< 斜めは嫌 | ホーム | しょっぱなから無慈悲 >>

コメント

私の身の回りでは新聞取らなくてネットニュース読んでる人の方が多いかも。
うちではずっと紙の新聞です。本も紙!

ドイツでは、行きの飛行機で新聞もらい、
(ルフトハンザでは数年前、いえ10年くらい前はドイツのファッション誌など雑誌ももらえてましたが)
天気予報のページを熟読し、他は拾い読みと言うか…眺める程度。理解できる単語が少ないもので。

それもエコノミーのサービスが減りつつあるので次回乗った時は『機内誌』しかないかな?
行でもらった新聞はお土産の梱包に重宝したものです。
機内食の黒パンがいつの間にかバターロールに替わってたのも残念。

数年前のおひとり様限定フランクフルトクリスマスマーケットめぐりツアー(往復+宿泊込みで10万!という魅力的なお値段)で泊まったホテル、食事もまずまず、フロントに炭酸も作れるウォーターサーバーもあって心地よかったけど、自由に読める新聞が、中国語しか無かった。。。
利用者は、その時はほとんど日本人でしたが。


追記。
フランクフルトのホテルにて朝食の時、なんでドイツなのにドイツ語の新聞無いんだ?
と思ったものです。


今はネットで色んな記事が読めますが、昔は親が日本の新聞をまとめて送ってくれてて、貪るように読んだものです。ネットと違って紙の新聞は特に興味がない記事も読んでみるのが利点ですね。
1枚目の写真、可愛いですねー。ワンちゃんもこういう風にお腹の上にのってくるんですね。うちの旦那もよくお腹に猫をのせています(笑)。


アメリカでも紙の新聞読む人は少なくなりました。昔はほとんどの家庭に新聞配達されていたのに、今は本当に少ないです。うちは主人が隠れ昭和の日本人なので、もちろん紙の地方紙を取ってます。今年、突然料金が倍になりました。私一人だったらキャンセルするのですが…
私はニューヨークタイムズ(一応ニューヨークからですが、全国的な新聞です)をネットやアプリで読んでます。政治や社会的な記事はとても深いので好きです。(それにリベラルだし)
日本も新聞読む人減ってるらしいです。母がいつも「最近の人は新聞読まないから」と文句言ってます。年寄りにありがちな文句ですけどね(笑)


コメントありがとうございます。

*みどりのインコさん*
飛行機でもらう日本の雑誌、新聞類は全部持ち帰って、友人知人にまわすのがお約束でした。今はもうそんな太っ腹なサービスはないのですね。それでなくても節約モードだったのに加えてこのコロナですからね。
<フランクフルトクリスマスマーケットめぐりツアー(往復+宿泊込みで10万!>
ちょっとそれって安すぎません?下手な往復飛行機代より安いですよ。儲けが出るのか、他人事ながら心配になるレベルじゃありませんか!それじゃ、中国語の新聞だけでも文句言えませんよ。

*ミネットさん*
そうそう、荷物を送ってもらった時のクッションになっていた新聞までしっかり伸ばして読んでいましたよ。広告の文字までしっかり。とにかく日本語の活字に飢えていました。将来のためにって雑誌や文庫本をいやというほどためて、今はそれをなんとか処分しなきゃと思っています。まさかこんな世の中になるとは、、、。
うちもネット版の新聞も試してみたのですが、だんな君はやっぱり紙がいいみたいだし、私もそこに新聞があれば手に取って、たとえ見出しだけでも目にするのですが、ネット版だとつい日本のサイトに行っちゃって、おドイツ語を読む機会がなくなっちゃうんですよね。
だんな君がソファーに横になってテレビを見るとき、タルルンの定位置はだんな君のお腹の上です。タルルンはねこちゃんより小さいのでこういうことができるのです。

*洋子さん*
<今年、突然料金が倍になりました。>
あ、やっぱり?以前とっていた新聞もいきなりの値上げで定期購読をやめたのです。何が原因でしょう?コロナ?でも、うちの新聞が値上がりしたのはまだコロナが対岸の火事だったころなんですよ。
うちのだんな君もネット版も読みますが、根が昭和な人間なので、紙の方が心地よいみたいです。私も、どちらかというと紙の方がいいです。
<政治や社会的な記事はとても深いので好きです。>
洋子さん、さすがですね。私が好きなのは三面記事とスポーツ欄ですよ。i-229


激安(?)フランクフルトツアーですが、カタール航空で23時離陸でした。
ドーハだったかドバイだったか(中東の地名怪しくて…)乗り継ぎですが、そこまででも10時間くらい、便により4時間~8時間の乗り継ぎ待ち、そこから8時間乗った気が。
乗り継ぎは確か6時間で、横になれる座椅子みたいな部屋で少し仮眠。片道合計、20時間超えでした。
エコノミーなのにアメニティ(耳栓とアイマスク、ゆるゆる靴下)が付いてました。

乗り物酔いはしなかったけど、移動疲れが・・。。
ヨーロッパ線は9~10時間で行けるフィンエアが楽ですね。ANAでマイル貯めてたのでルフト利用が多いですが。

そうそう、このおひとり様ツアー、添乗員居ました。
半数の参加者が、添乗員居ることに安心感持ってたのですが、自由行動の時、「ここが地下鉄(またはバス)の乗り場です」みたいな解散で、途方に暮れた方々から切符の買い方訊かれました。
別の人は「〇〇って見る価値あります?」いや~私、ここ初めてなんですけど、と答えつつ、その辺の価値観は個人個人違うので私に訊かれても~なんて。

最後の日は日曜日。1軒しか開いてないドラッグストアにて買い物。
「これなんて書いてるの?」 「ビールシャンプーどこ?」 「インコさんはいつも何買ってるの?」 みたいに入れ替わり立ち代わり質問攻め。
両替してくれ、は断りましたが。
頼ってくれるのはありがたいけど、自分の買い物はみんなが去ってから・・。という、影の添乗員みたいなことしてました。

ミネットさんはきっとこんな、お客さんを不安にさせることしなかっただろうな~!



デジタル新聞、目が疲れるからきっとこれからもしない予定♪


コメントありがとうございます。2

*みどりのインコさん*
お安いツアーにはお安い理由があるのですね。若くて体力に自信のある方にはぴったりかもしれません。今の私では無理かな?
影の添乗員業務お疲れさまでした。ほかの参加者にとってはみどりのインコ様様でしたね。そのツアー会社からいくらか頂けばよかったのに。
<デジタル新聞、目が疲れるからきっとこれからもしない予定>
私も、ネット徘徊する癖に、Eブックやデジタル版の新聞とかはダメです。特におドイツ語のものは、シャープペンと電子辞書を片手にちょこちょこわからない単語をメモしたりしながら読むので紙じゃないと困ります。(←同じ単語を何回も調べたりする人なので、、、)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP