FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/05/16 (Thu) 07:13
首の皮一枚で繋がった?



こんにちわんこ。
きのふママリンに
きのふママリンにチョキチョキされてシュッとしたタルです。
チョキチョキされて一層男前になったタルです。

男前になって
(←いや、たいしたことないのよ、トラガリータだし、、、)
菜の花が満開の田舎道を走ること約30分。
菜の花が満開の田舎道を走ること約30分
どこに行ったかっていうとね、

ボクの大大大っ嫌いな獣医さんのところだったんだよう!
ボクの大大大っ嫌いな獣医さんのところだったんだよう!アワアワ、、、、
アワアワ、、、、。



待合室に他のわんこはいませんでしたが、
待合室に他のわんこはいませんでしたが、

ソワソワウロウロ落ち着かないタルちゃん。
ソワソワウロウロ落ち着かないタルちゃん。 シッポはもちろん下がりっぱなし。
シッポはもちろん下がりっぱなし。

エトエト、、、ボクそろそろお暇しますんで、どうぞお構いなく、、、、。
エトエト、、、ボクそろそろお暇しますんで、どうぞお構いなく
とばかりに、出口に向かうので

だんな君が抱っこ。
だんな君が抱っこ。

いざ診察台に上がっても
すぐに飛び降りようとするので
いざ診察台に上がっても すぐに飛び降りようとするので がっちり保定
がっちり保定。

まずはおPりに体温計を差し込んで体温測定。
まずはおPりに体温計を差し込んで体温測定
あっ、なにするのっ?ぼくのおPりに変なもの入れないでっ!

嫌がって暴れるタルルン。

心音確認の後
院長先生による抜針開始。
院長先生による抜針開始。

抜針?という方、こちらをクリック ↓
噛まれました!
ふっとい針を6回も!
わんこはとっさに本能が出る?
願わくは


ぐーママことpharyの位置からはちゃんと見られなかったので
いったいどういう風にしたのか定かではありませんが、

抜くというよりバチンバチンと切ってるみたいな音がしました。
抜くというよりバチンバチンと切ってるみたいな音がしました。
抜かれるたびに、すっごく小いさな声でキャンと鳴いて身をよじるタルルン。
でも、刺された時よりは痛くなさそうです。

とれた針。
とれた針。
こんなのが6本も、、、、
うーん、どんなふうに刺さっていたのかなぁ?

次は採血。
次は採血。

今回は院長先生御自ら採血してくれたせいか
今回は院長先生御自ら採血してくれたせいか

アッといふ間に採血できました。
アッといふ間に採血できました。
以前はこんなだったのに ↓
犬生初の血液検査
八つ当たり
た、、、、らっ、、、、、、、、た、、、、、、、、、、らっ、、、、
いったい何が違ったのでせう?

止血の包帯。
止血の包帯。

予防注射も院長先生が打ってくださいました。(←VIP待遇?)
予防注射も院長先生が打ってくださいました。

今回はあまり痛くなかったようで、
今回はあまり痛くなかったようで、 お利口にしているタルルン
お利口にしているタルルン。(←それとも放心状態だったのか?)


そして、今回一番タルちゃんにストレスがかかるであろうイボ取りのために
これは首のところのイボ
これは首のところのイボなのでちょっと小さいです。


おケケをソリソリ、、。
おケケをソリソリ、、。
っていうか、電気カミソリでジージー。

ところが、

ここまで剃ったところに
ここまで剃ったところに 急患の知らせが
急患の知らせが、、、、! 

すみません、緊急に手術しなければいけなくなったので
イボ取りは後日ということにしていただけませんか?

と、いうことで
イボ取りは延期と相成り、

寸でのところで首の皮が繋がったタルリンなのでした。
これ以上何かされてたら、ボクの心臓と待ってたかもしれないよ。
これ以上何かされてたら、ボクの心臓止まってたかもしれないよ~。


怖くて痛くて
帰りの車の中でぐったりのタルルン。
帰りの車の中ではぐったり
お疲れ様。

次は29日だよ。



おまけ

緊急手術が必要だなんて、
いったいどんな動物が、どんな事態に陥っていたのでせう?

この田舎の獣医さんは
小動物だけでなく、
家畜全般の診療をするから
もしかしたら、ヒンヒン馬さんとかモーモー牛さんに何かあったのかもしれません。
いずれにせよ、深刻な事態ではなかったらいいのですが、、、。


おまけ 2

5月も半ばだといふのに
8℃という気温の中、
冬ジャケットを着ていかなかっただんな君とぐーママことphary、
車の中は暖房が効いていたのですが、
それでも
帰宅したときはすっかり体がなんとなく冷えてしまって
熱い紅茶がおいしかったです。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

タグ : 獣医さん 菜の花が満開 院長先生 抜針 採血 予防注射 イボ取り お毛々をソリソリ 急患 緊急手術

<< 庭に来るにゃんこ | ホーム | 明日に備えてママ床屋 >>

コメント

こちらは菜の花がもう散りました。そちらは今が満開なんですね。タルちゃん次は29日ですかぁ。首の皮一枚で繋がったのが良かったのかどうかは微妙なところですが。。。うちの5匹の猫のうちの1匹、黒ちゃんはいつも獣医さんに行く車の中でおしっこをします。怖いのよねぇ~。私たちは田舎に住んでいるので、動物病院には馬のパークが併設されています。旦那の友達が「えっ、あそこ、猫も診るのか?」と驚いていました。。。
タルちゃん、取りあえず抜針おめでとー!


がんばりましたね。

ママさん、

こんにちは。タルちゃんの様子、前の記事も拝見し痛々しくて可哀そうになりました、、。
ホチキス針を麻酔なしで???!!!
それはキャンキャン言いますよね~、、。良く頑張りました!!
そしていぼ取りは次回になったんですね。

ドイツは寒いようですね~、、。
初夏かと思っていいたのですが、、

ハルママより


たるちゃん頑張りましたねー
針無くなって一安心!

呼吸が苦しそうーとかで1秒争う事態はたまにありますが、、、
緊急手術なんて、、、よっぽどですね。


 祝 抜糸!!

 無事抜糸が終わったようで、ママ様 タル君ご苦労様でした。

 私が犬を飼っていたのは(ヨーキー)何十年も前なのですが、予防注射など諸々、父(故人。公立病院勤務の産婦人科医)が、職場に連れて行って、犬好きの医者(勿論人間の)を総動員して、治療していました。犬用の薬は出入りの薬屋(勿論人間の)が調達していたようです。
 今だったら、絶対に大問題になっていたと思います。
 しかし 犬も素人に治療されて、迷惑な話だったと思います。


タルちゃん!頑張りました!(なでなで)
一安心。
こちらも寒いですよ~(ブルブル)


コメントありがとうございます。

*ミネットさん*
やっぱりそちらは暖かいのですね。うちはおドイツでもアルプスよりなので、例えばマリーさんが住んでらっしゃるフランクフルト方面よりかなり気温が低めです。
<首の皮一枚で繋がったのが良かったのかどうかは微妙なところ>
確かに!ちょっと多いので連れて行くのも面倒だし、、、。いやなことはすべてを一度に終わらせてしまうか、小分けにするか、意見の分かれるところではありますね。
この獣医さんも、本業は大型家畜の診療のようです。駐車場にはわざわざ「小型動物の診療はこちら」の札が立っています。

*ハルママさん*
ホチキスの針を打つときは部分麻酔をすると思っていたので私もびっくりでした。
おドイツは今年はちょっと異常気候です。去年なんか5月中旬は30℃ぐらいまで気温が上がったのですよ。まぁ、それも異常って言ったら異常なのですが、普通は24℃ぐらいの晴天が続き、いろいろな花が咲き乱れるすごくいい季節なのです。ハルママさんたちがいらっしゃる頃は天気が良くなるといいですね。

*AZUさん*
頑張りましたー、タルルン偉かったですー。
でも、今回は採血が今までに比べあっという間だったので、その分タルルンの体への負担は少なかったのでは?と。
<呼吸が苦しそうーとかで1秒争う事態はたまにあります

何だったかはわかりませんが、この獣医さんはホントに田舎にあって、本来大型家畜を診る方なので、そっち方面かと?私たちがいた小型動物専用の診察棟にはほかに患者?患獣?がいなかったのです。

*konpinさん*
針が抜けて、本当にほっとしました。でも、イボ取りも結構大変そうです。何しろ大きなのが二個ですから。今度も麻酔なしとかだったらかわいそ過ぎます。
お父様、公立病院の産婦人科で!もうなんか御犬様待遇だったのですね。まぁ、おおらかな時代だったということで(笑)

*マリーさん*
労いのなでなでありがとうございます。(タル)
今年の5月は変な気候ですね。今日日中はやっと本来の五月の気温になりましたが、日がかげるとやっぱり寒かったです。寒がりの私は毎日厚めのトレーナー着ていますよ。でも、夏はまた酷暑になるとか。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP