FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/11/16 (Fri) 04:12
プラハで腹ペコとカレル橋




こんにちわんこ。
ママリンとパパリンたらプラハでケンカしたんだよ、
ママリンとパパリンはプラハでケンカしたんだよ
のタルです。


プラハでだけじゃなくて、
だんな君と知らない町を旅行すると
大抵一回か二回はケンカになっちゃうんですけどね。

秋休みにプラハに行った話を書いています。
これまでの記事はこちら ↓
長年行きたかったところへ
初日の予定がパー
プラハで和食
プラハで日本の朝ゴハン
プラハで乗り間違いとプラハ城
プラハ城内で一番面白かったところ

プラハ城をすべてを見終わったのがすでに15時近く。
すべてを見終わったのがすでに14時30分
脚は文字通り棒のようになって、
もう一歩も歩きたくない状態。
お腹もかなりすいていました。

プラハ城内にはあちこちにカフェやら、インビスのような所があって
ピザやサンドイッチなどの軽食が食べられます。

ねぇ、ずっと歩いて疲れちゃったし
今お昼を食べるには中途半端な時間だから
どこかに座ってちょっとお腹に何か入れようよ。

と提案したのに、
だんな君たら

ボク、ここでは食べない
ちっぽけなピザでもきっとすごく高いよ。
これからぐーちゃんどこに行きたいの?

カレル橋。

じゃ、そこで食べればいいじゃない。

そこでって、どこかアテがあるの?
カレル橋のあたりだって観光名所だから値段的には同じなんじゃないの?

行けばすぐ食べるとこなんて見つかるよ。
とにかく、ボクはここじゃ食べないからね。

一度こうと言ったら
絶対に折れないだんな君です。
今までの旅行もこのパターンで何度お昼ゴハンを食べそこなったか、、、、。

(ただしロンドン塔では逆のパターンでした→だんな君を蘇らせたもの

仕方がないので
カレル橋に移動しました。


プラハ城からカレル橋までは下り坂を歩いていけるのですが、
この時はもうとにかく一歩も歩きたくない状態だったので
またしても路面電車での移動です。

ここで、切符を買うのに小銭がなくて
またひと悶着したのですが、それは置いておいて、、、、。(←恨みつらみを書き始めたらいつまでもブログ記事が進まないので)

老眼の目を細めて路面図を見ながら乗り換えの停留所や下りる停留所を指示したのは
またもやぐーママ。


旧市街地側のカレル橋のたもと。
旧市街地側のカレル橋のたもと。

とにかくすごい人出で、
とにかくすごい人出で、 うっかりするとだんな君とはぐれそうになってしまいます。
うっかりするとだんな君とはぐれそうになってしまいます。

ちなみにここはスリのメッカだそうです。

プラハ城で食べる食べないでちょっと険悪ムードになっていたのですが(←腹ペコだったのも険悪ムードの原因だと思います)、
ここではぐれては大変なので
心ならずもべったりくっついて渡りました。

ぐーママが不機嫌なので
珍しくく自分からぐーママにカメラを向けてくれるだんな君。(←普段はぐーママが「撮って!」と言わないと撮ってくれない。気が利かない人)
不機嫌なのにカメラの前ではにっこり笑う女優なぐーママ。
不機嫌なのにカメラの前ではにっこり笑う女優なぐーママ。


確かここの聖人像の台座のレリーフを触ると幸運が訪れるって話だったわよね。
どれだろう?キョロキョロ。

と探しながら歩いていくと
ある聖人像の前に人だかりが。

きっとこれに違いないわ。
だんな君、しっかり写真撮ってよ!

うわ、遠い!(←というかあなたがおチビさんなのよ)
必死に手を伸ばしてお祈りしてきました。
必死に手を伸ばしてお祈りしてきました。

ちょっとだんな君、肝心の聖人様の像は写さなかったの?
気が利かないわね。(←自分も撮らなかったくせに)

それよりなにより、ほら、だんな君も触りなさいよ。
写真撮ってあげるよ。

ボクはそんなものは触らない
そんな迷信信じないし。

まったく偏屈なんだから。
鰯の頭も信心からっていうじゃないの。
そうじゃなくても旅先のイベント・思いで作りだと思えばいいのに、
まったく面白みのない人ね。
そんなんじゃシアワセが逃げちゃうわよ。

と、ここでもまたぶつぶつ言うぐーママ。


ちょと先に行ったらまた人だかり。

今度は何?

覗いてみたら
またぞろみんなが触ったためにピカピカになったレリーフがありました。

なんだろう?
なんだかわかんないけど
みんなが触っているんだから
きっとさっきのと同じようなご利益があるに違いないわ。

という適当な判断で
欄干の十字架のレリーフもみんなが触っているからマネリンしてお触り
もう一度お触り。
シアワセになれますように。

欄干の十字架のレリーフもみんなが触っているから
という適当な判断でもう一度お触り
マネリンしてお触り。
以下同文。


橋の上には似顔絵屋さんやアクセサリー屋さんがたくさん並んでいて
ぐーママはそういうのを冷やかすのが好きなのに、
疲れちゃって早く何か食べたいのと
だんな君がそういうことが嫌いな人なので(←まったくもって面白くない人)
ほとんど見ないで橋をあっという間にわたりました。

なんかね、典型的な

有名なところへ行っただけで満足してる観光客。

って感じでしたよ。
ここはオーディオガイドとかないわけですから
もっと一つ一つの聖人像とか橋のいわれとか下調べしていけばよかったです。ショボーン。(←後悔役に立たず先に立たず)


カレル橋の西側のたもとの塔。
カレル橋の西側のたもとの塔。

さぁ、ここで何か食べよう。
そろそろおトイレにも行きたいし。
だんな君、どこで食べる?

でも、だんな君、なかなか食べるところ決められないで、辺りをウロタラするだけ。
ちょうどお茶時とあって、どこのカフェも満員ってこともありましたけどね。
ぐーママ、そろそろ限界です。

ねぇ、下の町に下りてからで食べようよって言ったのはだんな君だよ。
もう歩くの嫌だよ。
足が痛いよ。
お腹すいたよ。
だから上(プラハ城)で食べようって言ったのに。

それでもお店の前に貼ってあるメニューを見て

ここは高いなー。

とかなんとか、、、、、

もう、こういう時にケチってどうするの?
おねえちゃんとガルダ湖に行ったとき
疲れたらお値段なんか見ないですぐお茶したでしょうよ。
どうしてぐーママと二人だけの時はそんなにケチるの?
今回の旅行はだんな君へのお誕生日のプレゼントでぐーママが払うんだから、
お値段なんかどうでもいいでしょ。(←そういいながらだんな君に関係なく自分が来たいところに来た人)
もう、どこでもいいから入ろうよ!
ここ、ここにするっ!

と、キレて、
角にあったちょっとお高そうなカフェーに空席が見えたので
勝手に飛び込みました。

後からノソノソついてくるだんな君。

あー、やっと座れた。
脚がーーーーー。

もう時間は16時近かったので
とりあえずチョコクレープとお茶。(←後でちゃんとした夕ゴハンを食べるつもりなのでこれで我慢した)
とりあえずチョコクレープとお茶。
う、う、う、ペコペコのお腹にしみわたるわぁ。モグモグ。


食べながらだんな君には滾々と説教をしました。

疲れ果てたら
楽しいはずの観光も苦行になっちゃうでしょ。
疲れたと思ったら、なんでもいいからさっさとと食べて休んで力をつけるべきなのよ。
疲れてお腹がすくと二人ともイライラしてケンカになっちゃうんだから、
云々云々。

さっきのぐーママの不機嫌っぷり、切れっぷりに恐れをなしたのか(←呆れたのかも?)
はたまた本当に反省したのか
黙って聞いているだんな君なのでした。



おまけ

後で調べたところによると
台座に触ると幸せになれる聖人様とは聖ヤン・ネポムツキー。

王妃の告解を受けた聖ヤンは、妻の不貞を疑っていた国王に何を話したか聞かれたのですが黙秘をつらぬき、激怒した王に殺されてこの橋から落とされたのだそうです。

で、二つ目のレリーフがあったところが
聖ヤン・ネポムツキーが実際に落とされたといわれる場所と言われているのだそうです。

やっぱりねー。
こういう説明がないと
ただ単になんかあるなーって通り過ぎちゃうだけで
観光の面白味が100分の一になっちゃうのよね。


おまけ 2

これも名前を知らない聖人様の像ですが、
あ、タケコプターつけてる!
見たとたんにぐーママの頭に浮かんだ言葉が

あ、タケコプターつけてる!

不謹慎ですみません。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : プラハ ケンカ カレル橋 険悪ムード 聖人像の台座のレリーフを触ると幸運が訪れる みんなが触ったためにピカピカになったレリーフ 聖ヤン・ネポムツキー タケコプター

<< もう食べられないと思ったのに | ホーム | プラハ城内で一番面白かったところ >>

コメント

うちもご飯ごとで旅行中喧嘩、&名所をチラ見ですぐに次行きたがる旦那(もはやタッチアンドゴーレベル)、、同じです!!
Pharyさん旦那は機嫌が悪いのを察してくれるだけまだマシですよー!
うちはさらに逆ギレされて険悪になります、、、


プラハ、いいな~!Pharyさん!
夫に言ったら、「プラハは観光客ばかりだから行きたくない!」って言いました!(夫は、昔2回行っている)
「あなたとは行かないから安心して!」と言いましたよ!(怒)
旅先だけではなく、家でも喧嘩していますよ・・・私達は。
旦那達(あえて複数?)は、妻がお腹が空いていても自分が空いていなければ、真剣にレストランを探したりしないんですよね。
自分が空いている時は、高くても、どこでも、何でも買いますから!(怒)
竹とんぼに笑いました!!


コメントありがとうございます。

*AZUさん*
夫婦で旅行するとケンカしてしまうという方、多いみたいですね。友人知人の話をまとめると、勝手の分からないところで何か不都合なことが起きると(今回の私たちの路面電車の番号違いとか)自分のことを棚に上げて相手に腹を立てるのが原因らしいです。
うちの場合、私は結構臨機応変型だと思うのですが、だんな君にしてみれば、それはコロコロ自分の意見や計画を変えまくる落ち着かないやつってことになり、私から見ただんな君は融通の利かないやつで、そのあたりからケンカが始まります。

*マリーさん*
<プラハは観光客ばかり>
それは確かです。プラハ城は当たり前だとしても、観光名所が固まっている旧市街地、カレル橋にいる人は、たぶん95%以上の割で観光客です。だって、現地の人が利用するようなお店とかほとんどありませんもの。
<旅先だけではなく、家でも喧嘩しています>
それはうちも同じことです。旅先では特にケンカが多くなります。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP