FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2007/03/08 (Thu) 02:06
バイリンガルの読み方

ぐー家の子供たちは
パーペキ(パーフェクトで完璧)なバイリンガルです。

しかーし、バイリンガルのお約束(?)
読み書きはチト弱い。
というかかなり弱いです、うちの場合。

読めないと言っても、
最低補習校の教科書は読んでいかないと授業にならないので
次週の授業範囲にルビをつけさせます。


変な読み間違いもしょっちゅうやるわけで、
悪い母親ことぐーママは
それを聞いてヒーヒー笑い、
子供のやる気をなくさせるのであります。

でも、笑っちゃうんですよねー。
やめられないんですぅ。

というわけで、
久しぶりに末っ子の読み間違いをご披露します。(→過去記事1過去記事2


今回は問題形式に。

末っ子が読んだ次の文を
正しい漢字とひらがなで書きなさい。

1 トウゲオシタッテ
2 コノセデ

この辺簡単ですね。
では次はどうですか?

3 ニサンポポイテ



ちょっとブログをサボっている間に
ドドーンとランクが下がってしまいました。

というわけなので
答えはクリックをしてからね。
ハイ、タルッとクリックお願いします。





答え

1 峠を下って
2 この世で
3 二三歩歩いて


皆さん、正解でしたか?


僕は一万歩でもポけます
ボクは一万歩でも、、、



3に関しては
おねえちゃんが小学校低学年のときの読み間違い

ハンブンニブンケヨウヨ = 半分に分けようよ

と通じるものがあります。

が、

末っ子の今の学年を思うと、
おかしうて、やがて悲しき、、、、、でございます。


関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< バイリンガルの数え方 | ホーム | じゃ、誰の食べるもん? >>

コメント

お早うございます(日本時間)

CLを聞くために(<Webradio)早起きしております。
いつも読んでますが、pharyさんのご家族は明るくて楽しいですね。きっとpharyさんの明るさが、家族をも明るくしてるんですね♪
怪奇現象(?)も気になっていますが、pharyが深刻にならず大人の対応をされているので、つい先を楽しみに読んでしまいます。

レス違い、しかも見当違いかもしれませんが…
強化ガラスが砕けたお話を読んで、大昔の経験を思い出しました。恐竜がいた頃、東京タワーの下でファースト・フードのバイトを私がしていた時です。
観光地なので壁が一面ガラスでした。壁代わりなんだから、もちろん強化ガラス以上のモノでしょう。ある日、何の前触れも無く、目の前でガラスが木っ端みじんになりました。一番近くにいらしたお客様に『何か触りましたか?』とお聞きしても、『全く触っていませんよ』との事。<今考えると失礼な発言だ(汗)
ガラス業者の方によると、温度差で急に割れる事もあるそうです。時は真夏、店内は冷房がガンガンに効いていました。

だから何?と言われると辛いんですが(苦笑)、そういう事もあるというご報告でした。それではまた遊びにきますね。


一部敬称脱落

ごめんなさい、“さん”が一部抜けてます。
日本語すらも怪しいしし丸でした……これからもどうぞヨロシクお願いします(涙)。


明日は我が身・・・笑っちゃいかんが、すごい事になっちゃいますね。ひょひょひょひょひょ(控えめに笑ってみました。)

ところで、これらの間違いって、日本で育って日本の学校に通い続けている子供たちはしないのかしら??


私は1と2が難しくて理解できなかったけど、
3番はすぐにピーンときましたよ!
末っ子ちゃんと感性が一緒なのかしら?

ドイツの学校のお勉強と補習校の両立は(親子共々)かなり大変な事だと日本に帰って来て気づきました。
だからpharyさん笑って大目に見てあげて下さい~。
末っ子ちゃんが日本に長く住んで学校に通えば、あっという間に読み書きができるようになると思います。


うん。

ウチのオーストラリア在住の甥っ子・・来るたびに日本語が怪しくなってきてる。


どの間違いも論理的に考えた結果ですよね。
やはり間違いなしには進歩しない!
…と自分は間違いばかりの人生です。。。トホホ。


遅ればせながら、コメントありがとうございます。

*しし丸さん*
そっかー!
そういうわけだったのね。
変なもんの仕業とは限らないって事ですよね。
ちょっと気が楽になりました。ありがとうございます。
しし丸さんの日本語、好きですよ、私は。
だって、その日本語に魅せられて、しし丸さんのBlogを読むようになったんですもの。

*ふろっしゅさん*
そうですね。
私も知りたいところです。
少なくとも私が教えていたクラス(小学4年生)には、教室でこういうとぼけた間違いをする子はいませんでした。うちで本読みの練習をしてたときはどうだか分かりませんが。してたのかしら?
そんでもって、お母さんとかがやっぱりケタケタ笑って直してあげてたのかしら?

*ちゅるPi-さん*
エッ、3番が一発で分かりましたか。
それはすごい!
たいていの読み間違いは文脈から推察して、文章を見なくても分かる私ですが、これはそばで聞いてて????でしたもの。

*tamakitiさん*
うちは会話はそこそこいけると思うんですよ。
普段は日独ちゃんぽんになりやすいですが、成田に着くと、本人でもびっくりするくらいきれいな日本語になりますもの。
でも、記事のとおり読み書きはねぇ、、、。
まぁ、そこまで高望みしなければいいのかもしれませんが、、、。
おばあちゃんや日本の友達から来たメールぐらい読めなきゃ困るじゃないですか。

*busukeさん*
うちの場合、間違いありすぎで、しかも進歩しないところが問題かと、、、。
読みもひどいですけど、作文たるや、ほんとに小学生(しかも低学年)並みで、(トホホ)。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP