FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/08/04 (Sun) 13:43
2019年二回目のジャム作り



こんにちわんこ。
もう一週間も
もう一週間も前のことなんだよ
前のことなんだよ、のタルです。




ブルーベリーを摘んできた日の翌日に

今年2回目のジャム作りをしました。
今年2回目のジャム作りをしました
(一回目に作ったのはサクランボのジャム

去年のラズベリーとスグリの残りに
前日摘んできたブルーベリー合わせて2kg使用。

あー、灰汁取りが面倒だったー。
あー、灰汁取りが面倒だったー。
でも、ここでの頑張りが綺麗なジャムの色につながるので、
手抜きはなしです。

14瓶のジャム完成。
14瓶のジャム完成。
一番小さいのは一人暮らしの末っ子に持たせてやりました。

2019年・R(=ラズベリー)、J(=Johannesbeerenスグリ)、B(=Blaubeerenブルーベリー)。
ドイツ語英語まじまじの表記
ドイツ語英語まじまじの表記。(#^.^#)

ブルーベリーとサクランボは、おねえちゃん、末っ子、それにMちゃんにも結構な量をおすそ分けしたのに、
この時点でまだ1リットルアイスの容器にそれぞれ8割がた残っていたので、

片足を切断した叔父さんをお見舞いに行く前の日に
生サクランボのケーキブルーベリーのパイを作って、
お見舞いに持って行きました。

叔母さんは、もうしばらく自分ではケーキを焼かなくなって(焼けなくなって?)
ずっとスーパーなんかで売っているケーキを食べていたので(←足が不自由でケーキ屋さんに行くこともできない)
すごく喜んでくれました。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : 美味しくて、オススメ! - ジャンル : グルメ

タグ : ジャム ラズベリー スグリ ブルーベリー 灰汁取り

<< エノキダケの増やし方・試してみました | ホーム | 玄関ドアの鍵の修理 >>

コメント

灰汁取りをしないといけないのかぁ...。あのブクブクしていたのは灰汁だったのかぁ....。


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
いえ、灰汁取りは必ずしなければいけないというものでもないと思いますよ。ただ、仕上がりの色が全然違うので、人にあげたりするときに見栄えがするというだけで、家庭内消費だけなら何ら問題はないと思われます。(←めんどくさいし)


え~ん・・・
私もワクワクしながら読んでいました!
(まさに、昨日、エノキだけのお味噌汁を作って、下の部分をポイ捨てしたので、もったいなかった~と思いながら)
でも、できるのですね・・・私も調べてみます!
灰汁取り、私もしています!
でも、灰汁取り、というのは知りませんでした!(無知です)


コメントありがとうございます。2

*マリーさん*
前半は後記事へのコメントですね。期待させちゃってごめんなさい。でもね、私のがっかり度はそんなもんじゃなかったんですよ。丸々一週間期待にあふれていたのに、、、、。後記事のkonpinさんのコメによるとエノキは難しいらしいです。でも、成功した人もいるのですから私たちにもチャンスはあります。下の部分はどうせ捨ててしまうわけですから、ダメもとで何回でもやってみましよう。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP