fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/09/13 (Sun) 06:47
3歳児の発音指導



こんにちわんこ。
ママリンたらあの子に
ママリンたらあの子に ダメ出しをされていたんだよ
ダメ出しをされていたんだよ、のタルです。



おにいちゃんのところでゴハンを頂いた時→招待したりされたりのこと。

自分の家でも、
オマちゃん(←Oma=おばあちゃん=ぐーママ)と話すときは
ちゃんと日本語に切り替えてくれるDちゃん。(←まだまだ片言ですが)


オマチャン、オイデー。
ミテー。

と、自分の部屋に連れて行ってくれて、
この日は新しく買ってもらったという
パウ・パトロール(わんこのキャラクター)の本を見せてくれながら、
キャラクターの名前を教えてくれました。


が、

Roky・ロッキー
Marshall・マーシャル
Chase・チェイス
Zuma・ズーマ
Skye・スカイ

と、ここまではよかったのですが、

Rubbleの発音ができなくて お坊ちゃまに何度も指導される

Rubbleの発音ができなくて
お坊ちゃまに何度も

チガウシー!
Rubbleダシー!

え、
ラッブル?

チガウシー、Rubble!

ルッブル?

チガウシー、Rubble!

レブル?

Rubbleッ!

ラブル?

Rubbleダシー!

と何度もダメ出しされ
結局OKをもらえなかったぐーママです。しくしく、、、

RとLの発音がだめだったらしいです。(←日本人が一番苦労する発音ですよね)

お坊ちゃまったら
英語のネイティブ発音なのよ~。



おまけ

なぜか「違う。」と言えないお坊ちゃま。

チガウシー

のシーって何?



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : こども英語 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 発音指導ダメ出し日本語に切り替えるパウ・パトロールのキャラクターRubbleの発音ができないRとLの発音がだめだったらしいネイティブ発音チガウシー

<< 朝からテンションが下がる | ホーム | 招待したりされたり >>

コメント

Dちゃん、厳しいですね~
子供の耳ってあなどれないですよね。
私も、子供達に、よく注意されていました。
大きくなったら、あきらめたようで注意もしてくれません・・・
Pharyさん、Dちゃんが教えてくれるうちにしっかりと習ってくださいね!(あれ?)


うふふ、素晴らしい(*´艸`*)。Dちゃんったら英語もしゃべれるんですね。ドイツの英語教育はしっかりしていますよね。フランスは英語が話せる3歳児はいないなぁ、きっと。お坊ちゃまはドイツ語、日本語、英語、大きくなったらスペイン語やフランス語を選択するんでしょうねー。楽しみですね!


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
Ⅾちゃんの発音は耳コピですが、正確です。私も聞いたとおりに発音しているつもりなのに、ネイティブからすると全然違うようです。何度も繰り返すうちに精神的にゲシュタルト崩壊してしまって、もう自分で何を言っているのかわからなくなるという、、、。今回は英語でしたが、おドイツ語ではしょっちゅうあります。例えば子音のあとのüなんかが典型的な例で、Schutzとschützenの種の区別ができません。あ、もちろん話すのも聞き取りもダメです。何年おドイツに住んでいるんだ!と家族に呆れられます。

*ミネットさん*
いえいえ、話しているのではなくて、DVDやCDで聞いた音をそのまま耳コピしているだけなんですけどね。耳コピも小さい子の方が正確にできるようです。私なんか100回聞いてもできないような気がするのに、、、。
私は英語がもともと苦手なんですが、子供たちは学校の成績はともかく(←え?)そこそこ英語は話せ、読み書きもできます。(←仕事ができるくらい)そのほかおねえちゃんはフランス語を日常会話程度、おにいちゃんは韓国語同じく日常会話程度、末っ子はスペイン語を勉強中です。(←いまB1くらい)だから、四半世紀以上もおドイツにいて、いまだに私のおドイツ語の程度がこんなに低いのが理解できないらしいです。語学に向いていない人がいるってことを分かってほしいです。じゃ、ママは何に向いているの?と聞かれるのもつらいところですけど、、、。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP