FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/03/10 (Sat) 07:17
バイリンガルの数え方

ぐー家の子供たちは
パーペキ(パーフェクトで完璧)なバイリンガルです。

のはずだったんですけど、、、、

うちの末っ子は
もしかしたら幼稚園児以下なのではないでしょうか?

だって、
まともに日本語で数が数えられないんです。

イチ、ニィ、サン、シィ、ゴォ、ロク、、、、は、もちろん大丈夫。

だけど
こっちがだめなんです。


ひとぉつ、

ふたぁつ、

みっつ、

よっつ、



ごっつ、 ←自分でもおかしいと思うらしい。
               ケド止まれなくて先に行ってしまう。  
      
ごっつ?ごっつ?
そりゃあ、ごっつうおかしいおますなぁ。

タルちゃん、それ何語?


ろくつ、

ななつ、 ←なぜかこれだけ正解

はっつ、

きゅうつ、

とぉつ。 ←もう少しだったのに、惜しい。(←惜しくないっ)
    
             

って、悲しすぎません?


つい、うっかりして
ちゃんと教えなかったオカーさんが悪かったんだけどさ。


これができないから、
日にちがまともに言えません。

ついたち、

ふつか、

みっか、

よっか、 ←ここまではナントカ

ごっか、←やっぱり

ろっか、

以下略(泣)

ふろっしゅさんを初めとする、
就学前素直なバイリンガルキンダーを持つお母さん、
イチ、ニィ、サン、は
算数の勉強にはいいけど、
国語的には

ひとぉつ、ふたぁつ、みっつのほうを
最後まで言えるようにするの、大事ですよ。

老婆心までに
失敗した母からの助言。


末っ子の年になると
いまさら「ひとぉつ、ふたぁつ、、、」なんて言ってらんないみたいで、
素直に学び直そうとしないんです。

ゴッツとクリックお願いします。

関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< クッサイ誘惑 | ホーム | バイリンガルの読み方 >>

コメント

大変お勉強になりますです。ふろっしゅ、今日から娘の前では『ひとぉつ ふたぁつ みっつ』の国語的読みもやってみます。多分、うちの5歳児はそれを未だ知らないような気がします。
あと、数を数える対象ごとに違う、うーーーん、何ていうの?
人間を数える時は、一人二人、物の時は一個ニ個・・・このあたりがむちゃくちゃです。人も動物も鳥もお皿も何もかも、一個ニ個と数えてます。とほほ。


コメントありがとうございます。

*ふろっしゅさん*
えーっと、、、うちの末っ子もへたするとぜーんぶ一個二個と数えるかも、、、。(泣)


こんばんは!

pharyさん!

こちら日本ではこんばんは!

ドイツではこんにちは!
でしょうか(笑)

いや~♪
爆笑です(笑)

まさか、このネタが世界共通とは・・・(笑)
でも、日本人でもこの単位とか、数は結構難しいですよね?

『ゴッツ』以外ではカミさん、匹が難しいみたいです。

『ニッピキ』(2匹)、『ゴッピキ』(5匹)とか・・・

ぼくも、正しい説明が出来ずに困っています(笑)

正しさを追求するのか?
楽しさを追求するのか?

それが問題です(笑)

ニッキー



コメントありがとうございます。 2

*ニッキーさん*
いらっしゃい、ご訪問+コメントありがとうございます。
「匹」「本」を数えるときは前に来る数が撥音だと「ぴき」「ぽん」になり、(→いっぴき、ろっぴき、はっぴき、いっぽん、ろっぽん、はっぽん。)「八」を「はち」と読むと「はちひき、はちほん。」になります。
でもいずれにしてもまず、正しく数が数えられなければいけませんよね。
<正しさを追求するのか?
楽しさを追求するのか?>
私も時々迷ってしまいます。
子供たちの天然の間違いのおかしさ、捨てがたいんですよねー。


うちのアメリカ人の夫、マルチリンガルで語学堪能なハズなんですが、娘さんと同じような日本語の数の数え方で苦労してましたよ(^^;小学生レベルの漢字も日本語勉強始めてから3ヶ月ではマスターしていたようなので、きっと結婚したら日本語ペラペラ(^^)と思ったら、結婚7年目になりましたが、夫の日本語は日々退化していくばかりです。だまされた(笑)

夫はドイツ系アメリカ人で、祖父母がドイツ語を話していたし、夫は聞き取りならできるからきっとドイツに住めばドイツ語をすぐにマスターして・・・と思っていましたが、2年経った今も夫のドイツ語はちっとも上達しません。やる気の問題なんですね・・・まぁ、夫はやる気さえ起こればすぐに上達するはずですが、やる気があっても才能(語学のセンス?)のない私は2年経った今もドイツ語で数を数えることすらままなりません(涙)

おじゃましました。


コメントありがとうございます。3

*chinatsuさん*
こんな古い記事まで読んでくださったのですね!
数と助数詞は日本の子供でも難しいですよね。大人だってちゃんと理屈をつけて教えられる人は少ないと思います。要は使い慣れていくのが一番なんですけど。
<夫の日本語は日々退化していくばかり>
うちも結婚前は日本語教室に通ってかなりいい線をいっていたのに結婚して私がドイツ語をおぼえて行ったらだんな君の日本語はドンドン退化していきました。釣った魚にえさはやらないとはまさにこのこと。今は本当に片言です。かく言う私もドイツ滞在がかれこれ30年になろうとしているのに普段引きこもり生活をしていて、たまに外に出るときは日本人とばかり会っているので学校で習ったドイツ語が退化しています。下手に子供たちが完璧バイリンガルなのでドイツ語で話す必要がすごく少なかった(だんな君との会話より圧倒的に子供たちとの日本語での会話が多かった)ものいけなかったようです。子供たちが大きくなってほとんど家にいなくなったら夫婦の会話まで少なくなって、お互いの日本語ドイツ語は日々劣化していくばかりです。老後はいったいどうなっているのでしょう?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP