fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/02/11 (Mon) 09:16
バリアフリーになるらしい



こんにちわんこ。
ママリンのお耳は
ママリンのお耳は ずいぶんよくなったんだよ
ずいぶんよくなったんだよ、のタルです。


耳?よくなった?という方、こちらをクリック→点滴剤は自分で買うおドイツ

心配してくださった皆様、ありがとうございます。
けふ、3回目(最後)の点滴を受けてきました。
金曜日に、その後のチェックのために、もう一度耳鼻科に行くことになっています。

左耳は、まだなんだか違和感はありますが、
生活に支障が出るほど聞こえないわけではありませんし、
耳鳴りの音も本当に小さくて、普通に生活する分にはあまり気にならなくなりました。


ではけふの本記事です。↓

久しぶりに最寄りの駅方面にタルルンの朝んぽに行ったら、
駅前の小公園の木が根こそぎ無くなっていました。

説明の看板を見たら、
バリアフリーの駅ができるらしい
バリアフリーの駅施設を作ると書いてありました。(←この看板のアップの写真も撮ってこればよかったのに←ブロガーとして詰めが甘い)

おぉ、いよいよ我が駅にもエレベーターかエスカレーターが設置されるのでせうか?
説明の看板を見たら、 バリアフリーの駅施設を作ると書いてありました。
今ある階段のスロープは勾配があまりに急すぎて
車椅子など介助者が押しても上れない、
ベビーカーでさえ赤ちゃんをのせたら上まで押して上るのはかなり大変、
何なら赤ちゃんを抱いて階段部分でベビーカーを一段一段引っ張り上げた方が楽、

ってくらいの役立たずスロープですから、
これはいいことです
切り倒されてしまった木々には申し訳ないですけど、
これはいいことです。(←その役立たずスロープの写真も撮ってこればよかった←ますます詰めが甘い)
お年寄りや、大きな荷物を持っている人なんかも、階段を上るのが結構しんどかったと思うし。

これは公園内にあった資源ごみ回収のコンテナ置き場の土台です。
これは公園内にあった資源ごみ回収のコンテナ置き場の土台です。
このコンテナが今年の年末まで使えないので、別のコンテナを使ってほしいと書いてありました。

といふことは
工事が終わるのは2019年の末ということなのでせうか?

まぁ、おドイツのことですから、
その期日までに工事が終わるかどうかは期待しないでおきませう。

ま、いつかはできるでせう。

この程度に余裕をもって考えないとやっていけない国、それがおドイツ。



おまけ

この小公園の前に設置されていたわんわんトイレット
別なところに移動されていて、

すぐには見つからず、
ちょっと焦りました。(←だって、タルルンの朝のブツを入れた袋をぶら下げていたんですもの)

その後、斜め向かい側にある別の公園の前に見つけ、
無事、廃棄することができました。

良かったよかった。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : バリアフリー最寄りの駅朝んぽ小公園説明の看板ブロガーとして詰めが甘いエレベーターかエスカレーターが設置される資源ごみ回収のコンテナ置き場わんわんトイレット

<< 役立たずのスロープ | ホーム | 点滴剤は自分で買うおドイツ >>

コメント

ドイツってそうなんですね。っと驚くことばかり。
予定通りに行かないのが普通ですか。うーむ。。。
で、お耳の方 大変でしたね。自分で薬を調達して持って行くって 凄いですねえ。2度手間だけど、自分で注射とかする??
ヽ( ̄д ̄;)ノ ア怖いです。
まあ、お薬が高いのは コッチもありますけどね。ドイツも医療費と保険関係はアメリカみたいに頭がいたい問題なんでしょうか。
はやく良くなりますように。お大事にね。


ぐーママさん、順調に回復されていてよかった!
突発性難聴は、すべてを放り投げて受診すべしと言われてますよね。私も、10年ぐらい前になりました。1週間ぐらい、毎日、点滴に通院した気がします。そのとき、変だとと思ったら3日以内に来なさいと言われました。治るときは、じょじょにで、いつの間にか~気にならなくなりました。

おドイツ、尊敬してますよ~。わんわんトイレだって、日本ではないですし、一時、観光地でやってたところがあったものの、その後は尻すぼみです。最近、この国、ウソや隠ぺいばっかりで、どうなることやら。


Pharyさん
耳がよくなってきているとの事でホッとしています。
ご無理のないように・・・。
いいな~駅にエレベータやエスカレーターがついたら便利ですよね。うちの方は、階段のままです。
でも、工事が始まっても、いつ終るかわからないドイツ・・・
便利になるまで不便という矛盾。
気長に待つしかないですよね・・・(涙)


コメントありがとうございます。

*Lynnさん*
お気遣いありがとうございます。
<ドイツってそうなんですね。っと驚くことばかり>
もう30年近く住んでいても驚くことが次々と出てきます。

<医療費と保険関係>
うちは公共保険に加入しているのですが、これまで病院関係ではほとんどお金を使ったことがないので、今回の実費はちょっとびっくりしました。治療に必要なものなのだから当然保険でカバーされると思っていたものですから。

アメリカの高額の医療費問題は、時々耳にします。おドイツも保険料は結構高いですけど、でも、アメリカのように「!!!!!!っ!」っていうような請求額の話は聞いたことがありません。

*つまさん*
突発性難聴、つまさんも経験ありですか。日本の友人も一週間点滴したそうです。おドイツより長いですね。
<変だとと思ったら3日以内に来なさいと言われました>
私も、次回同じようなことが起こったら、緊急ということで予約なしで診てあげるからすぐ来なさいと言われました。
治るのは徐々になんですね。経験者の話は心強いです。幸い、今のところかるい耳鳴りだけなので、気長に治るのを待とうと思います。

<おドイツ、尊敬してますよ~。わんわんトイレだって、日本ではないです>
いやいや、このワンワントイレットができるまでのおドイツの糞害のひどさと言ったら、、、、、。一時帰国したときに、うちの子供たちが「日本の人って、わんこの散歩にシャベルとビニールの袋を持って行くんだ!」とびっくりしていたのですよ。とにかく、住宅街だろうが公園だろうが、至るところにごろごろ落ちていましたからね。

*マリーさん*
ご心配をおかけしました。こういうことが起こる年なんですよ。トホホです。無理は一切していません。むしろ常にずぼら、、、ゲホゴホ、、、。
<駅にエレベータやエスカレーターがついたら便利ですよね>
いや、よく考えたら、バリアフリーだからと言ってエレベーターが付くわけではなく、もしかしてスロープが長く上りやすくなるだけかもしれないじゃないですか!あぁぁぁ、ありうるかも!だってここはおドイツ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP