FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/11/14 (Thu) 07:57
ミュンヘンの一等地のアジアンスーパーに行ってみました



こんにちわんこ。
ママリンたちは
ママリンたちは 日本のゴハンをよく食べるんだよ
日本のゴハンをよく食べるんだよ、のタルです。


幸いなことに
だんな君が和食好きなので
ドイツゴハンより日本のゴハンを作ることが多いぐー家です。

数年前あたりから始まった寿司ブームに続き、
最近はアジア食全般もブームになったおかげで

アジアの食材も
その辺のスーパーで手軽に手に入れられるようになりました。

そこに来て
ちょっと前にミュンヘン駅というか
中央駅とKarlsplatz(Stachs) の間に立っているデパートの3階、
いわばミュンヘンの商業地区の一等地

ついこの間までおしゃれなお洋服なんかを売っていたところに
新しいアジア食材店がオープンしたので
先日の趣味の会の後ちょっと覗いてきました。


そしたらね、奥さん、
すごいのよ。

思いの外の広さと商品の多さにびっくり。
思いの外の広さと商品の多さにびっくり。
売り場はこの写真の右側と左側にもまだ同じぐらいの幅であるんですよ。
食材店というより
アジアンスーパーですね。
この赤ちょうちんが笑えますけど。

食器、調理用具なども充実していました。

ごはん茶碗などは100均ぽかったですけど、
日本から重いのをよっこらよっこら持ってくることを考えたら
このお値段は許せますね。

肝心の食材のお値段は、
ほとんどのものが
いつも利用しているアジアスーパーよりほんのちょっとお高いのですが、
何しろ場所が場所ですからね。

それでもものすごく高いというわけではありません。
せいぜい10~50セント高いくらい。

これだったら、時間がない時とか
わざわざほかのアジアショップや日本の食材店まで行かなくても
ほかの買い物のついでにちょこっと買っていってもいいかな?

って思います。

もっとじっくり見たかったのですが、
この日はDちゃんのベビーシッターが入っていて
あまり時間がなかったので
レンコン・豆腐・青梗菜・キノコ類だけ買いました。


でもね、奥さん、きいてくださいよ!

キノコ類がお買い得だったんです。

シイタケ(←REPEより30セント安かった)
エリンギ(←ALPI・REPEより60セントも安かった)
エノキダケ(←いつも買っているアジアショップの半額近くだった)

エノキダケに至っては4つも買っちゃいました。

いつもは鍋にちょっと入れるだけなのですが、
今回は太っ腹に
普通の野菜炒めとかお味噌汁にも入れちゃってます。

キノコスキーのぐーママとしては大満足です。

次回はもっと時間に余裕をもって
隅から隅までじっくり見てこようと思います。



おまけ

お店にいた(多分)中国の方たちはすごかったですよ。

11月末まで15%引きだからでせうか、

車輪がついていてガラガラ引っ張るお買い物用の大きなバッグや
スーツケースを持ってきて
はちきれんばかりにお買い物
はみ出さんばかりに爆買いしていました。

そのせいか、
いくつかの棚はすでに空っぽでした。

こりゃ、ミュンヘン市内の他のアジア食材店はうかうかできませんね。
これをきっかけに
ほかのお店もお値段がお安くなるといいのに。



おまけ 2

このデパートは
中央駅の真ん前という好立地条件にもかかわらず
すでに二回身売りしているのです。(←その点、ぐーママの故郷のデパートの廃れぶりと同じですね)

じゃ、何が売れるかを考えた末に
このアジアンスーパーに場所を提供したのだと思われます。

普通、デパートの食材と言ったら地階が相場で(←実際このデパートの地下には普通の食料品売り場がある)

本当だったら
おしゃれな服や高級バッグが並んでいるはずの3階に
独特のにほひがぷんぷんするアジアスーパーがあるってこと自体が
すごく場違い間ひしひし
というか
かなりシュールなのですが、

背に腹は代えられなかったのでせう。

なんか、
中華マネーにおドイツが降参したって感じがぬぐえません。



おまけ 3

エノキダケと言えば倍増計画ですが、→エノキダケの増やし方・試してみました

実は↑この後二回チャレンジして、
一回は腐らせ、
もう一回は白いカビがびっしり生えてしまいました。

どちらも、冷蔵庫に入れたのを忘れてしまったのが敗因です。(←目の前にブツがないと忘れてしまうトリ頭)

なので、今回は
忘れないようメモを貼っておいて
毎日蓋を開けて空気の入れ替えをし、
水も新鮮なものに替えてやるつもりです。

つもりだけで実行が伴わないってことは?
つもりだけで実行が伴わないってことは?
あ、、、、、、あるかも、、、?

だって、

エノキダケがこんなにお安く買えるんだったら
わざわざ時間と手間暇かけて倍増させなくたっていいんじゃ、、、、?

って気になっているのも確かだし、、、。(←楽な方に流れる←だってグータラだから)



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : アジア食ブーム アジアの食材 ミュンヘンの商業地区の一等地にアジアスーパー キノコ類がお買い得だった 中国人は爆買い 場違い間ひしひし 中華マネーにおドイツが降参 エノキダケ倍増計画

<< 2019年8月後半と9・10月の庭 | ホーム | 川の道の悲劇と教訓 >>

コメント

あー、いいなぁ。私もアジアの野菜が安く帰るところが欲しいです。見知った野菜なら料理をしようとする気も起こる!かもしれない(*`艸´)ウシシシ。うちの旦那は刺身以外はあまり日本食に興味がないですが、うちの息子のお弁当にはヒジキ、切り干し大根、おナスの味噌和え、田舎煮、ワカメ炒め、ワカメの酢の物とかを入れ、彼は喜んでお箸で食べております。彼は将来フランス人と結婚するのかしら???
pharyさん、私もキノコ類大好きです!


待ってました!

ヘェーこんな感じなのですね、例のアジア食材店。
もしかして、このお店、go asia という名前ではありませんか?Stuttgartにもこのお店ありまして、中央駅からすぐ近くのかなり立地条件の良い場所にあります。旧正月前になると、中国人がゴッソリ買って行くので、物が品薄状態だと聞いた事があります。ミュンヘンの方が広いようですから、一度私も覗いてみたいです。
消費者にとっては、選択肢は多い方がいいですし、価格競争もやってもらうと嬉しいけど、共倒れなんて事にはならないでほしいなと思います。


このスーパー、もの凄い勢いで増えてますよね。周りのちょっと大きな街には全て進出してます。それも中心地の大きなデパートの地下に。品数が豊富ですよね。近隣の小さなアジアショップはさぞ迷惑している事でしょう。
でもpharyさんが書いてらっしゃるように、値段が安いわけでもなく、反対に大き過ぎて私は買い物し難いです。必要な物は決まっているので、結局以前と同じ小さなお店に通っています。このスーパーの脅威からか、品揃えや値段がちょっと変わってきました。


Karlstadtですか?
こちらでも地下に大きなアジアショップが入りました。
お野菜が豊富なので、町へでた時はのぞくようにしています。
フランクフルトへでると、たくさんアジアショップがあります。
(中華系、韓国系、日系)
エノキは日本食品店で買っています!増やしたいです!


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
うちはミュンヘンまで電車で約30分だし、趣味の会や補習校図書室に行ったりと、定期的にミュンヘンに行くので、アジア食材は手に入りやすいです。ありがたいです。
おたくの息子さんも舌が和風になっていますね。うちの息子も若い時は「納豆と餅を食える人じゃないとちょっと無理かも、」なんて言ってましたが、そうなるとお相手は日本人に限られてしまうわけで、たいていの日本系の女子は補習校に通っていたから、彼の悪事はすっかりバレバレで、こりゃ、ミュンヘン近郊でお相手を下がるのが難しいな、と思っていました。でも、収まるところに収まるもんです。うちのお嫁さんは、Youtubeなんかを見て和食にチャレンジするなど努力してくれるので、たとえ出汁なしの味噌汁を食べさせられたとしても文句を言えないな息子です。食べたければ自分で作りなさいと言ったら、ぼちぼち簡単なものから作るようになりました。

*アイスベアさん*
そうですそうです、Poasiaです。へぇ、ミュンヘンより先にStuttgartに出来たんですね。あぐりさんがお書きになったようにおドイツのあちこちに進出しているようです。ミュンヘンは結構アジア食材店が多いのですが、場所的にここはかなり有利だと思います。売り場が広くて品数が豊富なだけでなく、売り場がきれいなのもいいですね。
<消費者にとっては、選択肢は多い方がいいですし、価格競争もやってもらうと嬉しい>
日本のお店、PIKADOさんがどう出るか、私は興味津々です。ここは昔はミュンヘン郊外への配達はしていなかったのですが、Düsseldorfの韓国系のお店が50ユーロ購入で無料で自宅まで配達してくれるのに対抗するためか、最近70ユーロ以上購入で同じサービスをしてくれるようになりました。今回はどうかな?よりお安くなるといいな。

*あぐりさん*
情報通ですね。そんなにあちこちに進出しているのですか。町の中心部のデパートないってところが戦略的に功を奏していますね。電車の乗り場が近いので私はちょくちょく利用しそうです。
<このスーパーの脅威からか、品揃えや値段がちょっと変わってきました。>
ミュンヘンの他の食材店も変わってほしいです。もちろん、私たち消費者にとっていい方に。

*マリーさん*
<Karlstadtですか?こちらでも地下に大きなアジアショップが入りました。>
多分同じスーパーでしょう。いい意味で競争があると私たち消費者にとっては得ですね。
エノキは、ミュンヘンでは中華系とベトナム系のお店に置いてあります。そちらもきっとありますよ。
増やすのはかなり難しいようです。(←ちょっとあきらめ気味)


まあ、良いですねえ。電車で30分ミュンヘンなんて
週末買い出しにピッタリ。
文中、ドルで値段が書かれていますが、アメリカドル的に比較しても良いのでしょうか。
こちらも椎茸、エノキダケ、、easyに手に入るようになり舞い上がっています。^ ^
食材、レンコンは産地はどちらでしょうか。
そこ、気になります。
たしかに赤提灯🏮、これも気になりますが。。。(^◇^;)


コメントありがとうございます。2

*Lynnさん*
うちは適当に田舎で、ミュンヘンには約30分で行けるなかなか立地的に良いところにあります。週に一度の趣味の会の時と、月に一度の補習校図書室通いの時についでに買い物をするようにしています。昨今のアジア食ブームのおかげでアジアの食材が随分手に入りやすくなりました。
蓮根は残念ながら大陸の某国産です。年にせいぜい1〜2回しか買わないのだからと自分を納得させています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP