FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/08/24 (Fri) 06:46
バス料金は自由裁量




こんにちわんこ。
パパリンの足元でスフィンコ
パパリンの足元でスフィンコ(=スフィンクスのように座ること)しているタルです。


林檎の木の下の芝生は冷たくて気持ちがいいでしょ。



7月末にイタリアガルダ湖に小旅行に行ってきたことをしつこく書いています。(←これで終わりですから安心してください)

これまでの記事はこちら ↓
ただいま旅行チウ
ホテル近くの湖畔はわんこがいっぱい
○屋上プール ✖️地下駐車場
夕食は昼食の6倍
ガルダ湖二日目・シルミオーネ
ガルダ湖・二日目に食べたもの
ガルダ湖・三日目 服は脱がない、なぜならそこは
最後の晩餐

楽しくて美味しかったガルダ湖での小旅行ですが、
一つだけ腑に落ちないっていうか

これってどうなのよ!?

ということがありました。


今回のホテルは有名観光地Sirmioneと、港町のDesenzanoのほぼ中間地点にあり、
その周辺的な小さい町の中にありました
観光の際はバスを利用しました。(←バス停はホテルから歩いて30歩のところ)

何事もぬかりのないおねえちゃんは
シルミオーネに行く際にも、
事前にしっかりバスの乗り方やバス料金を調べておいて
3人分の小銭をしっかり用意してバスに乗り込みました。

一人1,30ユーロだから3人分で3,90ユーロね。

ところが、
一番前の運転手さんのところで料金を払おうとしたら(←乗るときに料金を払うシステム)

3人で7,40ユーロですよ。

と、言われるではありませんか!

あれ、おかしいなぁ。
もしかしてネットの情報は古かったのかな?

と、言われるままに7,40ユーロを払ったのですが、
席についてよく考えてみたら

7,40÷3=2,4666666、、、、、

割り切れないじゃないの!
一人分の料金はいったいいくらなのよ?

しかしもうバスはほとんど満員状態で走り始めています。
変だとは思ったのですが、

運転手さんの言うことだし、
もしかして、3人分のグループチケットかもしれないし、
第一、運転手さんのブロークン片言英語、ほとんど聞き取れないし、

で、そのままSirmioneへ到着しました。


帰りのバスのチケットは始発駅ということもあり、
バス停そばのインフォメーションで購入したのですが、

一人1,30ユーロ、3人分で3,90ユーロって、、、、、。

ナニよー、
じゃ、ネットの情報は正しかったんじゃないの。

7,40ユーロなんてどこから出てきた金額よー!
ほとんど二倍じゃないの!

でも、文句を言おうにも、その運転手さんはもういないし、
証拠となるもらったチケットには料金が書いてないし。(←大体この時点でおかしい)

あー、今日はバス代損しちゃったねー。

で一日目は終わりました。


二日目は
前日とは反対方向に走るバスに乗りました。

これまたネットで見たら
一人1,30ユーロ=3人で3,90ユーロとなっています。

でも、でもね、
またまた運転手さんのところで料金を払おうと思ったら

No!

とか言われちゃって、
運転手さんが見せてくれた紙には

2,80

と書いてあります。

えーと、3人分だと、、、、

と慌てて暗算して
8,40ユーロ払いました。

これも

おかしいな?

とは思ったのですが、

反対方向だし、もしかして昨日よりも長い距離を走るのかな?
第一わざわざ紙に書いてあるくらいだから(←手書きだけど)
間違う観光客が多いのかも。

と、そのまま乗って行ったらね、

二つ目のバス停が降りるところでした。

ちょっとー、
バス停たった二つ分
昨日の疑惑のバス料金より高いんですか?(←昨日より乗る時間も短かった)

とはいえ、船の時間が迫っていたので、
またまた???のままでバスを降りました。


そして問題はその日の帰りのバスですよ、奥さん!

同じところから今度は反対方向に向かって乗るわけですが、
今度の運転手さんは

ナンと

3人分で12ユーロを取ったんですよ。

来るときは一人2,80ユーロ、
同じ道を引き返す時は一人4ユーロってあり得ます?

しかも、
繰り返しますが、
バス停たった二つ分、
乗車時間にしたらものの5分ちょっとなのに?

この時はさすがのおねえちゃんも切れて

往路はは8,40ユーロだった。

と抗議しました。

そうしたらその運転手さん、
ブロークン聞き取りにくい英語で何って言ったと思います?

その運転手が間違えていたんだよ。

こう言われちゃったら
何も言えないじゃないですか。

後ろには観光帰りの人たちが猛暑の中長蛇の列を作っているし、(←表示は36℃でしたが、体感温度は40度近かったと思われる)
納得できないまま12ユーロ払いましたよ。
だって、

払わなかったらバスに乗れなかったんですもの。


もうね、
イタリアって何事にも適当っていうイメージがあるのですが、
今回のバス料金だけは

絶対に絶対にゼッターイに
地元のことをよく知らない観光客相手に
運転手たちが(←怒りの「さん」抜き)
好き勝手に料金を決めているとしか思えませんよ。


本来3,90×4=15,60ユーロで済むところを

7,40+3,90+8,40+12,00=31,70払ったんですよ。

今でも思い返すと頭に来ます。




おまけ

これがガルダ湖旅行記の最後の記事なのに
プンスカモードで終わるのはナンなので

こんな写真を載せてみます。
こんな写真を載せてみます。
これ、初日にだんな君と二人だけで食べた超格安ランチのレストランのおトイレなんです。
(その時の記事はこちら→夕食は昼食の6倍

ヨーロッパでは珍しいおしゃがみ式ですが、
いったいどっちを向いておしゃがみするかわかりますか?

ぐーママことpharyはね、最初

壁の方を向くのかな?

って思ったんですよ。

ところがほら、
ところがほら、

立ち上がるときつかまる?
座っているときひっくり返らないようにする?

持ち手っていうかバーが扉側についているということは(←写真では一つしか写っていませんが、トイレットペーパーホルダーの陰にもう一ついていました)
扉側を向いて使用するってことですよね。

じゃないと、
バーの位置が後ろ過ぎてつかまれませんもの。

踵が固い人はおしゃがみ姿勢が辛いらしいです。
どうやって大きな方の用を足すのでせう?(←例えばだんな君)

そんなことを言ったら、
昔の日本のおしゃがみ式のおトイレを欧米の方が使う時も大変だったでせうね。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 夏の旅 - ジャンル : 旅行

タグ : イタリアガルダ湖 小旅行 バス料金 これってどうなのよ 言われるままに バス停たった二つ分 こう言われちゃったら 何も言えない 好き勝手に料金を決めているヨーロッパでは珍しいおし 踵が固い人はおしゃがみ姿勢が辛い

<< ジャポニカ米は美味しい | ホーム | 流れっぱなし >>

コメント

Pharyさん、大丈夫です!
私も、いまだにコルシカ島のことを書いています。
文章をまとめるのが苦手なので長文になってしまったり、脱線したりしています・・・。
和式のおトイレ!?ヨーロッパで初めてみました!イタリア人も使うのですね!(驚)でも、ドアーの方に向かって用をたすなんて・・・ちょっと恥ずかしい?気がでします。(誰も見ない!)
イタリア・・・ご飯が美味しくて人も陽気だし好きなのですが、お金のお勘定なんかに気を使うので疲れます・・・実は。
なんでしょう・・・一応、試してみよう!(ぼったくり?)みたい場所が多い気がします。悪気が感じられないのがくせものだと思います。(人にもよりけりですが)
こちらが指摘すると、「あれ?まちがちゃったね。笑」で終ってしまいます。
Pharyさんのように、「他の運連取が間違えた!」っていうのはすごいですよね。バス(運転手)によって料金が違うのもびっくりです!
長男が、9月にナポリに学校の旅行で行くのですが、気をつけるように!と今から言っています!


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
いやいや、マリーさんは長いバカンスのことを書いているじゃないですか。私のはたった3泊の小旅行ですよ。しかも大したことしてないし。(←ちょっと観光してあとは食べただけ?)

<こちらが指摘すると、「あれ?まちがちゃったね。笑」で終ってしまいます。>
今まで何度もイタリアに行っているのですが、実はまだこういうぼったくり?ごまかし?に出会ったことがないのです。っていうか、こっちもしっかり用心してましたからね。今回は公共の乗り物なので運転手(←「さん」ぬき)を信用してましたが、しっかりやられた感が半端ないです。敗北感ひしひしです。あぁ、悔しい。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP