FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/10/19 (Fri) 06:52
最後の弾丸



こんにちわんこ。
ママリンたらブログも書かずにYoutubeで映画を見ていたんだよ
ママリンたらブログも書かずにYoutubeでドラマを見ていたんだよ、のタルです。



偶然見つけた
玉置浩二さん主演のNHN日豪合作ドラマ「最後の弾丸」です。

ぐーママことpharyは
基本、戦争映画の類は見ないようにしているのです(←若い頃にその手の本や資料、ドキュメント、映画、ドラマは十分すぎるくらいに見たり読んだりして、自分なりにいろいろ考えるところもあるし)が、

いい作品だとうわさに聞いていたのを思い出して
ちょっと覗いてみたら

感涙!


これは戦争映画というより、

ヒューマンドラマ

と言った方がいいかも?

もちろん凄惨な場面がたくさんあるのですが、、、、。



英題名: 「The Last Bullet」

戦後50年を記念して製作された1995年日豪共同作品です。

受賞歴: 何れも1996年

 放送文化基金賞/ テレビドラマ部門/ 優秀賞
 ハイビジョン国際映像祭/ アストロラビウム賞(=最優秀賞)
 ノンブル・ドール賞/ ゴールデンレンブラント賞

最後の弾丸 日本 最後の弾丸 オーストラリア


最後の弾丸(←画面が荒いのですが、興味のある方はぜひ)


おまけ

ブログのお友達アイスベアさんが、
ジャンルは全然違うのですが、
とてもいい動画を紹介していらっしゃったのでリンクさせていただきます。

こちらも皆さん、ぜひぜひご覧になってください。

アラン・セイボリー: 砂漠を緑地化させ気候変動を逆転させる方法



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 心に残る映画 - ジャンル : 映画

タグ : Youtube 玉置浩二主演 NHN日豪合作ドラマ「最後の弾丸」 「The Last Bullet」 感涙 戦争映画 ヒューマンドラマ

<< いろいろな林檎ケーキとタルトタタンの問題 | ホーム | 思いがけぬ収穫と思い切りの悪い自分 >>

コメント

Pharyさんがドラマを見るのは珍しいですよね。
文庫本のイメージがあります。
戦争ものや家族ものを読んだり、見たりすると涙が止まらなくなって、数日考え込んだりしてしまうので、最近は見ないようにしています・・・(涙腺が弱くなっています)
最後に、読んで、観たのは「永遠の0」です・・・
号泣していました・・・


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
<Pharyさんがドラマを見るのは珍しいですよね>
見始めると、止まらなくなって、家のことを何もかもほったらかしにしかねないので意識的に見ないようにしています。特に長いシリーズの(韓流)ドラマとか、あと一回分だけと、永遠に見続ける傾向があるので。(←意志が弱い)
<戦争ものや家族ものを読んだり、見たりすると涙が止まらなくなって、数日考え込んだりしてしまう>
私は若い頃に戦争時代のドキュメントなど、かなりの数を読んだり見たりしました。日本人としてあの時代のことを知らなくてはという思いもあったのですね。こちらに来て、同じようにおドイツのあの時代のこともかなり調べました。日本やおドイツはなぜあのような戦争を始めてしまったのかとか、当時のアメリカやソ連の思惑とか。だからもう十分、というか、もうやりきれないというか、決してそれで十分なわけではないのですが。
「永遠の0」もいい作品ですね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP