FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/05/07 (Mon) 23:38
ムラノ島

ヴェネツィア旅行記(と言うほど立派なものでもないですが、)
帰ってきてからすでに一ヶ月が過ぎようとしているのに
やっと最終日のことです。

最終日はゴンドラに乗ったあと、
ヴァポレット(水上バス)を使って
ブラノ島とムラノ島に行く予定でいましたが、

ガイドブックも、イタリア語会話集も忘れちゃっていたので
添乗員兼ガイドのカイ君に行き方等をたずねました。


続きからどうぞ。

あんなことがあったので、(→過去記事1過去記事2
一抹の不安はあったのですが、
そこはそれ、
背に腹は代えられない、背中のP房はなかなかとれないわけで。

それなら、ヴァポレットの24時間券、15ユーロだからそれを買ってね、まず、リアルト橋まで行くんだ。
そこから歩いてこの船乗り場まで行くんだよ。
ムラノまでは二駅だけど、
ブラノまでは結構時間がかかるから、急いだほうがいいよ。(キッパリ)


その時点でね、気がつけばよかったんですよ。
あんなに有名観光地のムラノに行くのに
どうしてそんなヴェネツィアの北の端の船着場まで行かなくちゃならないんだろう?って。

でも、彼がすごい自信たっぷりだったし、
リアルト橋行きのヴァポレットももう出発しそうだったし、
ワラワラと切符を買いに走ったんですよ。

15ユーロ二人分買おうとして、ふと料金表を見ると、
何よー、半日券(12時間有効)13ユーロってのがあるじゃないの。

そのときはもう12時だったし、
その日の19時にはヴェネツィアを離れる予定だったから
15ユーロ払う必要なんかないわよ。

あー、気がついてよかった。

やっぱりカイ君には気をつけないと、、、。
カイ君は信用ならない
そうね。

そのことを後で彼に言ったら、
案の定
へー、そんなのがあるんだ、知らなかったなぁ。

って、まったく無料トイレもいいけど、肝心なことをちゃんと教えてよね。


さて、
リアルト橋から迷路のような道を迷いながら指定の船着場まで向かうと、
徐々に人が少なくなり、
最後はイカにも一般庶民のお家、
みたいのが並んでいる地区に入ってしまいました。

こんなところに観光客が来るはずないっ!

やっと船着場に着いてみれば
数少ないブラノ島行きが
目の前で出発しちゃうし。

そうなると時間的にブラノはあきらめなくちゃならなくて、
次のムラノ行きを待っている間に、
隣のおじさんが
「2枚あるから上げるよ。」
とくれた路線図を見れば、、、

ナニヨーッ、カイ君。
ムラノ行きもブラノ行きも
サンマルコ広場からしっかり出てるんじゃない!

サンマルコから乗っていれば、
今頃ブラノ島に着いてたんじゃない。
もうーっ、一時間近く損しちゃったわよ。

ブツブツ、まったくどうしてくれよう。

文句言ったら、
また、
「知らなかった。」って言うんだろうな。
この役立たずめ。


さて、ムラノ島に着いたはいいけど、
ガイドブックがないから
どこに向かって歩いたらいいかも分からない。
ムラノ島
とりあえず皆さんが向かう方向に一緒について行きました。

自分がどこに向かっているか分からないって、
かなり不安なんですけど、、、、。


私的には
ガラス工芸の実演をぜひとも見学したかったのですが、
どこでやっているか分からないし、、、

と思っていたら、ガラス博物館の前に出ました。
ここならきっと実演をやっているだろうってんで、
入ってみました。

でもね、
やってなかったの。
しかも、展示が
「へ、これだけ?」って言うくらい少なくて、、、

そりゃね、とってもきれいなガラス製品や、
ルネッサンスの頃の貴重なものがありましたよ。
でも、
「一人8ユーロも出して、この程度?」感はぬぐえません。


ムラノ島2



悔しいから、
せめておトイレだけでも使わせてもらおうと、
末っ子と二人でおPっこしてきました。


博物館を出たところで、末っ子が言うには

高いのにあれっぽっちで頭にきたから、
おPっこした後
ジャーってしないで来た、へへへ。


、、、、、、末っ子なりの仕返し、、、、、か。


でもねぇ、
うわぁっ!!!
って思うのは博物館の人じゃなくて、
次にトイレに入った人だと思うけどね。


結局実演はガラス工場の一つでやっていました。
こちらは見学料一人1ユーロ。
ガラス細工実演
このおじさん、
何気にけだるそうだったんですが、
さすがこの道何十年のプロ、
ちょいちょいって感じで
ウマさんとか、アヒルさんとか
ワイングラスなんかを作っていました。
(おさしん、ありません。ごみんなさい。)


さて、話は前後しますが、
博物館に向かう途中、昔の倉庫か工場を改造したらしい、
ちょっとよさげなレストランがあったので、
お昼ゴハンを食べました。

一番早くできるのは?
とたずねたところ出されたのが
このツーリストメニュー。13ユーロ。
典型的なツーリストメニュー
はっきり言っておいしいとはいえませんでした。
スパゲッティなんかイタリアなのに、やわらかめだし。
安かったから仕方ないのかしら?

それより何より、
末っ子がファンタを頼んだら、
3,5ユーロもしたのに、
缶がドンッと置かれ、
グラスも出ないって、
どうかと思うの。

お口直しに頼んだケーキが
これまた甘いだけの代物で、、、、
ムラノのケーキ
しかも一切れ5ユーロ。
ほとんど食べなかったので、合計10ユーロ丸損!

ムラノはとってもきれいな島でしたが、
そんなこんなで
疲れました。

その後は、
半日券があるので、
行き先も分からないヴァポレットに乗って、
集合時間まで、
観光客が行きそうにない所に行ってみました。

するとベビーカーを押した人とか、
幼稚園帰りで疲れてぐずる子を抱っこしたお母さん風の人とか、
背広を着た勤め帰りらしい男性とか、
ドッグで働いているのか、汚れた作業服を着た人とかが乗ってきて、
ヴェネツィアの普通の生活の部分が見られて、
それはそれで面白かったです。



そして、19時にサンマルコ広場に集合。
日没のヴェネツィア
日没のヴェネツィアを後にしたのでした。


あぁ、やっと終わりました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

そして、こちらも、、、
↓タルッとクリックありがとうございます。


付け足し。

ドイツに帰ってきてから知人が教えてくれたんですけど、
ドージェパラストとか、
ガラス博物館の入場料、
EU国に住んでいる人は割引になるんですって。

道理で入場券を買うときに
「どちらの国からいらっしゃいました?」
って聞かれたんだわ。

私ったら、バカみたいに
「from Japan.」
なんて言っちゃって、、、

ていうより、
カイ君っ、
それも教えてくれなかったじゃないのよ。

それともそれも知らなかったの?

最後の最後まで、
カイ君にはやられっぱなしだったわ。
関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 戦いの火蓋 | ホーム | 端午の節句なので >>

コメント

末っ子ちゃんの仕返し面白い~(*≧m≦*)プププ
さすがpharyさんのお嬢様。
カイ君には最初から最後までやられっぱなしでしたが、
お陰で普通では経験できない思い出深い旅になったかも???

最後のお食事は私も納得がいきません~。
イタリアのお店はどこも美味しくなくては!!!
ドイツから行く日本人の最大の楽しみですよね(私だけ?)。


うにゃ~

ヨーロッパ(一派ひとからげ)はどこ行ってもきれいだな~。
死ぬまでに一度いってみたいにゃ~。


ヴェネツィアの夕日がキレイ!
そして娘さん(ですよね?)がもっとキレイ!

残念ながら「キレイな観光地ほど料理がマズイ」ってのは、定説かもしれませんね。
駐在員の私が「from Germany」と答える習慣がついているのに、在住者のpharyさんが「from Japan」とは笑ってしまいましたヨ。


ガラスにはすご~く興味があるんです!
食べ物は、なんだか・・・損しちゃったみたいですね。
チェコのガラス職人のお宅に、遊びに行ったときから、ムラノ島に行きたいなぁ~って思っているんですけど、如何せん出不精で・・・。

私はドイツ以外では割とfrom Germanyって言っちゃいますよ。


こんにちは^^
お久しぶりです。3月末日本に完全帰国し、やっと最近落ち着いてきたところです。
ネットがなかなかつながらなくて、先日やーっとつながりました。
ということで早速遊びに来たのですが、イタリア旅行記など
おもしろくて一気に読ませてもらいました。
昨年の3月、私もヴェネツィアやベローナに行ってきました。
私もジュリエットの胸触ってきましたよ。その銅像までの通路の落書きがとんでもなくてビックリしたのを覚えています。
なんだこりゃ!と思いましたが、アルファベットだからでしょうか、不思議とオシャレにみえました。
日本からはちょっと遠すぎてなかなか行けませんが、また行ってみたいです。


コメントありがとうございます。

*ちゅるPi-さん*
末っ子なりにあの博物館の展示内容と入館料には納得いかなかったんでしょうね。
ゴハンはこのレストラン以外は立ち食いのピザだっておいしかったんですが、、、まぁ、時間が気になって、とりあえずって感じでは行ったこちらにも責任が、、、ある分けないですよね。
仮にも(じゃなく本物の)イタリアのレストランですもん、おいしくなかったら店じまいしな、て言いたいですよ。

*tamakitiさん*
今は、日本から、すっごい安いツァーがあるようですよ。
昔ほど「海外旅行っ!」と肩に力を入れなくても、気軽にこちらにこれると思います。
例のTシャツができたら、売り込みがてらこちらにいらしてみてはいかがですか?
こちらはちょっと前から漢字とかひらがなとかがデザインとして流行っていますから、きっと売れると思いますよ。

*ドリアンさん*
ちょっとぉー、
ドリアンさんー、
どうして
「そして娘さん(ですよね?)がもっとキレイ!」
の下線部分が「お母さん」ってならないんですか?
まぁ、実際娘なんですが、、、納得いかないわ、ブツブツ、、、。

*ゆき珠さん*
なんかね、あの時は遠くから来たというほうが、偉そうっていうか、「どう?私わざわざ日本から来てあげたのよ。」みたいな感じが出ると無意識のうちに思っちゃったんでしょうね。
裏目に出ちゃいました。
やっぱりエバリンボウはだめですね。反省。

*もろあいさん*
キャー、お久しぶりー。
お引越し、大変なようでしたね。
お友達のはなちゃんも今頃中国でがんばっていることでしょう。
そう、あの落書き、すごかったですね。
初めは誰かが始めたんでしょうけど、ああなると、一つの名物みたいになっちゃいますよね。
そして、ウフフ、やっぱりさわりましたか。
あれもきっと誰かが最初に触って、われもわれもという感じでみんながさわったから、胸の部分の色が変わってきて、それでまたみんなさわるようになっちゃんでしょうね。
↑のコメントのお返事にも書きましたが、今は日本から格安のツァー(往復の飛行機代とホテルだけ指定で、あとは全部フリーとか)が結構あるようですから、是非またもう一度ヨーロッパにいらしてください。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP