FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/05/03 (Fri) 07:37
実はワタクシ、上皇后陛下と



こんにちわんこ。
ママリンには
ママリンには一生の光栄な思い出があるんだよ
一生忘れられない光栄な思い出があるんだよ、のタルです。



この記事、
本当は平成が終わる4月30日に書けばよかったのですが、
証拠の写真集を屋根裏部屋から持ってくるのがめんどくさくて
けふになってしまいました。



ぐーママことphary、

実は

上皇后陛下・美智子様

しっかり握手し、

かなり長いことお話ししたことがあるのでーーーーす。


うふふふふ、すごいでしょう?

証拠もちゃんとありますよ。

この写真集の47ページ・1993年ミュンヘンご訪問の折のResidenz(レジデンツ=王宮)前での写真に
この写真集の47ページ・1993年ミュンヘンご訪問の折のレジデンツ前での写真に
当時の美智子皇后陛下とお話しているぐーママの横顔が

バッチリ写っているのでーーーーす。
バッチリ証拠が写っている

この日、ぐーママは

ある理由で警備のロープの前に出ていたので、

美智子様はもっぱらぐーママとお話ししてくださったの。(←しかも結構長く)

ロープの後ろにいた補習校のお母さん達からは

ぐーさん、ずるーい!

の声も上がったくらいです。


美智子様のお声は

天女のように柔らかくて

すごくすごくすごーーーくお優しかったです。


ぐーママ一生の思い出です。



おまけ


ここで(当時の)天皇陛下に頭を撫でていただいた

当時5歳のおにいちゃんは、

畏れ多くも

地べたにしゃがみこんで

しかも

鼻水を垂らしていたという、、、、

((((;゚Д゚)))))))あわわわ、、、、世が世なら不敬罪!


上皇陛下、申し訳ございませんでした。
平に平にお許しを―――――。





タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

関連記事

テーマ : ちょっとした報告 - ジャンル : 日記

タグ : 上皇后陛下・美智子様 光栄な思い出 握手 お話 写真集 ミュンヘンレジデンツ 補習校のお母さん達 天皇陛下 鼻水 不敬罪

<< 願わくは | ホーム | フランクフルト、やや不利か? >>

コメント

凄いわ!Pharyさん!
この思い出は、一緒の宝物ですね。
弟も美智子皇后陛下にお会いしてことがあるのですが
「後ろに後光がさしていた!」
と言っていました。
お話もされたPharyさん、緊張されましたか?
フランクフルト、勝ち進んで欲しいですね!


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
本当に一生の宝です。偶然とはいえ、写真にまで写ってしまって、おかげで子々孫々にまで「おばあちゃんはね、日本のKaiserinと、、、、。」と語り継ぐことができますよ。

<後ろに後光がさしていた!>
確かに両陛下とも、とても同じ人間とは思えないオーラが出まくりでした。緊張というか、まさか直接話かけていただけるとは思ってもいなかったので、超びっくりでしたよ。しかも、近くにほかの日本人がいなかったので、連続のお言葉だったし。実はこの後おドイツの新聞記者に「いったいKaiserinとどんなことを話したんだ?」とインタヴューを受けたんですけど、そっちの方が緊張しました。だっておドイツ語なんですもん。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP