FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/05/22 (Tue) 07:43
2018年5月の庭仕事と庭の花




こんにちわんこ。
先週ママリンはお庭で頑張ったんだよ
先週ママリンはお庭でチマチマ頑張ったんだよ、のタルです。



不思議なことに腰の痛みがすっかりなくなったし、
もう5月も半ばを過ぎ、霜の危険がほぼなくなったので
怒涛の庭仕事です。

と、言っても、また腰が痛くなっては困るので
毎日少しずつ。



今年は白と鮮やかピンクにしたペチュニアのハンギングは
ペチュニアのハンギングは いつものように玄関前と
いつものように玄関前と

庭側と
庭側と林檎の木の枝(←お写真なし)に
林檎の木の枝(←お写真なし)に。

二本残ったのはここに。
二本残ったのはここに

ベゴニアは紅白でほしかったのですが、
ベゴニアは紅白でほしかったのですが、

ALPIの売り出しの時に出遅れて白をゲットできなかったので
ALPIの売り出しの時に出遅れて白をゲットできなかったので 白の日日草で代用。
白のインパチェンスで代用。

それぞれ6本ずつ残ったのは
玄関前の庭に植える予定ですが、

その前にこれをやっつけなくてはなりません。雑草取りとか。
その前にこれをやっつけなくてはなりません。
オダマキは綺麗なのですが、
油断すると庭全体を覆ってしまう曲者です。
花が終わったら根元からバッサリ切り戻す予定。
なんなら根っこごと引っこ抜いてもいいのです。
ここには本来黄色いバラがあったのに、すっかり枯れてしまいました。


春先にウェルカムバスケットに植えていた、
すっかり薹が立ってしまったパンジーその他は、
これからも結構しぶとく咲き続けるので、無下に処分はできません。
春先にウェルカムバスケットに植えていた、 すっかり薹が立ってしまったパンジーその他
枯れ木も山の賑わいよろしく、庭の隅に植えてやりました。

このデージー(水をやる前でくたっとしているが)などは、
このデージー(水をやる前でくたっとしているが)などは、 去年ウェルカムバスケットに植えたものを地植えにしておいたら冬越した
去年ウェルカムバスケットに植えたものを地植えにしておいたら冬越したので、
今年春に庭の戸の下のタルルン脱走防止用プランターに植えたのです。
この調子で来年もまた頑張ってほしいです。

3本目と4本目のキュウリも大鉢に移しました。
3本目と4本目のキュウリも大鉢に移しました。
同じ戸外とはいえ、
お日様の光を直接受けていた1号、2号に比べ、
ベランダの下に置いていた3号4号のヒョロヒョロ度が際立ちますね。
これから挽回してね。

冬越ししたゼラニウムも土を新しくして台所と
冬越ししたゼラニウムも土を新しくして台所とトイレの窓辺に配置
トイレの窓辺に配置。

刺し芽したものはおねえちゃんと末っ子におすそ分け。
刺し芽したものはおねえちゃんと末っ子におすそ分け。
去年も上げたのに、二人とも冬に水を上げなかったから枯れちゃったのです。
ぐーママのこれはかれこれ6年冬越しさせているっていうのに。(←以前はあなたも枯れさせていたでしょ)


種まきしたものが続々と発芽育っています。

マリーゴールド。
種まきしたものが続々と発芽出しています。 マリーゴールド

オクラ。
オクラ。

これ、なんて言ったかなぁ?忘れちゃった。(←初老性健忘症)
これ、なんて言ったかなぁ?

写真は撮りませんでしたが、
日本の朝顔とアスター、ミニヒマワリの芽も出ました。

いつぞや試しに埋めてみたミニトマト
いつぞや試しに埋めてみたミニトマト

食べた後に蒔いてみた種から芽が出たチリ
食べた後に蒔いてみた種から芽が出たチリ
本格栽培に突入。

市販の苗に比べるとまだ小さいのですが、
たとえ収穫できなかったとしても、もともと気まぐれで土に埋めてみたわけで
いわばダメもとですから。

こぼれ種から出た紫蘇も順調に育っています。


去年古い鉢の土の上に捨てた種から芽を出したレモン(その時の記事はこちら→実がなるころには老女!)も大きくなったので外に出してやりました。
去年古い鉢の土の上に捨てた種から芽を出したレモン
手前の日本がぐーママことpharyので、後ろのが植え替えするためにもってきてあるおにいちゃんの。

お日様の光をいっぱい浴びで元気に育ってほしいです。

植え替えしているときに折れた二種類のベゴニアを
性懲りもなくまた挿し芽にしました。
植え替えしているときに折れたベゴニアとゼラニウムを 性懲りもなくまた挿し芽にしました。
もう鉢を置く場所もないのにもったいないので土に刺してやれば生きて花を咲かせるのだと思うと
かわいそうで捨てられないのです。


数年前にご近所さんにふた株ほどもらったキスゲが、今年はいっぱい咲きました。
数年前にご近所さんにふた株ほどもらったキスゲが、今年はいっぱい咲きました。
場所を変えたイリスも咲き始めましたが、数が少ないうえに、
キスゲの鮮やかな色にかすんじゃっています。

東側の芍薬ももうすぐ満開。
東側の芍薬も満開
これくらい咲くと、ケチらないで思い切らなくてもバシバシ切花ができますね。

お隣さんからはみ出て折れちゃった芍薬と一緒に花瓶に挿したら
お隣さんからはみ出て折れちゃった芍薬と一緒に花瓶に挿したら。

プチ豪華~。
プチ豪華~


これでもまだあといくつか土を取り替えたり
植え替えしなければならないものが残っています。
室内の鉢物の土も取り換えないといけないし、
5月いっぱいは庭仕事が続く予定です。


おまけ

コンポストの中で生き延びたのを発見し、
ちゃんと植えてやったカラーが、
全然芽を出してくれないのが気がかりです。

本来なら6月にはもう咲いてもいいくらいなのに、
いったいどうしたのでせう?

やっぱり拾い子だから、栄養が足りなかったのでせうか?


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ■お花が好き♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 庭仕事 発芽 カラー ペチュニア ハンギング ゼラニウム インパチェンス ベゴニア オダマキ パンジー

<< タルにとっては拷問に等しいあそこ | ホーム | あの痛みは何だったのか? >>

コメント

いいね👍


ステキな花たち!
これから野菜たちの成長が楽しみですね!
ピーマンや茄子はやらないのですか?


すっかりお元気になられたようで良かったです!
庭仕事は腰にきますので、お気をつけてくださいね。
Pharyさんは草木のお手入れが上手なので尊敬します。
うちもお花を植え替えたりしています!(が!!ポンプがまだ・・)
ミニトマト、順調ですか?
芽のでたジャガイモや玉ねぎ(悔しいけれど、たぶん、古いのを買ってしまったので数日で芽がでてしまった)土に入れたら育つのかしら?


コメントありがとうございます。

*edamameさん*
ダンケ!

*マリさん*
<ピーマンや茄子はやらないのですか?>
特に茄子は大好きなのでやってみたいのですが、何しろ庭が小さいのでこれ以上鉢を増やせないのです。バルコンも検討したのですが、季節の終わりに土を入れたプランターを運ぶのに自信がないので、、、。

*マリーさん*
<ミニトマト、順調ですか?>
それがやはり市販の苗に比べると成長が遅いようです。知人の話によると、最近の野菜や果物は次世代を作れないようになっているものがあるとか。それかもしれません。
<芽のでたジャガイモや玉ねぎ土に入れたら育つのかしら?>
玉ねぎは試したことがありませんが、ジャガイモは収穫したことがあります。何しろコンポストの中でも知らないうちにできているくらいですから。庭に余裕があるのなら試してみてください。


腰が良くなったんですね。よかった。

Phary さんってドイツで言うgruene Daumen 持ちです。お花がいっぱいで庭が綺麗です。


コメントありがとうございます。2

*くむさん*
ご心配おかけしました。今はすっかり通常運転です。
<gruene Daumen>
だといいのですが、、、、。
いいところしかブログ記事にあげないから、一見花作りが上手なような印象を与えるのかもしれませんが、過去記事を見ると以前は元気だったお花がずいぶん姿を消しています。時々自分でも愕然とします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP