FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/10/09 (Wed) 08:25
理想のプレ老女



こんにちわんこ。
けふは2時間ほど
けふは2時間ほど お留守番をした
お留守番をしたタルです。


南チロルの小旅行のことを書いている途チウですが、
けふはアクトゥエルな記事です。

シニアクラブと地元の映画館の共同主催の映画会があったので
だんな君と二人で行ってきました。

会場は駅前の映画館。
200席の上映ルームはほぼ満席状態でした。

ざっと見たところ80%が女性。
ざっと見たところ80%が女性。
おドイツでも女性の方がアクティブなようです。 ↑これは上映前のコーヒータイムの様子

だんな君だって
ぐーママことphary が誘わなかったら
こういう所には来ないでしょうからね。


ケーキとコーヒー付きで7ユーロは安い!

はずなんですけど、

今回のケーキは
今回のケーキは前回のに比べて 小さいじゃないの!
前回のに比べて小さいじゃないの!

主催者の方の説明によると
予定していたケーキが手に入らなくて
急遽別のケーキ屋さんから取り寄せたものらしいです。

おドイツ人にしては珍しく

申し訳ありませんでした。

という言葉が出ました。

でも、みなさんからは

大丈夫よー。
おいしかったわよー。

という声が上がりましたよ。

そうよそうよ、ケーキが小さくたって
7ユーロという破格の料金で映画が見られるのですから
文句は言えないんですよね。(←小さいって文句を書いたくせに)


上映したのは「Eine ganz heiße Nummer 2.0」
Eine ganz heiße Nummer 2.0
なかなか面白かったのですが、

バリバリのバイエルン訛りが聞き取れず、
ちょっとした言い回しで周囲が笑っているときに、

一人ぽかんとして笑えない悲しさったら、、、、。

おドイツ語、本当にダメなぐーママです。


前回のシニア映画会で年齢チェックをされなくて
ちょっと凹んだぐーママでしたが(→シニアに見られた?

映画の中に出てくるハリキリオバさん・ Waltraudが
お口の周囲の小じわがはっきり見えるくらいのお歳なのに
ヘアスタイルも着るものも考え方も若々しくてなかなかステキでした。

かなり前に
「あなたにとって老女とは何歳以上の女性ですか?」
というアンケートをとったことがあります。(そのときの記事→老女?

そこで得たぐーママの結論は

老女の規定は
年齢ではなく生き方、物の考え方。
いつまでも溌剌としている人はたとえ70歳でも80歳でも老女ではない。

というものだったのですが、
このWaltraudさんがまさにそれを地で行っていました。

ぐーママも、彼女のように若々しい永遠のプレ老女になりたいです。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : シニア(60歳以上)の日々 - ジャンル : 日記

タグ : シニアクラブ 映画会 ケーキとコーヒー付き Eine ganz heiße Nummer 2.0 バイエルン訛り ハリキリオバさん

<< ドロミテの世界遺産・Drei Zinnen | ホーム | 三つの滝とロードレースもどき >>

コメント

いつも楽しみに、興味深く(異文化)拝読しております!
質問なのですが・・・ドイツの映画料金はおいくらなのでしょうか?


なんのケーキでしょうか!?
(ソーセージロールに見えてしまいました!)
老女・・・
綺麗に(心も身だしなみも)年をとりたいと思っています!


コメントありがとうございます。

*Eさん*
いつも読んでくださってありがとうございます。
映画の料金は作品と上映時間によって違ってきますが、うちの町の駅前の映画館(今回の映画を観たところです)は8,5~11ユーロといったところです。例外として日曜日の最初の上映時間(たいてい11時)の場合はファミリープライスで一人5ユーロになるときがあります。
なので、コーヒーとケーキ付で7ユーロはかなりお安いのです。だからケーキが小さくても、紙ナプキンに乗っていても文句は言えません。

*マリーさん*
これはケーキというか、パイ生地にナッツクリームを塗ってクルリと巻いて焼いたものでした。私はクリームべったりのケーキが苦手なので結構おいしくいただきました。
お年を召していても素敵な方ってたくさんいらっしゃいますよね。特におドイツの女性は、いくつになってもきれいにお化粧して身だしなみに気を付けて、服なんかも間違ってもババチャン色なんか着ないところがいいなと思います。でもやはり一番大事なのは内面でしょうか?いつまでも気持ちは若く、素敵でありたいものです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP