CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/10/08 (Sun) 09:10
仕入れ担当者さんの努力



こんにちわんこ。
歩きながらペロリンチョしているタルです。

歩きながらペロリンチョ


けふPidlにお買い物に行ったときこんなもの↓を見つけました。

Japanese Spinach
Japanese Srinach
日本のホウレンソウ?

日本のホウレンソウってこんなでしたっけ?
なんかギザギザついていませんでしたっけ?(←しばらく見てないので忘れている)

写真ではわかりませんが
よく見ると根っこのようなものが付いています。

え、これって苗なの?
それともこれみたいに
新鮮さを保つために根っこが付いているだけなの?


買ってみようかな、、、、

という心がグググッと動いたのですが、
Eispannから買った冷凍ホウレンソウがまだたくさんあるし、

この量で1,29ユーロは高いなぁ。

という気持ちの方が勝って、見るだけにしておきました。

でも、最後の一個ってことは
おドイツの方、結構買っているってことですよね?


最近のPidl、いろいろと新しいものを売り出しています。

例えば
普通のおドイツのお肉屋さんじゃ扱っていない骨なし鶏もも肉とか。
Lidlのグリル用鶏モモ肉が まさかの骨無しでしたよー!
トルコのお店では売っているからおドイツの人口の結構な%を占めるトルコ人用かもしれません。

ちょっと前には冷凍のサバ(←おドイツの冷凍魚は大抵白身の魚かマス)とか
生シイタケなんてのもありましたね。
生シイタケとエリンギ発見

残念ながら飛ぶように売れたというわけではない冷凍のサバと、
多分痛みが早い生シイタケはその後見たことがありませんが

骨なしトリ肉はけふも冷蔵ケースにたくさん入っていました。
十分大きな冷凍庫があったら買い占めしたかったくらいです。


ちょっとためしに置いてみて
売れ行きが良かったら常売りにするっていう戦法なのでせうか?

野菜コーナーだけに限っても
いつも同じようなものばかり置いているALPIの野菜コーナーに比べると
野菜の種類が多いです。

青梗菜はしょっちゅう売るようになったし
ハーブコーナーには数は少ないですがコリアンダーが置いていあることも多くなりました。


ぐーママことpharyとしては
日本のホウレンソウより水菜をぜひ売ってほしいところです。

イタリアで種を売っているくらいだから
おドイツでも栽培できるはずなんですけどね。

いろいろな新商品を試しているPidlの仕入れ担当者さん、
早く水菜のおいしさに気づいてください。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
関連記事

<< 手を出すな! | ホーム | 嬉しいことと悲しいこと >>

コメント

タルちゃんのぺロっと写真!
Pharyさん、よく撮れましたね!?
一瞬たったでしょうに・・・
日本のほうれん草ってわざわざ書いてあるのですか?
なんか凄いですね。
RE○Eでもほうれん草が売っていますが、
日本のよな立派なものではなく、小さい丸い葉っぱです。
しかも、綺麗にそろって売られていなく、ビニール袋やプラスチック容器に乱雑に入っています。
日本のほうれん草は根っこのほうまで色づいていて立派ですねよね・・・ドイツ・・・しょぼいです・・


骨なし鶏肉!

Pharyさんこんにちは!
コメント投稿ちゃんとできてますかしら・・・

骨なし鶏肉は嬉しいですね!ドイツの鶏肉はいっつも骨ついてて、毎回苦戦してました・・・そしてほうれん草!ちゃんとジャパニーズって明記されてる〜おもしろい。シイタケはたまに明記がJapanese Shitakeとかになってて面白いですよ。


コメントありがとうございます。

*マリーさん*
そんな、ワタクシごときのカメラの腕では狙ってなんて、、、シャッターを押した時に偶然舌を出したのです。

<日本のほうれん草ってわざわざ書いてあるのですか?>
そうです、しかもなぜか英語で。でも、日本のほうれん草のようには見えませんでした。やっぱり苗だったのかしら?
こちらも普通ほうれん草と言えば袋に入ったバラバラの物だけですよ。こんなのは初めてです。今まで見たこともありませんでした。大体食べ方が違うわけですから。

*スシキャットさん*
忙しいのにわざわざコメント来てくださってありがとうございます。ちゃんと入っていますよー。
トリ肉はドイツ人だって骨なしの方が食べやすいのにどうして普通のお肉屋さんで売ってないのか不思議です。最近は胸肉は骨なしが普通ですが、私がおドイツに来たころは胸肉も骨付きが主流で、とにかく鶏料理の時はまず骨はずしからだったのです。この作業がないと確実に料理の効率が違いますよね。

<シイタケはたまに明記がJapanese Shitakeとかになってて>
そういえば白菜も今はほとんどChinakohlですが、むかしはJapankohlという表記と半々ぐらいでした。


日本のほうれん草は小松菜?

はじめまして。
いつもいろいろ情報をありがとうございます。
骨なし鶏肉ゲットできました。またあるといいなぁ。
日本のほうれん草見ましたよ、お店で。よく見たらほうれん草の下に「小松菜」って書いてありました。私の出身地方ではお雑煮に小松菜を入れます。年末にあるといいなぁとおもいました。


コメントありがとうございます。2

*小松菜大好きさん*
いえいえ、他のおドイツ在住のブロガーさんに比べると私の流す情報なんてたかが知れているのですが、それでもお役に立ててうれしいです。

<よく見たらほうれん草の下に「小松菜」って書いてありました>
え、そうですか?手に取って見たわけではないので気が付きませんでした。じゃ、ほうれん草よりもっと貴重じゃないですか!やっぱり買えばよかったかな?いやいや、あれっぽっちじゃ煮びたしにもならず、せいぜいお味噌汁の青味にしかならないからやっぱり買わなくて正解だったかな?次回もっと大きなのが売られたら買ってみます。

小松菜大好きさんのご実家ではお味噌汁に小松菜を入れるんですね。うちはセリです。セリもなかなかおドイツじゃ売られないでしょうね。


うち、その小松菜2個買いました!笑
プランターに植え替えてもう少し育ててみようかと思ってます。育つかな~
余談ですが、最近はマルサアラムには行かれてないんですかね。私たちは本帰国前までにもう一度行きたいですが、行ったこと無い場所&情勢を考えて中々候補地にあがっておりません。


コメントありがとうございます。3

*ちーさん*
今日Pidlに行ったら、又たくさん置いてありました。小松菜大好きさんに情報をいただいていたので、今回はじっくり手に取って、根っこがあることも確認し、じゃ、二つ買おうかな、と思ってハタと気が付きました。
うちに小松菜の種がある!
ドイツ在住のブロガーさんが「(小松菜などの)冬野菜の種蒔きをした。」と書いていらっしゃったのも同時に思い出し、じゃ、種まけばいいじゃないの!というわけで、今回も買いませんでした。もしかしてあれだけ大きくなっているわけだから、種を蒔くより早くしっかりした小松菜が取れるかもしれないのですが、私の中のケチ根性がそれを許しませんでした。もう古い種なので発芽するかどうかわかりませんが、チャレンジしてみます。

<最近はマルサアラムには行かれてないんですかね>
エジプト情勢が不安なのでここしばらく我慢しているのです。それに加えて、テラスやらなにやらの工事、その他諸々の出費が多くてちょっとバカンスを控えているという事情もあります。11月にも別なところに旅行の予定で、なかなかダイビングに行けなくて残念です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP