FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/07/27 (Mon) 08:22
おまけ ラップを使うとき



こんにちわんこ。
ラップを使わないようにしているママリンだけど
ラップを使わないようにしているママリンだけど 時々どうしても使っちゃうときがあるんだよ
時々どうしても使っちゃうときがあるんだよ、のタルです。



前記事(→まだ買わない)のおまけです。


残り物をしまうときはタッPーに移したり
シリコンの蓋、シリコンラップ、シリコンキャップを使ったりしているぐーママです。

レンジで温めなおしたり
調理で材料を加熱するとき
ラップは使いません。

レシピで「ラップをぴったりかけて」というときは
シリコンの蓋でギューッと密閉し、

「ふわっとかけて」というときは
ガラスのふたや
レンジ対応のプラの蓋、時にはお皿をのせたりするので十分です。

おにぎりやお握らないはラップでは包まず
今のママリンはこういうお弁当を食べられないんだよ

直接お弁当箱に入れてしっかり蓋をします。
しかもそのままポンとお弁当箱に入れただけ
おにぎりをラップを使って握るという人が増えているようですが、
ぐーママことpharyは

握る前にしっかり石鹸で手を洗えば大丈夫じゃない?

と思う人なので、
ラップは使いません

だって、昔はみんなそうして握っていたんですもの。


でも、どうしてもラップを使わざるを得ないのは
なので、又スライサーで自力で肉を薄く切らなければならなくなりました。
スライサーで切った肉の薄切りを冷凍するときと(←おドイツでは薄切りの肉はほとんど売っていないので自分で切る)

押し寿司を作るときに
簡単寿司ケーキを作ってやりました
型から簡単に取り出せるように型に敷く時ぐらいです。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : キッチン用品・食器・調理器具 - ジャンル : ライフ

タグ : ラップは使わない おにぎり お握らない 押し寿司 シリコンの蓋 シリコンキャップ

<< 夜回り復活 | ホーム | まだ買わない >>

コメント

以前に読んだブログか新聞記事に他人が握ったおにぎりは怖くて食べれない人が多いって書いてあったと思うんです。気持ちが悪いからもらったおにぎりを捨てた人のことも書いてありました。それ以来、必ずラップで握るようにしているんです。昔は誰もそんなこと気にしていませんでしたよね。。。私はご飯を炊いておにぎりにして冷凍庫に保存することが多いのでラップだとそのまま冷凍→電子レンジで解凍まで出来るので便利なんですよね~。ん~、これは環境に優しいラップに代わるものを作って欲しいです。


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
他人の作ったおにぎりが気持ち悪くて食べられないって他人のことは私もどこかで読んだことがあります。今の日本の人ってものすごく潔癖症ですものね。私の作ったおにぎりはうちの家族しか食べないので素手で握ります。気持ち悪いと思うなら食べなくていいのよ、ということもなく、みんなバクバク食べすぎるくらいなので。
私もおにぎりを冷凍保存しますが、冷凍保存・レンジ対応ができる小型の容器に入れてです。まぁ、生活スタイルは人それぞれですから。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP