FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/05/26 (Sat) 06:52
ダニ、こわーい!

Zecke=ダニの予防注射をしてきました。


こちらのダニは怖いんです。
噛まれると
種類によっては脳炎などを併発して
死に至ることも、、、。


実はうちは今までこの注射、したことがなかったんです。

だってうちが住んでいるところは危険地帯に入っていないし、
噛まれても、
すぐ治療すれば大丈夫と聞いていたんですもの。

ところガッ、

キールに住む17歳になる甥っ子が、
去年、バカンス先で噛まれたのを気がつかないでいて
恐ろしいことに
半身が麻痺しちゃって
学校を半年も休む羽目になっちゃったんです。

幸い彼は回復したんですが、
対岸の火事だと思っていたことが、
急に身近なものに感じられ、

特に今年は記録的な暖冬だったせいで、
ダニの発生率も例年の10倍だとか聞くと、

やっぱり怖いじゃないですか。

備えあれば憂いなし。
やっぱり注射するしかないでしょう。


うちのおにいちゃんは
子供の頃3回ダニに刺されています。
まぁ、森の中で遊びまわっていたから当然なんですが、

太ももの内側と
脇腹と、
首の後ろ。

どのときも夜お風呂に入れようとしたときに私が発見したのです。

幸い毒のあるダニではなかったのですが、
子供も大きくなり
お風呂やシャワーも一人でするようになると、
背中とか自分で見えないところをかまれると
自分じゃ気がつかないんですよね。

で、そのまんまにしておくと
毒が回って、、、
恐ろしいことになるんです。


と言うわけで、
一家4人、お注射することにしました。

同じことを考えている人がほかにもたくさんいるようで、
あちこちで
注射液が足りなくなっているそうです。

Yogacatさんもお薬がないので
注射が延期になったようですが、

うちの末っ子は先週学校の帰りに、
私は今日買い物ついでに
ホームドクターのところに行ってすぐ、
あっという間にしてもらっちゃいました。

だんな君も近日中に受ける予定です。


我が家の5人目、
痛みに弱いおにいちゃんだけは、
ガンとして注射拒否です。

ダニの注射だけでなく、
ジフテリアとか、破傷風とかも
子供のときに受けた注射の効き目がもうなくなる頃なのでしなきゃないんですが、

あんな痛い思いするくらいなら
病気になったほうがましなんですってさ。

バカだね。
病気になったらそれこそ
何本も注射とかされるじゃないの。

ボクだって一年に一回お注射してるのに。
ボクだって一年に一回お注射してるのに
大暴れして、ガッツリ押さえ込まれながらね。

な、なんだっておにいちゃんがお手本なんだいッ。
何だっておにいちゃんがお手本
んなこと、まねしなくていいから。



ダニッとタルッとクリックお願いします。



関連記事

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< あぁ、思い込み | ホーム | 不幸な事故 >>

コメント

うわ~、怖いですね・・・。甥っ子さんも大変でしたね。回復されているそうですが、どうぞ引き続きお大事に。
そういえば、フランスに来る前に、ヨーロッパの医療事情みたいな話しをお医者さんから聞く機会があって、そのときにドイツの森には入らないように!と言われました。
お住まいの方は多少免疫があったとしても、日本人の旅行者は無理なんでしょう・・。(次回の旅行は日本なんですね。うちはフランス国内を予定してます。うーん、2度あることは3度あるにならなかった?!)


pharyさ~ん、ダニやっぱり怖いですね。甥っ子さん、半年も学校を休まれたんですか・・・。お兄ちゃんはそれでも行かないのぉ・・・。
ところで、隣町に住む予防接種済みのお友達に聞いたら、彼女達も予約はしていたけれど、予防接種はその場ですぐにできたらしいです!!どういうこと~~?! 
うちがいったドクターは、「もし他の薬局でワクチンが手に入ったら予約無しでも打ってあげるから、いつでもおいで」と言ってましたが、肝心のクリニックが来週から2週間休暇お休みじゃないですか~!!
休暇天国のドイツ、待つしかないです・・・。


こわ~いこわ~いとっても怖いです。
ドイツの森は色々なものが潜んでいるのですね。そうともしらず、今までずんずんと入っていってました。これからドイツに行ったときは気おつけないと。
おにいちゃんはそんな怖いこと知ってても注射嫌なんですね~頑固だわぁ~。確かに病気になったら、何十倍もの多さの注射が待ってますもんね。pharyさんの言う通り。もうちょっと脅してみたらどうですか?タルちゃんのおにいちゃんの真似っこ。男前でかっこいいですね♪


Zeckeは怖いですよね~。
ドイツに住むと分かってからず~~っと怖かったです。
我家で刺された事があるのは私だけなのですが、
その時私が外を出歩いた距離は、
家から近所のスーパーの往復のみです。
(ず~~っと前、pharyさんと偶然会ったスーパー←覚えてますか?)
森以外にもいるので、気をつけて下さい~。



私も来週でやっと3回目のワクチン。
ようやく終わります。
めっさ痛がりの恐がりの私でも痛くないと思ったので、おにーちゃん、ぜひ打ってください。
Zecke、怖いですよぉ~。
そういえば私も2回目の時、在庫がないから…と言われました。
やっぱりみんな考えることは同じですね。


コメントありがとうございます。

*ルビママさん*
ドイツでも、森を歩くときはなるべく肌の出ないような服装にするとか、帽子をかぶるとかするようにといわれているんですけど、一日中森の中をハイキングする予定ならともかく、夏の暑い日にちょっと散歩するだけのときに長袖を着たりとか、すそがきっちり詰まった長ズボンなんて、なかなか着たりはいたりしませんよね。
以前ミュンヘンに住んでいたときは気にしなかったんですが、今住んでいるところはご存知のように森に囲まれているものですから、今まで注射しなかったのが不思議なくらいです。

*Yogacatさん*
もしかして、うちのドクターは毎年注射をする人がどれくらいいるか予想して、あらかじめワクチンを用意しているのかもしれませんね。
Yogacatさんだって、クリニックがお休みなら、ほかのお医者さんにワクチンがあるかどうか確認して、そちらで受けてもいいんじゃないですか?
うちのおにいちゃんの「痛いの嫌い」はハンパじゃないですから
(過去記事お読みください。)ダニに刺される確立が99,99%、それに伴って半身不随になる確率が99,99%ぐらいにならなきゃ(いや、なっても)避けられるものならば避けると思いますよ、注射するのを。

*みももさん*
同じドイツの森でも危険度が違うんですよ。
うちの近くは一応安全地帯になっているらしいんですが、この危険地帯というのが年々広がっているそうで、油断はならないんです。
毒持ちのダニが生息範囲を広げているってことですね。
おフランスの森はまだ大丈夫なんですか?

*ちゅるPi-さん*
え~っ、あんな短い距離を歩いただけで刺されたんですか?
しかもあんな子供がいっぱい遊ぶ公園のようなところで?
もしかして〇〇〇heimって、ダニちゃんの数が多いところとか、、、?
そのときLottoを買っていたら当たったかもしれませんね。(←話が違う?)

*うさこさん*
え、痛くなかったですか?
注射自体はそうでもなかったんですが、末っ子も私も、二日後ぐらいから注射した周辺が異常に赤く腫れて硬くなって、本当にダニちゃんに刺された様な状態になりました。
そして、その腫れというか、しこりが腕を動かしたりさわったりするとすごく痛かったです。
で、一週間ほどしたら今度は猛烈に痒くなって、最近やっと元に戻ったんです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP