FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/02/19 (Mon) 07:12
ハノイ マーマイ通りの古民家



こんにちわんこ。
けふは雪が積もっていたからずっとおうちにいたんだよ、のタルです。

けふは雪が積もっていたからずっとおうちにいたんだよ

昔と違って、寒いとタルが外に出たがらないので
これ幸いと、
最低限のおトイレさんおPだけした怠け者のタルルンと飼い主です。



11月におにいちゃんとMちゃんの結婚パーティ(と観光、バカンス)のためにベトナムに行ったことをいまだに書いています。
これまでの記事はこちら ↓
遠かったフーコック島
おまけ 空港で
豪華すぎるフーコック島のホテル
この家に住みたい
移動します
暗中模索のハロンベイ
ふくらはぎが、、、、、:(;゙゚'ω゚'):
フーコック島 市場の衝撃
フーコック島 しょぼかった半日ツァー
フーコック島 町や家
マダ~ムなSPA
フーコック島 ホテルゴハン
ハノイの衝撃 第一弾
ハノイの衝撃 第二弾 とぐろを巻く○○
ハノイ 御馳走三昧の夜
細い  ベトナムの家
アーティストさんの実力
招待客
これが普通?男性客の服
ハロンベイのクルーズ船
スンソット鍾乳洞
ハロンベイクルーズ船の本格フランス料理
船上での言質
(*´Д`)ハァハァゼイゼイのティトブ島
ハノイのトレンドカフェはお値段設定お高めでした
お人形のインパクト
ハノイ名物の鍋料理とナイトマーケット



ベトナム最後の日は飛行機が夕方遅くの便だったので
サッとハノイの町を観光しました。

ハノイの移動はほとんどタクシーでした。
バス路線がちょっとわかりづらいのに加え
ホテルから街の中心部までたったの25000ドン(=約118円)です。使わない手はないでしょう。

ハノイの見どころって
はっきり言ってそれほど

わぁ、凄い!

というものはないみたい。(←あったらごめんなさい)

でも、ぐーママことpharyが絶対見たいところが二か所ありました。
一つはマーマイ通りにある古民家です。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (1)

昔の商家の建物が保存されていると聞いたからには
見ないわけにはいきませんよ。
ほら、ぐーママって、その土地の家とか暮らしってものにすごく興味がある人だから。

そういうものにあまり興味はないけれど、他にすることがないからということで
だんな君、おねえちゃん、B君が一緒についてきました。(←末っ子はこの日の朝早く、バックパックを背負って3週間のベトナム一人旅に出発していた。)

現在のマーマイ通りはたくさんの商店が並ぶ
結構繁華街みたいなところになっていますが
昔のマーマイ通り
昔はこんな風だったそうです。

以下、ずらずらとお写真貼っていきます。
こういうのに興味がない人にはつまらないかもしれません。

入館料はこれまたたったの10000ドン(=約48円)

家の構造はこんな風になっています。
マーマイ通り古民家見取り図

面白いのは明り取りの意味があるのか
家の中の一部に屋根がないというか
中庭?坪庭?のようになっていること。

お店と奥のプライベートゾーンの間もこんな風になっています。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (13)

奥に進むと
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (6)

食事をしたりする部屋でせうか?
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (10)
さらに進むと

台所と
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (9)

食器棚?
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (11)
中はなんだかごちゃごちゃいろんなものがほこりにまみれて入っていました。

水場
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (8)
ツボの後ろのアーチ状のものが井戸みたいでした。

さらに奥には
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (12)
見取り図によるとおトイレとお風呂場となっていましたが

おトイレはありましたが、
お風呂場の方は閉まっていて見えませんでした。

それともあのおトイレ結構広かったから(←普通の水洗トイレがあって実際に使ってきた)、
あれがもしかしてバスルームも兼ねていたのかも?

ガイドもおドイツ語のパンフレットもないので
その辺がかゆいところに手が届かないというか、

ここんとこもっと知りたい!

という欲求が見たされなかったのが残念。
まぁ、入館料があれですから。

二階に上がるには
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (14)

お店の中にある階段を登ります。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (15)

階段を上がったところの部屋は昔は商品を入れていたらしいですが、
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (17)

今はなんだか神様をお祭りしてありました。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (18)
職員の方がお参りしていたので
拙い英語で質問してみたら、
あちらも拙い英語で答えてくださったのですが、
お互いの拙さのために↑ぐらいしかわかりませんでした。

二回の奥の部屋へ行くにはこんなところを通るのですが、
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (19)
雨が降ったら、自分ちの別の部屋に移動するのに濡れていくわけですね。

寝室です。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (22)
立派なベッドですね。
でも、枕の位置はこれでいいのでせうか?

寝室に入るときに通る小部屋?半ベランダみたいなところに置いてある
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (27)

これもベッドっていえばベッドかな?
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (20)

こんな大きな家なのに
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (21)
ベッドルームが一つっていうのも変ですよね。
子供部屋は?
従業員たちは住み込みじゃなかったの?

ベッドルームの後ろは広いベランダになっていました。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (23)

ベランダから水場を見下ろしています。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (24)

ぐーママ的にはなかなか面白かったですのですが、
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (28)
ガイドさんが説明してくれたら、
あるいは日本語かおドイツ語の詳しいパンフレットとかがあれば
きっともっと面白かったのではないかとちょっと残念でした。



おまけ

ちょっと不思議だったのはこの方たち。
2017-11-18マーマイ通りの古民家 (7)
普通に談笑しながらくつろいでお食事していたんですけど?

古民家ではこんな風に暮らしていたんですよ。

と実際に見せるための人たちでしょうか?
それもいいけど、もっと説明とかしてくれたらいいのに?
見学者とは一切かかわらず、くつろいでいました。

職員さんが朝ゴハン食べていたのかなぁ?


しかもそれが結構おいしそうだったという、、、、。(←つい二時間ほど前にホテルで朝ゴハンはしっかり食べてきたのに←いやしんぼ)

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ベトナム - ジャンル : 海外情報

タグ : ベトナム ハノイ マーマイ通りの古民家

<< お母さんブロガーさんはすごい! | ホーム | とうとう言ってやりました!でもやっぱり日本人、、、、 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP