FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/11/28 (Wed) 05:24
またご近所わんこが、、、、



こんにちわんこ。
悲しいニュースなんだよ
悲しいニュースなんだよ、のタルです。



ご近所わんこ、エイミーのおねえちゃんのパッベルが、
今日、注射で永遠の眠りにつきました。

ほぼ4年前のエイミーとパッベル→丸い犬

パッベルは
エイミーの遊び相手としてTierheim(テアハイム=動物の保護施設)からもらわれてきた子で(←おドイツは殺処分がない)
推定年齢が15歳。
すい臓がんだったそうです。
エイミーのおねえちゃんのパッベル
最近は左目もすっかり真っ白になっちゃって
見えていなかったという話です。

10日ほど前にお散歩で出会ったときも(↑↓の写真はこの時撮った←しょっちゅう会っているのに、この時「撮ろう」と思ったのも、何か予感がしたのか?)
10日ほど前にお散歩で出会ったとき
裏の広場までの往復が歩けなくて
途中で抱っこしてもらっていましたから、
年齢的にもう寿命と言われてもおかしくはないのです。

飼い主のM夫妻の悲しみ様はかなりのもので

本当の自分の子をなくしたようだ。

と、見ていられないくらいでした。

詳しい事情はまだ聞いていないので(←今は聞けない)
安易な想像はできませんが、

それでも、こんなに早く眠らせてしまうなんて、、、。


以前記事にしたことがありますが
おドイツの飼い主は本当に安楽死の判断が早いです。
(→ペットを安らかに眠らせるのは飼い主の義務?


例外もあります。
今年の夏に15歳でお星さまになったやはりご近所わんこのフィロは
ダニに刺されて失明し(→ポトポトの日
最後の数年は関節炎で歩くのもままならなかったのですが、

フラフラヨロヨロでいまにも倒れそうではありましたが、
毎日飼い主のSさんが散歩に連れて行っていたし(←うちの前を通るので見かけた)

歩けなくなっても
最後の最後まで家の中で介護し看取ってあげたそうです。
多分天寿を全うしたのではないかと。(←わんこ用おむつとか、介護用品が日本ほど充実してないおドイツで大型犬を介護するのはかなり大変だったと思います)

だから、100%のおドイツのわんこの飼い主さんが
すぐに安楽死を選ぶわけではないと思うのですが、

うちのご近所さんを見る限り、
わんこに苦しみを与えないためにと
早期の安楽死を決める方が圧倒的に多いようです。
特に病気の場合。

パッベル、お空の上でフィロやライラやテオたちと遊んでいるかな?
パッベル、お空の上でフィロやライラやテオたちと遊んでいるかな?
タルルンと違ってだれとでも仲良くなれる子だったから
きっとみんなで走り回っているわよ。
もう、お腹ポンポンも痛くないし。

パッベル安らかにね。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

タグ : 注射で永遠の眠り すい臓がん ダニに刺されて失明 関節炎で歩くのもままならなかった わんこに苦しみを与えないため 早期の安楽死

<< 今年の誕生プレゼント | ホーム | なんだかんだ言いながら今年も作りました >>

コメント

安楽死の選択はその時が来た時にしか決断できそうもありません。これ以上苦しむ姿をみてられないというのは私も猫を病気で失った時に感じました。


コメントありがとうございます。

*マリさん*
<安楽死の選択はその時が来た時にしか決断できそうもありません>
確かにそうだと思います。
今だから言えますが、今年の6月はタルルンのハゲ+活力のなさが激しくて、「もしかしてXデーも近いのか?」と、半分覚悟を決めたような所があって、「もしタルルンが寝たきりになったり、何かの病気ですごく苦しむようなことがあったらどうしよう?」と、悶々としていました。(←当時はまさか、タルちゃんがこんなに元気になるとは思ってもみなかったので)
↑の記事へのAZUさんのコメント
<ワンコにとって楽しいこと。
1飼い主さんと一緒にいること(飼い主を認識する)
2ご飯を食べること
3お散歩に行ける事
この3つが全部出来なくなったら、、安らかに眠らせてあげる事を考えても良いのかな>
ということを漠然と考えていたのですが、じゃ、それがいつなのか?ってことが今度は問題になってくるのですよね。
ご近所さんたちを見ていていえることは、わんこたちを最後まで看取った方も、安楽死を選んだ方も、わんこのためにそれが最良と思っていたことだけは確かなのです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP