FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/09/18 (Fri) 08:01
この歳で!Σ(・ω・ノ)ノ!



こんにちわんこ。
ママリンが新聞を見て
ママリンが新聞を見て あれこれ想像を巡らせたんだよ
あれこれ想像を巡らせたんだよ、のタルです。




今日の新聞に載っていた結婚通知広告。

私たち結婚しました。
新聞に載っていた結婚通知広告。

これを見てぐーママがまず思ったのが、

おぉ、めでたい!

ではなくてー、

この歳で(結婚する気力があるなんて)若いなー。

花嫁が68歳、
花婿に至っては86歳ですよ。(゚△゚;ノ)ノ


でも、よく考えたら
ここはおドイツ

もしかして

このお二人は長年パートナーだったかもしれないです。

ずーっと人生を共にしてきて
最後の最後に結婚という形にしたのかもしれません。


それにしても、

この歳でー?

いまさらー?

と思ったことも確か。


ちなみにこの結婚通知広告は
一般的なものより大きいです。

このひときわ大き目の広告を出すまでに
カリン・Lさんとコンラート・N氏の間に

一体どんなドラマがあったのでせう?



サスペンスドラマだったら

高齢の男性の遺産狙い!?

という展開なんですけど。
(←下衆の勘繰り)



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : 結婚通知広告 花嫁は68歳 花婿は86歳 ずーっと人生を共にしてきて 最後の最後に結婚という形にした? 今更 サスペンスドラマだったら高齢の男性の遺産狙い!?と

<< しょっぱなから無慈悲 | ホーム | 最近だんな君がしてくれたこと >>

コメント

結婚の年齢にも驚きですが、結婚広告が出ることに驚きです。籍を入れない事実婚が浸透してる中で、籍を入れたら盛大に報告するって、面白いです。

因みに沖縄では、人が亡くなると新聞に死亡報告みたいな広告を出します。
妻、兄弟、子供、孫、、くらいまでの親族一同の名前が載ります!


まあ

結婚の年齢にも驚きですが、新聞に報告することにも驚きました。しかも、年齢入れてって。頭の中に色々なシナリオが。。。訳を知りたいです。(笑)


すごいですね!

ママさん、

こんにちは。
アメリカも年齢を気にせずみなさんおいくつになってもご結婚されたり、80過ぎている方が「僕のガールフレンドが」などと嬉しくお話されていたりしますが、86歳でご結婚はすごいですね!
恋をすると若返るので良いことだと思います~。
私はめっきり年取りました、、。



86歳で結婚ですかー。介護してくれている人に財産のプレゼントですかね。会社の元上司(独身男性・定年)が常々、死んだ後にアパートや車を処分して全ての書類関係をやってくれる人に財産をあげたいと言っています。日本の家族はフランス語がわからないから面倒をかけたくないとおっしゃっていました。さて、その方達にはどんなストーリーがあるんでしょうね(o^―^o)ニコ。


そのお年で!と思いますよね・・・
子供やお孫さんがいたらもめそう?ですが・・・
遺産・・・?いえ、愛ですよね!愛!!(そう信じます!)


高齢男性と若い女性。。。

ちょっと前、お笑いの、〇〇茶さんと若い女性。
ほとんど週刊誌読みませんが、色々騒がれてました。

たまに健康番組なんかで夫婦で出演されてますが仲良さげです!

私もまだ諦めてません!
どこかに素敵な男性、転がってないかな~


コメントありがとうございます。

*azuさん*
この結婚広告は誰でも出すというわけではありません。現に私たちは出しませんでした。
新聞に自主的に出す広告もそうですが、お役所が公的に出す広告?公報?もあるんですよ。お役所の方のは、何月何日に誰それと誰それが結婚しますが、異議のある人はいませんか?というお知らせらしいです。聞いたところによると、昔二重結婚を防止するためだったのの名残だとか?
死亡広告はこちらにもあって、地元の広告にはさっと目を通すようにしています。万が一知り合いの人が亡くなった場合ってことがありますから。

*くむさん*
結婚広告自体は時々ありますが、こんなに大きく派手派手しく、しかも年齢入りというのは初めてです。より多くの人に祝福してほしかったのか、自分たちの存在を多く知らしめたかったのか?私も訳を知りたいです。

*ハルママさん*
欧米の方々は日本人と違って幾つになっても恋愛に積極的ですよね。お年を召してもボーイフレンド、ガールフレンドがいると、気持ちも若返るでしょうし、毎日の生活が生き生きしたものになると思います。でも、こと結婚となると、お互いの家族の思惑やしがらみ、遺産や介護の問題もあるでしょうから、そう簡単なことではないと思うのです。しかもこのお二人、特に男性の方は年齢的にも。つい想像を掻き立てられてしまいます。

*ミネットさん*
<介護してくれている人に財産のプレゼント>
私もそれを考えました。あるいはずっと一緒に暮らしてきて、自分がいなくなった時に残された彼女が不自由な思いをしないようにとか、結婚という形にとらわれないで二人で暮らしてきたけれど、最後の最後にやはり法的に夫婦になろうとしたのか?
<死んだ後にアパートや車を処分して全ての書類関係をやってくれる人に財産をあげたい>
そういう考え方もありますね。でも、それを公言してしまうと、悪い人に付け込まれそう。もちろん相応の財産がある場合に限ってですが。

*マリーさん*
お二人に特に財産とかがあるのでなければ、もめることもないでしょうが、逆だったらものすごくもめそう。「結婚してもいいけど、財産は一切相続しませんって、書類にサインしてっ!」とか何とか。

*みどりのインコさん*
歳の差結婚って、国際組には結構多いのですよ。あと年上女房ね。私の友達にも奥さんの方が12歳年上っていう人がいますし、今まで知り合った方で一番の年の差は、奥さんが44歳、ご主人が26歳でした。
結婚って運?ご縁?だと思うんですよね。↑の44歳の奥様は結婚なんてしようとも思わなかったのに、ひょんなことで若いご主人と知り合って、あっという間に結婚しちゃったんです。インコさんだって今後の人生、どこにどんなご縁があるかわかりませんよ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP