CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/05/08 (Tue) 09:07
橇 (季節外れですが)


こんにちわんこ。
季節外れのお写真
季節外れのお写真のタルです。



冬真っ盛りのときに
だんな君がDちゃんとタルルンを橇に乗せてお散歩に行った時の写真を
携帯に送ってくれていたのをすっかり忘れていたので

あわててアップしました。

この橇は
おねえちゃんが一歳の時に買って以来、
冬の間買い物はこんな風にして行っていたのです。

当時はミュンヘン市内の住宅街に住んでいましたが、
徒歩15分ぐらいのところにあるスーパーマーケットまで
橇を引っ張って行けるくらい雪が多かったということです。

もちろんおにいちゃんも末っ子も
冬の間はベビーカーの代わりにこの橇に乗せていたのです。

ベビーカーだと、雪に車輪がとられて
押すのも、方向転換も大変だったので
この橇はとても重宝しました。

ガーコ同様、
孫ちゃんが生まれたら使おうと思って地下室に取っておいたのが、
実際に役に立ちました。

(ガーコ?という方、こちらをクリック→お坊ちゃまの発見

ほかにも日本の絵本とか幼児番組のビデオとかレゴとか、、、とか、、、とか、
地下にはまだまだいっぱいとってあります。

(このビデオと、年を取ったら見ようと段ボール二個分ぐらい集めていた日本の映画やドラマのビデオのために、13年前、DVDに押されてそろそろ店頭に並ばなくなっていたビデオデッキをわざわざ購入しました。あ、あと、自分で撮影した子供たちの動画もこれで見られます)


物持ちだけはいいぐーママことphary。(←単に捨てられないケチな性格なだけ?)

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

タグ : 季節外れ ベビーカーの代わり 孫ちゃんが生まれたら使おう 地下室に取っていた ビデオ 物持ちがいい

<< 19世紀の製粉所 | ホーム | 種から育てたゴールドレーゲン(黄花藤) >>

コメント

今日のお写真と外のお天気のギャップが!!
Dちゃん、日に日に大きくなっていきますよね!
私も捨てられない方ですが、最近は捨てるように心がけています。(今さら)
ビデオ・・・うちにもありますが、デッキがないので見られません。テープをDVDなんかに移してくれる業者さんがあるそうですが・・・いつかやろう!と思って、もう数年が過ぎました(涙)。


レトロなソリが素敵〜!
いくら外国と言えども、もうそんな風なソリは売ってないんじゃないですか!?


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
季節外れで本当にすみません。でも、来年の冬ではDちゃんが大きくなって、もっと今更感が強くなるかなと思って、お顔の皮を厚くしてアップしました。

<テープをDVDなんかに移してくれる業者さんがある>
そこへもっていくのがめんどくさかったので滑り込みでビデオデッキを買った我が家です。

*Azuさん*
<いくら外国と言えども、もうそんな風なソリは売ってないんじゃないですか!?>
ところが、この型の橇は今でもちゃんと売っているのですよ。子供たちが遊ぶのにプラスチック製の今風の橇もありますが、この手のやこれをもっと小さくしたような橇を使っている人はまだまだたくさんいます。これ、大型なので大人が二人のっても大丈夫なんです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP