FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/05/24 (Thu) 04:25
不幸な事故

日曜日にドイツの知人の家でホームコンサートがありました。

出演するのは彼女の友人知人たちで、
みんなプロとまではいかないけれど、
趣味としてピアノやヴァイオリン、歌などをやっている人たち。

中には御愛嬌程度の方もいらっしゃいましたが、
町のオーケストラで弾いているという人もいて、
その方たちはなかなかの腕前。

豪邸のリヴィングルームに
30人ぐらいのお客さんが座って
休憩時間には
持ち寄りのケーキやクッキーをつまんで談笑。
なかなか盛会でした。


コンサートも終わり近くになって
ご愛嬌程度の方がかすれた音でタイスを弾いていたとき、

突然テラスで
ガウガウ、ギャンギャンとわんこの争う声が、、、、

見ると
誰かが連れてきたクロラブ君と
ウェスティのミックス君が
くんずほぐれつのけんかをしています。

すぐに飼い主さんたちと
近くに座っていた人たちが止めに入ったのですが、

ミックス君の声はキャインキャインという悲鳴に変わり、
事態がただ事ではなくなってきました。

ようやく引き離された2匹。

見るとミックス君が
口から血を流して
痙攣しています。

飼い主さんと会場のおうちの方が
ミュンヘンの動物クリニックに連絡して
いそいで車で連れて行きました。


後で聞いたところによると、

ノーリードだったミックス君が
つながれていたクロラブ君のところに
クンクンしながら寄って行き、

初めはお互いのおPりのにほひなどを嗅ぎあっていたのに
急にミックス君がガウガウし始め、
クロラブ君もだんだん興奮してきたということなのです。


普通ならそこで、
ミックス君がしっぽを巻いて
クロラブ君から離れて終わるはずだったのに、

不幸なことに
クロラブ君のリードがミックス君の体に絡まってしまい、
身動きが取れなくなってしまったのです。

ミックス君は身を守ろうとますますガウガウし、
クロラブ君も自分から離れ(られ)ないミックス君が自分を攻撃しているのだと思って
つい本気になってしまったらしいのです。

ミックス君は
体同士が密着していたこともあって
体は噛まれなかったのですが、

犬歯の片方がバッキリ折れ、
舌の先も半分千切れてしまいました。


クロラブ君は
ちゃんと訓練されたおとなしい子で、
今までこんなことは一切なかったのに、、、、

不幸な偶然としか言いようがありません。


私はミックス君の悲鳴を聞いて、
また、血を流しながら痙攣している姿を見て、
もしタルがあんな目にあったら、、、と

体が震えてしまいました。


というのも、
ニューハーフの手術をしたのに
タルは以前よりほかのわんこに
ガウガウかかっていくことが多くなったのです。

お散歩の途中は
向こうからわんこがやってくると
と言うか、
姿が見えなくても
わんこのにほひとか気配がしただけで
クルリと向きを変え、逃げ出すくせに、

庭にいるときにほかのわんこが通りかかろうものなら
猛烈に吠え掛かり
最近はあろうことか
庭の戸の下をくぐりぬけて
道路に跳び出してギャンギャンやるようになったのです。

コマンドなんか聞きもしません。
と言うかあれだけギャンギャン吠えてたら
私の声なんか聞こえないでしょう。

さすがにかかっていくようなことはしませんが、
周囲を回りながらしつこく吠え掛かるので、

躾の行き届いたドイツのわんこでもさすがにムカつくのか、

何度かウウッと
反撃されそうになったことがあるのです。

あちらの飼い主さんがすぐ抑えてくださったから事なきを得てきましたが、

今回の事故のように、
いつ、どんなことが起こるかわかりません。

タルルン、
超ビビリ犬のくせに
しかも
勝つ見込みなんか100%ないのに
なんでかかっていくのよー。

しかも大型犬だと
余計激しく吠えるって何ナノ?

いつかガブッとやられたらどうするの。

ママは心配で心配で、、、。


自分のテリトリーでは男を主張しないとね。
うちの庭ならパパリンかママリンという後ろ盾もあることだし。

男を主張するんだ
そんな、ハンフリー ボガードみたいなポーズ作ったって、、、
それにこの後ろ盾は大型犬なんかが相手のときはパタンと後ろに倒れるかも、、、。

いや、だから、君はもうニューハーフであって、、、、。
自覚なし?


↓タルッとクリックお願いします。


今までほかのわんこの前で一度も服従ポーズをとったことのないタル。
だから本当に気をつけてあげないと、、、。
関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

<< ダニ、こわーい! | ホーム | お互い様 >>

コメント

さすが、音楽大国ドイツ。お宅でそんな粋なことされてるのですね。以前ドイツのお友達のところに行ったら、半分音楽家で森のゲストハウスで大演奏会を開いていただいた覚えが…それを思い出しました。こんな楽しそうな会ぜひ一緒に参加させていただきたいわ♪
それにしてもミックス君大丈夫かな~飼い主さん青ざめてませんでしたか?!クロラブ君も防衛本能だから仕方ないですね…。目の前でそれも楽しい音楽会のときにこんな悲しい出来事があって、愛犬家としてはつらいニュースです。
タル君の写真、葉巻くわえて「おっとこ前」ですね~!おかまちゃんとはいえ惚れそうよっ!


ぐーままさんの気持ちもタルちゃんの気持ちもわかります。
小型犬って、そうなんでしょうか。
うちの犬くんも勝てる訳ないのに大型犬の子には偉そうに吠え掛かるんです。
痛い目に遭わないとわからないのでしょうかねぇ(苦笑)
以前、大型犬の子に甘噛みでガブッとされたことがあります。
その時、私が一番大きな声を出して叫んでしまい、当の本犬は「てへへ、怒らせちゃった」みたいな顔をしていたことがありました~。
他人事とは思えない記事で食い入るように読ませていただきました!


どちらの飼い主さんにとっても、なんとも辛いお話ですね。
タル君も、小さいので不測の事態を考えると心配ですよね。

うちの珠さんは、よく小型犬にギャンギャン吠えられて噛まれるんです。
やられっ放しで、吠え返すことも、噛み返すこともしないので、大きな問題にはならないんですが、、、。
小型の子の方が気が強いのかな?って思います。同じ小さい者として、気持ちはわからなくはないんですが。
でも、、、ロットワイラーを連れていた数年前は、決して小型犬の飼い主さんは近寄って来なかった(というより、抱きかかえて逃げられていた)ので、噛まれるようなことはなかったんですよね。
もしかして、飼い主さんにうちの珠さんがなめられてる?

思うんですけど、、特に大型犬は、リードが凶器になるような気がします。


私はワンコのことは何があっても飼い主の責任でワンコに罪は無いと思っています。

ウチのクッキーは正直気難しく、これも飼い主の私の責任だと思っています。
クッキーは人間をリーダーとして認めていない部分があります。
そのせいか玄関を出た時にご近所さんがいらっしゃっるとけたたましく吠えます。
でも同じ方と出先などでばったり会って挨拶をすると好意的に近寄っていきます。
家を守ろうと思っているのだと思います。
散歩やドッグランでは自分より大きな相手(犬)だと吠えることが多いですが小さい相手に吠えられても平気です。

小さな勇者は家族を守っているつもりなんだろうと思うのです。


コメントありがとうございます。

*みももさん*
音楽大国とはいえ、実際に楽器を習っている人は実は案外少ないのですよ。
日本だったら猫も杓子もって感じで女の子の大半が習うピアノも、クラスに数人いるかいないかってくらいです。
でも、それだけに、こういうホームコンサートに出演なさる方たちは結構な腕前なのです。
そして、ご愛嬌程度の方たちでも、楽器が弾けるということだけで、すごいわぁ、ってな感じになるのかも、、、。
今回の事故はどっちが悪いと言うことがいえない本当に不慮の事故だと思います。
ミックス犬の飼い主さんは直接ご存知の方ではなかったので、その後の経過は分かりませんが、たいしたことがないことを祈るだけです。

*うさこさん*
いぬ君、甘噛みで良かったのか悪かったのか、、、。
痛くなかったから、「噛まれてもこんなもんかー。」なんて思ってないといいんですけど。
タルも一度怖い目に(痛い目じゃなく)あってみるといいのかもしれません。
いやいや、ほかのわんこに吠えなくなるのが一番。
どうやってしつけたものやら、、、、。i-232

*ゆき珠さん*
えー、珠ちゃん、吠えられるだけじゃなく、噛まれちゃうんですか?
カワイソー。
珠さんくらい大きかったら、一声ゥワンッって吠えれば、そんなちっこいわんこなんかしっぽを巻きそうなものですが、、、、そっか、その一声が出ない珠ちゃんでしたねぇ。

大型犬のリードが凶器に、、、確かに、あれだけ太かったら、鎖じゃなくてもかなりの痛手を相手に与えられるでしょうね。

*ままりんさん*
ー小さな勇者は家族を守っているつもりー
そうなんですよねー。
だから外に向かったり、お客さんに対してギャンギャンしても100%の力で叱れないんです。
実際、本当に悪い人が侵入してきたときに吠えなかったらそれこそ困りますもんね。
そして、わんこの行動の責任はすべて飼い主にあるというのも同感です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP