FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/08/10 (Sat) 08:23
虎は猛獣?



けふは長崎の日です。
全世界が平和になり、地球上の人みんなが幸せに暮らせるようになりますように。



こんにちわんこ。
ママリンはけふ動物園に行ってきたんだよ、
ママリンはけふ動物園に行ってきたんだよ
だからボクはお留守番、つまんなかったな、のタルです。



日本からのお客様の息子さん(←10歳)のご希望で
32℃の暑さの中、
ミュンヘンの動物園に行ってきました。

で、まぁ、いろいろあったわけですが、
ちょっと詳しくブログを書く時間がないのですよ。

でも、

これだけは書かなくては!

という使命感の元、

いや別に書かなくても
だれからも責められるわけじゃないんですけど、

ちょっとかっこいい言い回しをしみたかっただけです。


トラのエサやりの様子を見学しました。

普段、グデーとケージの中で寝転んでいるだけの動物たちも
エサの時間となれば
活発に動くわけですから

エサやり時間は動物園訪問の際の
最もワクワクするイベントですよね。


虎のエサは
ぐー家の子供たちが子供だった頃は
飼育係が肉の塊を巨大フォークで刺したものを
ケージの中に入れていました。

虎がその塊を貪り食う姿は
あたりに漂う血なまぐさいにほひとともに

弱肉強食、
自然の厳しさを実感する(←と言っても人からもらったエサですが)

子供ばかりでなく
ぐーママことpharyにもひじょーに見ごたえのあるものだったのです。


それなのにっ

けふ見た虎のエサやりはっ


こんなのでした。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
けふ見た虎のエサやりは こんなのでした。
え?

ナニコレ、
ナニコレ、ネコちゃんのゴハンタイム?
ネコちゃんのゴハンタイム?

虎君が飼育係のお姉さんの手からもらっているのは
たぶん小さく切った肉片です。


なーんかー、

ゴロゴロにゃーん。

って聞こえそう。


虎って、たしか

猛獣、、、、、でしたよね?


し、、、自然の厳しさは何処?


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : ドイツ - ジャンル : 海外情報

タグ : 動物園 これだけは書かなくては! 虎のエサやり 最もワクワクするイベント 肉の塊 貪り食う 自然の厳しさ ねこちゃんのゴハンタイム 猛獣

<< B君の訪問 | ホーム | 新手? >>

コメント

トラのエサやり

ハイジも姫路で次女と孫とエサやりをしました。
ホワイトタイガーとホワイトライオンの両方とも。
結構おおきな肉片を巨大な長いフォークか鉄棒に突き刺して渡されます。
エサやりの裏口から入り 猛獣の口が目の前にあり 1回目や2回目はこわごわでした。
肉片は血が滴っていました。
ホワイトタイガーのエサやりで充分でしたが 孫は最初はこわごわでしたが 面白かったのでしょう。
ホワイトライオンのエサやりもするというのです。
ハイジも猛獣のエサやりは初めての経験でした。
ホワイトタイガーは猫みたいではありませんでしたよ。
大きな口を開けてガオーと叫び肉片にかぶりつきます。
迫力ありますよ。
ぐーママさんも機会があればお孫さんとエサやり経験も思い出になりますよ。

サッカー神戸 応援に行っていますが なかなか勝てません。
イニエスタは頑張っていますが。

ハイジは明日から徳島の阿波踊り見物に行きます。
明日11日の前夜祭も観覧します。
12日からは有料観覧席で。
台風情報をチェックしながら 熱帯夜の祭りを楽しみますね。
ぐーママさんは日本からのお客様で大忙しですね。
B君からの電話の続きを待ってます。
きっとおめでたいお話でしょうね。
日本も令和婚が次々とマスコミを騒がせています。


虎は猛獣?

 茹でた肉で育てる(血厳禁) 或いはビーガンの虎はゴロニャンになるそうです。

 タイ北部にタイガーテンプルってあるんですが、行って虎とモフモフしたい。雄々しい時のタルちゃんより危険度ないみたいですよ。


ご飯をあげるお姉さんの髪の毛の色に目がいってしまいました。これで余計に「猫ちゃんのご飯タイム」に見えるかも。いや、でも実際の「猫ちゃんのご飯タイム」は結構生臭いですよ。うちの玄関前は完全体ではないネズミが展示され、スコップでとっても血の跡が残ってしまいます。
ところで昔日本の動物園での話で、夜に生餌としてウサギをあげた檻(何の動物かは忘れました)の朝の確認を怠り、展示中に子供から「助けてあげて」との声があり、急ぎ回収した話がありました。生餌は見せたくないですが、肉の塊までダメとなるとそれもまた違いますね。


訂正

 カンチャナブリのタイガーテンプルは、動物虐待などで告発されて、既に閉鎖されていました。
 
 しかし、生肉を与えないで飼育した虎、ビーガン(大豆タンパクを与える)の虎がペットとして飼われているのは本当のようですね。


コメントありがとうございます。

*ハイジさん*
<大きな口を開けてガオーと叫び肉片にかぶりつきます。>
そうそう、これが猛獣のあるべき姿ですよね。それがミュンヘン動物園ではいつの間にこんなことになってしまったのでしょう?
エサやり体験、してみたいです。でも、ミュンヘンの動物園ではそういうことはやっていないようです。以前はあった猿山の前のエサの販売機も、堀の中の魚のエサの販売機すらもなくなっていました。

神戸はポドルスキ―もおドイツに何かの治療で戻ってきているってこともあるのかもしれませんが、スターを集めても、ほかの選手がもっとしっかりしないとってことですね。

*konpinさん*
<茹でた肉で育てる(血厳禁) 或いはビーガンの虎はゴロニャンになる>
まぁ、もともとネコ科ですから、育て方によってはゴロニャンになる可能性大ですが、ポイントは血抜きしたエサでしたか!血の味が野生を育てるのでしょうか?

*ミネットさん*
私も初め虎よりもこのお姉さんの髪の毛に目がいきました。パンカーなんでしょうか?
ねこちゃんのお土産はご主人さまへの愛情表現なんですってね?前に住んでいたアパートの上の階にねこオバさんが住んでいて、共用の庭の芝生によく首なしネズちゃんとか転がっていました。
ミュンヘンの動物園ではひよこの孵化の様子も見られるのですが、蛇のエサやりタイムの時にケージの中に入れられたのは生きたひよこやネズミでした。と、いうことは蛇ちゃんのゴハンは自給自足していたってことですね。かわいそう+残酷ですが、それはそれで子供たちが自然の掟・厳しさを学ぶ機会になっていたと思います。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP