CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/06/22 (Fri) 08:51
土手の上のウェディングドレス



こんにちわんこ。
年はとってもまだやるときはやる
年はとってもやるときはやるタルです。


5月の末に久しぶりに自転車で川の道を走った時の写真です。
5月の末に久しぶりに自転車で川の道を走った時の写真です

この9月に14歳になるタルルンは
最近はめっきり走るということをしなくなったのですが、
この時は
なぜか走る気満々で
だんな君とぐーママことpharyのゆっくり走る自転車について
だんな君とぐーママことpharyのゆっくり走る自転車について 川の道の結構な距離を走りました。
川の道の結構な距離を走りました。


えっほえっほと走っていたら、

前方に突然


花嫁さん登場!
えっほえっほと走っていたら、 前方に突然 花嫁さん登場!
えっ?

後方から花婿さんらしき人ごそごそ出てきました。
後方に花婿さんらしき人もいました。

なにかしら?

結婚式にしては人が少なすぎるんですけど?

もしかして、結婚式のための前撮り?
雑誌か何かのための撮影?

でも、いいブログネタだわ、ラッキー!

と、カメラを構えて見ていました。(←野次馬根性旺盛ともいう)


このピンクのドレスの女性は
このピンクのドレスの女性は やたら花嫁さんのお衣装を見栄えよく直しているんですけど?介添え役?
やたら花嫁さんのお衣装を見栄えよく直しているんですけど?
介添え役

と、しばらくぼーっと見ていたら

ガバッ!
ガバッ! おぉっ、突然始まる密着ポーズ。
おぉっ、突然始まるラブラブポーズ

何しろお天気のいい土曜日とあって
この川沿いの道はわんこを連れた人たちや、
自転車に乗った人たちがバンバン通ります。

そのバンバンをものともせずに体をぴったりとくっつけ続けたお二人。

抱擁したり見つめあったり、、、。
カメラマンさんからの注文だったのかしら?
それとも気分が高まってきた?

何なら接吻までしそうな雰囲気でしたよ。


ただ一つの疑問は

川沿いの道にはほかにいくらでも静かな撮影に適したところがあるのに
この川沿いの道はわんこを連れた人たちや、 自転車に乗った人たちがバンバ
なぜわざわざこんな自転車の頻繁に行きかうところを撮影地に選んだかってことです。
しかもいろんな標識まであるのに?

もしかして二人の思い出の場所だったんじゃない?
もしかして二人の思い出の場所だったんじゃない?
そうかも?


おまけ

ウェディングドレスを着ての撮影といえば
おにいちゃんとMちゃんもやったわねぇ。→モデルさん並み


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

タグ : 自転車 川の道 花嫁さん 結婚式のための前撮り 雑誌か何かのための撮影 介添え役 ラブラブポーズ 抱擁 接吻 思い出の場所

<< キャーーーーっ、終了間際の大逆てーーーーーん! | ホーム | 思いがけない勝利 >>

コメント

おお~

なんか不思議な光景だわ
カメラマンとかもいないみたいだし?
うん、お兄ちゃんMちゃん、ほんとモデルみたい♪
タルちゃん14歳はうちのサブちんと同じだわ~。
いつまでも元気でいてよね♪




なぜ、土手!?
思い出の地なのでしょうか?
ウエディングドレス・・・懐かしいです(遠い目)
また着てみたい・・・えっ!?もう無理ですね!(自虐)


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
カメラマンさん、よく見えなかったのですが、たぶんいたのだと思います。カメラの前でもなければあんなポーズを取る意味が分かりません。
サブちゃんとタルルンて同じ年だったのですね。お互い長生きしてほしいですね。

*マリーさん*
私はウェディングドレス、もう一度着ようと思えば着られます。だって地下室にしまってあるんですもの。式の後売り払おうかと思ったのですが、サイズが特注の小さいものだったので、おドイツではめったなことでは売れなかったのです。娘たちに、とも思ったのですが、二人ともワタクシより大きくなってしまいました。あぁ、もったいない。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP