FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/11/12 (Tue) 08:02
川の道の悲劇と教訓



こんにちわんこ。
実はボク、
実はまた噛まれた
またほかのわんこに噛まれちゃったんだよ~、ひぃーん、のタルです。


又?噛まれた?という方こちらをクリック ↓
噛まれました!
ふっとい針を6回も!
わんこはとっさに本能が出る?

春にこんなつらい目に遭ったばかりというふのに

タルちゃん、また他のわんこに襲われてしまいましたー!(ToT)

幸い今回は軽傷だったのが不幸中の幸い。


爽やかな秋の日差しの中、
爽やかな秋の日差しの中、

絵に描いたような川の道を楽しく散歩、ランランラン。(←実際に歌ったわけではありません。ランランランっていう雰囲気だったのです)
絵に描いたような川の道を楽しく散歩。

カサカサカサカサ。
カサカサカサカサ。

バビューン。
バビューン。

あ、おPり。
あ、おPり。

またおPり。
またおPり。
ぐーママことpharyは脚が短いので足が遅いので
どうしてもタルルンのおPりばかり撮ることが多いです。

おPりの写真ばっかりじゃなんだから、
ほらほら、だんな君、
ちょっとこっち見てポーズを取りなさい。

パシャ。
だんな君、 ちょっとこっち見てポーズを取りなさい。
なかなかいいじゃない。

と、

ここまでは平和なお散歩でした。

落ち葉を持ち上げて大量のキノコだー!
落ち葉を持ち上げて大量のキノコだー!
と写真を撮っていたら、

だんな君と先を行っていたタルちゃんのそばに
一頭のダックス君が近寄ってきて
一頭のダックス君が近寄ってきて

あー、あんなに近づいて大丈夫かな?
あー、あんなに近づいて大丈夫かな?

と、ぐーママが思う間もなく

いきなりバトル、ヒーっ!
と、思う間もなく いきなりバトル、

というか

一方的に襲われました。拡大写真 ↓
タルルン逃げ惑い!

タルルン逃げ惑い!

この後、だんな君がダックスの首根っこをつかんで引き離そうとしたのに

タルルンを咥えて離さないダックス。

そのまま放り投げたらやっと口を放しましたが、
タルちゃんも背中から地面に落ちてしまいました。

キャーッ!

そこでやっとリードを引いたダックスの飼い主。


ほかのわんこに襲い掛かるような犬なのに
こんなにリードを長くしてっ、
もっと気をつけなきゃダメじゃないかっ

怒れるだんな君の剣幕に押されたせいもあり、

相手の飼い主というか、
ティーンエージャー二人は
平謝りでした。

すみません、すみません、いつもはこんなんじゃないんです。


ざっと見たところ、
幸い傷はなかったように見えたので、
そのまま分かれましたが、


家に戻ってみたら、
背中に小さいけれどがついていて
指で触るとちょっと血がつきました。

もしゃもしゃの毛に埋もれ、
タルちゃんも普通に歩いていたから全然気がつかなかったのです。

とりあえず、前回のような大怪我ではなかったので
家で消毒するだけで済んだのですが、

こういう事故は交通事故と同じで

その場では何ともないようでも
後から不都合が出てくることもありますから
念のため
相手の名前と住所、連絡先を聞いておくべきだと心底思いました。


しかし、タルちゃんったら、

もしかして今年は厄年?


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

タグ : 川の道の悲劇 教訓 平和なお散歩 ダックス いきなりバトル 一方的に襲われました 平謝り 交通事故と同じ 念のため相手の連絡先を聞いておいた方がいい

<< ミュンヘンの一等地のアジアンスーパーに行ってみました | ホーム | 初鍋とPidlさんへのお願い >>

コメント

たるちゃん可哀想に、、またですか、、

本当厄年ですね。
これじゃますますわんこ嫌いになっちゃう。。。

噛まれた時は何でもない(ように見える)時でも皮膚の下で膿んでしまって、数日経ってからいきなり膿が出てくることもありますもんね。お大事に、たるちゃん!



可哀そうに。「いつもはこんなんじゃないんです」というセリフはよく聞く言い訳ですよね。こちらはノーリードで散歩をさせている人がとても多いです。勢いよく犬が近づいてくると「その子、いい子ですから」と言われても、知らない犬はやはり怖いです。それに飛びつかれると服が汚れますし。
旦那さん、よくダックスを引き離せましたね。凄いな。タルちゃんの怪我、大丈夫ですように。。。
いつもながら秀悦なタグでございます_(._.)_。


タルちゃん~大丈夫ですか?
大事(化膿とか)になりませんように・・・
こちらの飼い主さん、森では放し飼い・・・
普通の道路でもつないでいない飼い主さんがいるので怖いです。
たぶん、おとなしいと思っているのでしょうが、
何かに驚いたりでもしたら飛び掛ってきそうですよね。
(大きな犬も平気で放し飼い)
ちょっとは気にして欲しいと、いつも思っています。
タルちゃん、お大事に!


えーー!!!!

ママさん、

それは大変な出来事でしたね!また、タルちゃん~。
その場の様子を想像し、可哀相になってしまいました。
幸い大けがでなくて良かった、、、。
タルちゃん、お大事に、、。


コメントありがとうございます。

*AZUさん*
犬嫌いというか、犬を怖がる気持ちは確実に大きくなりました。(泣)
<噛まれた時は何でもない(ように見える)時でも皮膚の下で膿んでしまって、数日経ってからいきなり膿が出てくることもあります>
怖いですね。私は自分がタルルンに噛まれてひどい目にあったので(膿がたまってパンパンに腫れた)、それが一番心配でした。
今回は本当に軽い傷だった(と思う)のですが、とにかく消毒をしっかりして様子見しました。幸い腫れる様子もなく、タルちゃんも元気だったので、獣医さんに行かずに済みましたが、気を付けることに越したことはないですね。

*ミネットさん*
お見舞いの言葉をありがとうございます。
おかげさまで今は元気です。
どんなにしっかり躾けられた犬でも、とっさに本能が出るということはありますから、飼い主は万が一のことを常に想定しないといけないのですが、「うちの子に限って。」と思っている人たくさんいますね。
今回はタルルンがガウらなかったのにいきなりですごくびっくりしました。私がリードを持っていたら、ほかのわんこが近づいてきた段階で、足を使って防御態勢に入るのですが、だんな君、脇が甘かったです。でもとっさにダックスの首根っこをつかみました。これも私だったら蹴りを入れるところです。

*マリーさん*
お見舞いの言葉ありがとうございます。おかげさまで化膿することもなく回復しました。
うち周辺は自然保護区なので、川の道にもしっかり「犬はリードにつないでください」という標識が立っているのです。にもかかわらず、ほとんどのわんこはノーリードです。実はタルちゃん、ずいぶん前のことですが、やはりこの川の道で、ノーリードの大型犬に襲われて噛まれているのです。その時も怪我はしませんでしたけど、私も怖くて震えました。
<何かに驚いたりでもしたら飛び掛ってきそう>
噛まれなくても、とびかかられて転んだりしたら大変ですよね。特に小さい子やお年寄りは。ミネットさんもお書きになっているように服も汚れるし。

*ハルママさん*
お見舞いの言葉をありがとうございます。おかげさまで今はすっかり元気になりました。
ダックス君はいったいなんでスイッチが入ってしまったのか全然わかりません。タルがガウガウしたならともかく、いきなりだったのでだんな君も止めようがなかったみたいです。タルは足も悪いし、もうおジイちゃんなので、すごくかわいそうでした。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP