FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/07/03 (Tue) 10:19
イケる! と思ったのに~



こんにちわんこ。
みんながっかり~なんだよ
どよ~ん。
みんながっかり~なんだよ~、のタルです。



ま~け~た~~~~~。
最後の最後のアディショナルタイム終了ぎりぎりで逆転されてしまった~!
対ベルギー戦。

いけると思ったのに〜(ToT)


最後の最後のアディショナルタイム終了ぎりぎりで逆転されてしまった~!



でもさ、

相手は赤い悪魔。

世界ランキング3位の強豪ですよ。

その強すぎる相手にここまで頑張ったサムライブルー、

よくやりましたよね。

負けちゃったけど、互角に戦っていましたよね。

ドン引きもしないで
しっかり攻めていましたよね。

絶対有利なんて言われていたベルギーの選手たち、必死の形相でしたよね。

こんなはずじゃなかった!

とか思ってたはずですよ。



始まる前は

おっさんジャパンとか、

忖度ジャパンとか、

予選三戦全敗の恥かきとか

決勝リーグ進出が決まってからは
対日本戦はブラジル戦の前のウォーミングアップだとか

さんざんな言われようだったのが

ここまでできたんだから

すごいの一言ですよ。

日本、捨てたもんじゃなかったよね。
日本、捨てたもんじゃなかったよね
堂々と胸を張って帰ってきてほしいです。



それにしても




あ~ぁ、勝たせてやりたかったな。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : サッカーワールドカップロシア大会 対ベルギー戦 アディショナルタイム終了ぎりぎりで逆転 世界ランキング3位の強豪 サムライブルー 互角 おっさんジャパン 忖度ジャパン さんざんな言われよう 日本、捨てたもんじゃなかった

<< おドイツでシュウマイを作るには | ホーム | 収穫始まっています、ささやかですが。 >>

コメント

惜しかったですよね・・・
ベルギー!!今さら顔色変えても遅いのよ!フン!と思いながら見ていましたけれど。
最後の最後で・・・焦っていたようにも感じられましたね。日本。なんとか1点!と。
サッカー音痴としては、ゴールキックよりは守りにはいって延長戦!(でも体力が心配)と思ったりしていましたが・・・
凄く良い試合でした!!(涙)


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
<ベルギー!!今さら顔色変えても遅いのよ!フン!>
アハハ、私もそう思いましたよ。試合前があまりの舐められようだったので、すごく気分がよかったです。ベルギーの一点目が入るまでは、、、、。i-227
PK戦にもつれ込むかと思ったんですけどねー。勝利の女神はほんのちょっとベルギー側に微笑んでしまったようです。
でも、試合後のベルギーの選手たちの日本に対するリスペクトの言葉の数々で、なんだか救われたような気がしました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP